【菊花賞2018】エポカドーロが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018菊花賞に出走を予定している
エポカドーロが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ここ2週ほど、このコーナーをやっていなかったんですが
今週は久しぶりに期待値の低い馬(切り馬)について話してみようと思います。

自分が狙っている馬がズドンと1着に入ってくると気持ちいいですよね。

私はそれと同じくらい、上位人気に支持されている馬で
危険だと思っている馬が馬群に沈んでいくと気持ちいいと思ってしまいます。

なので、切り馬のコーナーをやっているわけですが

今週の菊花賞でも

「こいつが来なかったら気持ちいいなぁ」

と、思うような馬が出走してきたので
切り馬について話をしていきたいと思います。

 

ということで、今週は菊花賞が行われます。


(写真は2017菊花賞 キセキ)

ダービー馬ワグネリアンが天皇賞秋に歩を進めて
皐月賞以前の段階では最強と噂されていたダノンプレミアムも出走回避

ということで、混戦の度合いが深まっているレースです。

出走を予定している有力馬はどの馬も一長一短で
買いたい馬があふれているような状態になっている人も多いと思います。

でのすで、混戦レースこそ有力馬を切って買う馬を絞っていくという事が必要になってきます。

そこで、ここでは菊花賞2018において
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

菊花賞は馬連1点勝負で当たる!!

「トップシークレット」は毎日王冠もセントウルSもアイビスSDも1点的中

 

“菊花賞”は上のレース以上に自信のある【馬連1点勝負】を予定
そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

菊花賞2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

エポカドーロ

です。

 

エポカドーロはスプリングステークス2着の後に出走した
皐月賞で強い勝ち方をして1冠を制覇し

日本ダービーでも果敢に逃げを打って2着に入ったことで
世代トップクラスの力を見せつけた馬です。

前走の神戸新聞杯は4着と敗れたものの
出遅れて後方からの競馬になったことから
それほど悲観することがないという見方が大勢を占めており
菊花賞2018でも人気に支持されそうな馬です。

そんなエポカドーロがなぜ2018菊花賞で危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

菊花賞のコース分析

菊花賞2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

菊花賞2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

エポカドーロの不安要素

溜の利かない前向きな気性は京都3000mには向かない?

エポカドーロのクラシックロードでの走りを見てみると

“前向きな気性”

を武器に先行して押し切る形を得意としていることが分かります。

 

この前向きな気性で菊花賞の舞台である
京都芝3000mをこなすのは辛いだろうなぁ

と思っていたら、秋の初戦となった神戸新聞杯では偶然にも出遅れて
後方からの競馬になったので、

「どんな走りを見せてくれるんだろう」

と、興味を持ってみていたんですが

“後方で脚をためた割には直線でははじけず”

能力の高さで4着までは追い込んできましたが
皐月賞馬、そしてダービー2着馬としては物足りない競馬でした。

 

ここで菊花賞の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

ということで長距離線にしては上がり勝負になっています。

エポカドーロの成績を見てみると

皐月賞 上がり3ハロンタイム 35.1秒(4位)

日本ダービー 上がり3ハロンタイム 34.7秒(11位)

神戸新聞杯 上がり3ハロンタイム 34.6秒(3位)

どのレースでも速い上がりを見せられていません。

エポカドーロは走ることに前向きなので
脚をためるという事が苦手なんですよね。

 

道中で溜めを作ることは長丁場である菊花賞を乗り切るための必要要素なので

「エポカドーロにとっては向かない舞台である」

という事がいえますね。

 



 

前走出遅れは走る気持ちがなくなった現れ?

エポカドーロが前走出走した神戸新聞杯では
出遅れてしまい、後方からの競馬を余儀なくされました。

まあ、競馬ですので出遅れる事は往々にしてあるのですが

“走る気持ちの強いエポカドーロが出遅れた”

という事に強い違和感を感じています。

皐月賞こそ前に行った3頭が無謀なペースで飛ばしたので
4番手の追走となりましたが

それ以外のレースではいずれも好スタートを切り
前のポジションからそのまま押し切る競馬を見せています。

 

言い方を変えると

エポカドーロのスタートの良さ = 前向きさの現れ

という解釈をしています。

 

なので、エポカドーロの神戸新聞杯は
ただ出遅れたというだけでなく

「走る気持ちに異常をきたした」

可能性を十分に秘めた走りだったと言えます。

ダービー馬のワンアンドオンリーは神戸新聞杯を最後に
走る気力をなくして、その後は未勝利に終わってしまいましたが
エポカドーロも前走からパフォーマンスを一気に下げる可能性は十分にあります。

 

以上、2つの理由から

2018菊花賞で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

エポカドーロ

だと結論づける事が出来ます。




 

まとめ

皐月賞1着、日本ダービー2着と今年の3歳牡馬の中で
一番優秀なキャリアを持つエポカドーロですが

その前向きな気性から、菊花賞の舞台である京都芝3000mという
長丁場は合っていないと言えます。

また、前走の神戸新聞杯ではエポカドーロらしくない
負け方をしているので、菊花賞で強いエポカドーロが戻ってこない可能性も十分にありそうです。

 

2018菊花賞で私が注目している馬は
なんといっても舞台適性が抜群だといえるあの穴馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。