【天皇賞秋2018】過去10年のデータ分析|耐久力のある馬が活躍するレース

Pocket

2018天皇賞秋を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
天皇賞秋で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は古馬最強を決める天皇賞秋が行われます。


(2017天皇賞秋 キタサンブラック)

昨年の天皇賞秋は雨がじゃんじゃん降っていて
不良馬場で行われていたんですよね。

良馬場だったら狙いたいと思ってピックアップした馬が多くて
予想するのに苦労したんですが
終わってみれば一番強いキタサンブラックと
重馬場適性のあるサトノクラウン、レインボーラインで決着

「馬場適性だけで終わっちゃったよ!!」

という感じの結果になってしまいました。

 

昨年は天皇賞秋だけに限らず、
菊花賞や秋華賞も重馬場・不良馬場だったんですよね~

秋華賞こそ的中できましたが
それ以外のレースは痛い目に遭ったので
今年は良馬場になることを願うのみです。

 




 

今年はワグネリアンが出走回避したものの
レイデオロ、マカヒキと2世代のダービー馬が揃い、盛り上がりそうな天皇賞秋となりました。

これだけでも十分に豪華なのですが
春の時点で最強の座に一番近づいたスワーヴリチャード

札幌記念ではマカヒキを破ったサングレーザー

など、GIで主役を張れる馬が多数出走しており
見所は十分でも予想が難しいレースになりそうですね。

 

そんな予想し甲斐のある天皇賞秋を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

混戦を否定する天皇賞秋唯一の強者はあの馬!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
天皇賞秋の無料予想を公開!!

今年の天皇賞秋は3点勝負で的中できる!!

以下をクリックして登録して下さい。

天皇賞秋予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

天皇賞秋過去10年のデータ分析

先行馬が粘れないタフな持久力勝負

まず、最初に注目したのは天皇賞秋の脚質です。
以下は天皇賞秋での4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで3番手以内にいた馬の成績を見てみると

複勝率 31.6%  複勝回収率 46%

複勝率だけでいえば、それほど悪い数字とは言えませんが
複勝回収率でいうとかなり低い数値を示しています。

昨年のキタサンブラックのように
本当に強い馬であれば、前々に行って押し切れますが
全体的に前に行く馬には辛い流れになっています。

 

そして、4コーナーで10番手以下の馬の成績を見てみると

複勝率 27.9%  複勝回収率 93%

 

好走率は逃げ・番手の馬には劣りますが
回収率の面では倍の差をつけて優秀な成績を収めています。

天皇賞秋は開催の進んだ東京競馬場の馬場での競馬

馬場が悪くなってしまっているので
前にいる馬が止まりやすく、差しが届きやすいレースになっています。

 

念のため、上がり3ハロンの順位別成績を見てみます。

上がり3ハロン1位の馬は準パーフェクトな成績

6位以下の馬も7頭馬券に絡んでいるように
差しが圧倒的に有利という訳ではないですが

差し馬が台頭するレースである

という点は抑えておきたいですね。



 

タフなレースはベテラン勢の出番!

次に天皇賞秋の年齢別成績を見てみましょう。

3歳馬は不振で、5歳馬が好成績を収めている事が分かります。

競走馬のピークという面で考えると

4歳馬、3歳馬の方に分があるはずですが
5歳馬が突き抜けているという事は

スタミナ、タフさ、持久力という要素が必要である

という事が言えます。

 

天皇賞秋が能力よりもタフさの適性が必要である

という点に関してもう一つデータを見てみます。

以下は過去10年で天皇賞秋に出走した馬の前走着順別成績を見てみましょう。

前走で馬券圏内(1~3着)に入っている馬は
回収率の面からは成績不振であると言えますが

前走で5着以下に負けてしまった馬のデータを見てみると
かなり高い回収率を示している事が分かります。

一般的に前走で好走した馬は力を使い果たしてしまうので
天皇賞秋を走る時には消耗した状態での出走となります。

そして、前走で凡走した馬は力を使っていないので
天皇賞秋を走る時には力をフルに発揮できる状態での出走となります。

“それだけ天皇賞秋は力を使うレースである”

という事が分かりますね。




 

天皇賞秋の舞台、東京芝2000mは外枠が不利

最後に天皇賞秋の枠順別成績を見てみましょう。

1枠から6枠までは平均的な成績を収めていますが

7枠と8枠だけは成績が落ちています。

 

ここで東京競馬場の芝コースの立体図を見てみます。

東京芝2000mのスタート地点は
第一コーナーからの出走となっており、直ぐにカーブを迎えます。

となると当然、外枠に入った馬にとっては
ポジションを取る前にカーブを迎えてしまうので
その分、距離をロスしてしまいます。

天皇賞秋の舞台は外枠不利

という事を覚えておきたいですね。

 

以上が2018天皇賞秋を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

天皇賞秋は東京芝2000mというコースなので

“コースの形態上、外枠は不利です”

また東京開催が始まってから4週目となるレースなので
馬場は荒れてきており、前にいる馬は粘りづらいタフなコースとなっています。

前走で勝利を収めて消耗している馬よりも
前走で凡走したり、間隔を取ったりして
余力がある馬の方が力を発揮できるレースです。

ローテーションや前走のレース内容などを
見たうえで予想を展開していきたいですね。

 

私が天皇賞秋で注目しているのは
今回は十分に余力を以て出走してくるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。