【スワンステークス2018】過去10年のデータ分析|スピードが物を言う前残りレース

Pocket

2018スワンステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
スワンステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は天皇賞秋の裏でスワンステークスが行われます。


(2017スワンステークス サングレーザー)

最近は富士ステークスに押されつつありますが
マイルチャンピオンシップの前哨戦として
もっとも格式が高いレースがスワンステークスです。

過去のスワンステークスの見てみると
ミッキーアイルやサングレーザー、サトノアラジンなど
GIで活躍する馬が結構出ているんですよね~

 

今年の安田記念の結果を見る限りだと
まだ確固たるチャンピオンは存在しないので
今年のスワンステークス勝ち馬は見逃せない存在になりそうですね。

 




 

スワンステークスの舞台は京都芝1400m

阪神芝1400mだと阪神カップや阪急杯など
主要な重賞が行われるイメージがありますが

京都芝1400mのレースってイメージわかないですよね。
(ファンタージーステークスがありますが2歳戦は眼中にないので・・・)

 

それだけに京都芝1400mという舞台に
どんな傾向と適性があるのかは知っておいた方が良さそうです。

予想し甲斐のありそうなスワンステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

天皇賞秋を自信度MAXで挑む馬はあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

スワンステークス過去10年のデータ分析

スピードで押し切る究極の前残りレース

まず、最初に注目したのはスワンステークスの脚質です。
以下はスワンステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

逃げ馬を筆頭に前にいればいるほど
好走率、回収率共に優秀な成績を残しており

前残り傾向が顕著だと言えます。

 

一方で後方から競馬を進める馬の成績を見てみると

複勝率は一定して20%前後、回収率は一定して60%前後

と、成績を残せていないことが分かります。

京都芝1400mは外回りコースではありますが

マイルチャンピオンシップのトライアルレースという事で
ペースもそれほど速くならず、直線も平坦で摩擦が少ない

という事が、前残り傾向を生み出しています。

 

念のため、上がり3ハロンの順位別成績を見てみます。

上がり3ハロンが6位以下の馬が4勝

通常のレースでは考えられないほどに
上がりの脚を持っていなくても馬券に絡めています。

前残り傾向を抑えておきたいですね。



 

スピードが問われるレースはディープインパクト産駒の出番

次にスワンステークスの種牡馬別成績を見てみましょう。

ディープインパクト産駒が堂々の1位となっており
回収率の面でも文句のない成績を残してます。

ディープインパクト産駒が強いという事は

・スピード能力の高い馬が活躍する舞台

・摩擦が少ないレースになりやすい舞台

この2つのパターンが考えられます。

 

スワンステークスは先ほども話した通り
GI前のトライアルレースという事で
それほど激しいレースになりづらい点から

ディープインパクト産駒が活躍している

という事が言えます。

 

過去10年でスワンステークスに出走した馬の年齢別成績を見てみましょう。

回収率こそはイマイチですが、3歳馬が4勝

そして、4歳馬が複勝率、回収率共に最高の成績を収めています。

若い馬が強いレースというのは

“スピード能力の高い馬に適性がある舞台”

という事が言えますので、種牡馬別成績だけでなく
年齢別成績からもスピード勝負になっている事が分かります。

 

摩擦の少ない外枠が有利

最後にスワンステークスの枠順別成績を見てみましょう。

成績は割と平均的に分布はしていますが
6枠から8枠に入って馬はとりわけいい成績を残しています。

先ほども話しをしましたが、スワンステークスは摩擦の少ないレース

内枠に入るとどうしても馬群に揉まれたり
スムーズに馬場の良い外に出せなくなってしまうので

多少の距離ロスがあっても摩擦の少ない外枠で
出走できる馬が強い事が分かります。

 

もう一つ、過去10年のスワンステークスにおける前走クラス別成績を見てみましょう。

前走でGI、G2を使っている馬が
回収率の面からは安定した成績を残しています。

摩擦の少ないレースになりやすいので

“単純に能力の高い馬が活躍しやすい”

という事もデータから読み取れますね。

 

以上が2018スワンステークスを攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

スワンステークスはGI前のトライアルレースなので

“ペースが落ち着き、前にいる馬が有利となります”

また直線が平坦な京都競馬場でのレースなので
前が止まらない傾向に拍車を加えています。

枠順は外枠の方が有利で、GI・G2を使ってきた馬のような
能力の高い馬が活躍するレースになっています。

単純に強い馬を狙っていくレースですね。

 

私がスワンステークスで注目しているのは
単純に地力上位としてみているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。