菊花賞2018血統予想|京都芝3000mに適応出来るのはどんな血統?

Pocket

菊花賞2018において京都芝3000mの内回りコースに
適応した血統はどんな血統か?

という点について過去の実績を踏まえて
血統面から気になる馬場適性を話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は菊花賞が行われますね。


(2017菊花賞 キセキ)

私は今まで「血統」とうい要素をそれほど入れてなかったんですが
馬場適性やコース適性を読むのには非常に有効だと思っています。

ですので、血統予想を少し掘り下げてみて
ブログに載せてみようかなと思い、菊花賞2018を取り上げてみました。

ただ、一般的なゴリゴリの血統論ではなく
大枠で特徴を捉える血統論を使って予想に活かしていきたいと思います。

 

菊花賞は京都芝3000mという年に一度しか行われない特殊条件なので
ほかのレースが参考にならない場合が多かったりします。

ですので、京都芝3000m外回りという条件で
パフォーマンスを上げてきそうな血統の馬と
逆にパフォーマンスを下げてきそうな血統の馬を挙げてみました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

菊花賞は混戦ではなく、あの馬の独壇場だ!!
混戦に見える菊花賞も厩舎関係者の中では注目は1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースは菊花賞

競馬学会では菊花賞の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

菊花賞の馬場傾向

菊花賞に合う血統の馬を探す前に
まずは過去の菊花賞で好走している馬を探っていきましょう。

過去10年における菊花賞における種牡馬別成績を見てみると

と、ステイゴールド、ディープインパクトが1,2位を
占めているものの、好走率はイマイチ振るわず。

ステイゴールド産駒の勝ち馬である ゴールドシップ、オルフェーヴル

ディープインパクト産駒の勝ち馬である サトノダイヤモンド

などを見てみると適性はないけれども、
絶対的な能力の高さで他の馬をねじ伏せた

という感じが見て取れます。

回収率の面でいえば

ダンスインザダーク、ルーラーシップ、スペシャルウィーク

とスタミナのある馬が活躍しています。

 

上記以外でも

ブラックタイド、バゴ、ディープスカイ

など、スピード勝負だと劣勢に回ってしまう馬が
スピードの必要ない菊花賞で巻き返していることが分かります。

 

次に過去10年における菊花賞の4コーナーでの順位別成績を見てみます。

 

このデータだけを見ると先行馬が強いように見えますが
過去10年における菊花賞の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

と、上りの速い馬が好成績を収めています。

 

つまり菊花賞は

勝負どころである3コーナー過ぎからポジションを上げていく馬が
好成績を収めているという事が分かります。

 

菊花賞過去3年のレースから見る傾向

続いて、過去3年の菊花賞の結果を見て
近年の菊花賞の傾向も探っていきましょう。

< 2017年 菊花賞 不良馬場 >

1000m通過タイム 1分4秒1

1着 キセキ 3分18秒9
2コーナー順位 14位 4コーナー順位 7位  上がり3F 39.6秒

2着 クリンチャー 2馬身差
2コーナー順位 11位 4コーナー順位 2位  上がり3F 40.2秒

3着 ポポカテペトル ハナ
2コーナー順位 7位 4コーナー順位 3位  上がり3F 40.1秒

 

< 2016年 菊花賞 良馬場 >

1000m通過タイム 59秒9

1着 サトノダイヤモンド 3分3秒6
2コーナー順位 8位 4コーナー順位 5位  上がり3F 34.1秒

2着 レインボーライン 2馬身1/2差
2コーナー順位 14位 4コーナー順位 12位  上がり3F 34.2秒

3着 エアスピネル ハナ差
2コーナー順位 3位 4コーナー順位 5位  上がり3F 34.6秒

 

< 2015年 菊花賞 良馬場 >

1000m通過タイム 1分0秒2

1着 キタサンブラック 3分3秒9
2コーナー順位 5位 4コーナー順位 8位  上がり3F 35.0秒

2着 リアルスティール クビ差
2コーナー順位 8位 4コーナー順位 7位  上がり3F 35.1秒

3着 リアファル 1/2差
2コーナー順位 2位 4コーナー順位 3位  上がり3F 35.3秒

 

2017年は不良馬場という特殊条件でありましたが
好走している馬の傾向はハッキリとしています。

後方からレースを進める馬は捲り気味に押し上げ4コーナーで好位を取る

先行策でレースを進まる馬は4コーナーで脚を溜めるため
少しポジションを落として直線に向かう

この2つですね。

 

という事で

菊花賞の馬場適性と近3年の傾向を合わせた
条件に当てはまる馬を探していきましょう。

 

菊花賞出走有力馬の血統と馬場適性分析

エポカドーロ

父 オルフェーヴル
母父 フォーティナイナー

勝負根性と全体的に高い能力を持つオルフェーヴルに
パワーとスピードの持続力があるフォーティナイナーとの組み合わせ

オルフェーヴルが持っている気持ちの前向きさと能力の高さに加えて
フォーティナイナーの持続力が加わった形の馬です。

フォーティナイナーは日本では
マイネルセレクトやユートピアの父親として知られており

ダートをこなすパワーとスピードを持続させて
ゴールまで粘りこむ競馬をする馬を多く輩出しています。

神戸新聞杯では差し脚がイマイチだったように
上がり勝負は苦手なタイプの馬です。

菊花賞の傾向からすると中団から3コーナー過ぎで押し上げて
4角先頭粘りこみのような形が望ましいですが
末脚がないタイプなので菊花賞向きの血統とは言えないですね。

 

ブラストワンピース

父 ハービンジャー
母父 キングカメハメハ

豊富なスタミナを持つハービンジャーに
スタミナを中心にバランスの取れた能力を持つキングカメハメハとの組み合わせ

双方ともスタミナのあるタイプの馬で
ブラストワンピースもこのスタミナを大いに受け継いでいます。

末脚の切れ味がある馬ではありませんが
豊富な体力でずっと伸び続ける馬なので
菊花賞という舞台に適性のある舞台だと言えますね。

 

エタリオウ

父 ステイゴールド
母父 カクタスリッジ(Cactus Ridge)

闘争心とパワーを持っているステイゴールドに
パワーとスピードを兼ね備えたカクタスリッジとの組み合わせ

カクタスリッジという今は日本では馴染みがありませんが
4戦4勝で引退したマイラーです。

カクタスリッジの父親はヘネシー
日本ではサンライズバッカスやコパノフウジンを出している馬です。

エタリオウの走りを見ているとステイゴールドが表に出ていて
直線での爆発力にカクタスリッジのパワー・スピードが補完されている形の馬です。

末脚の破壊力があるのは菊花賞ではプラス要素ですが
その反面、立ち回りについては不器用な点があるのでその点はマイナス

「舞台適性がある」と言い切れるほどの適性はありませんが
特に苦手としている舞台でもなく、ボチボチといったところですね。

 




 

ジェネラーレウーノ

父 スクリーンヒーロー
母父 ロックオブジブラルタル

スタミナと持久力を持ち合わせているスクリーンヒーローに
卓越したスピードを持ち合わせるロックオブジブラルタルとの組み合わせ

ロックオブジブラルタルは現役時代に1200m~1600mで
無類の強さを誇った馬です。

スピード能力に難のあるスクリーンヒーローに
スピード能力を補完して、バランス感覚を出している感じです。

気性的には落ち着いているので、3000mでかかる心配はありませんが
脚をためて直線ではじけるタイプではなく
スピードを持続しながら走っていくタイプなので
京都芝3000mという菊花賞の舞台は向いているとは思えません。

 

グロンディオーズ

父 ルーラーシップ
母父 サンデーサイレンス

豊富なスタミナが持ち味のルーラーシップに
全体的に高い能力と溜めての爆発力を持つサンデーサイレンスとの組み合わせ

サンデーサイレンス産駒の中でも末脚の爆発力のある
ディープインパクトやステイゴールドは好走率がイマイチなのに対して

スタミナ色が強いダンスインザダークやスペシャルウィークは好成績を収めていることから
スタミナを保持したサンデーサイレンス産駒は菊花賞に強いと言えます。

グロンディオーズはサンデーサイレンスの総合力に
ルーラーシップのスタミナを合わせた配合の馬なので
菊花賞の舞台は合っていると言えますね。

 

アフリカンゴールド

父 ステイゴールド
母父 ゴーンウエスト

闘争心とパワーを持っているステイゴールドに
パワーとスピードを兼ね備えたゴーンウエストとの組み合わせ

ゴーンウエストの父はミスタープロスペクター
スピードとパワーに優れる名種牡馬ですが
ゴーンウエスト自身は現役時代にパッとした成績を残せていません。

そのため種牡馬としても強い馬を輩出できずに
“ソコソコの種牡馬”として活躍したのがゴーンウエストです。

4戦して3勝と未知の魅力にあふれるアフリカンゴールドですが
GIという大舞台で活躍できるかどうかは不安な面がありますし
京都芝3000mという菊花賞の舞台も適性があるとは言えません。

 

メイショウテッコン

父 マンハッタンカフェ
母父 レモンドロップキッド

スタミナとスピードを持っているマンハッタンカフェに
スタミナを持ち合わせているレモンドロップキッドとの組み合わせ

レモンドロップキッドはキングマンボを父に持つ馬で、
現役時代は2000m~2400mを中心にしたGIレースで勝ち星を挙げた馬

日本での産駒はアポロキングダム以外に目立った産駒はおらず
日本の馬場には適応できない種牡馬でした。

メイショウテッコンはマンハッタンカフェ、レモンドロップキッドという
スタミナ色の強い馬同士の配合ですが
個性としては持久力を武器にして粘りこむタイプの馬です。

豊富なスタミナを持つ馬なので、菊花賞の舞台は歓迎ですが
父、母父共に底力に欠け、産駒が大舞台で活躍できていない点はマイナス要素です。

 



 

まとめ

とここまでの話をまとめると

菊花賞に一番フィットした血統を持つ馬は

ブラストワンピース

二番目にフィットした血統を持つ馬は

グロンディオーズ

であると結論付けます。

 

血統面から舞台適性は申し分ないと思われるブラストワンピース

前哨戦に新潟記念を選択するという無謀ともいえるローテーションが
果たして吉と出るのか?凶と出るのか?

そして、上り馬グロンディオーズは一気に3歳の頂点に到達できるのか?

京都芝3000mという菊花賞の舞台適性が最大のポイントとなります。

 

という事で、菊花賞の予想を頑張りましょう!!

 

私が2018菊花賞で注目している馬は
実力がありながら、人気の盲点になりそうなあの実績馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。