菊花賞2018展開予想!逃げるのはジェネラーレウーノ?メイショウテッコン?

Pocket

ここでは菊花賞2018の展開予想について分析をしていきます。

3歳牡馬クラシック、最後のGIとなる菊花賞

昨年は不良馬場で行われる中で後方から差してきた
キセキがぶっこ抜いてGI初勝利

長距離の割には差し馬が活躍するレースになっています。

菊花賞2018ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

私が漫画好きで漫画ブログをやっている事は
たびたび話しているのですが、良く聞かれるのは

「面白いサッカー漫画って何ですか?」

とか

「面白いサスペンス漫画って何ですか?」

というようなオススメの漫画です。

 

という事で、

「MOTOがオススメする歴史漫画ベスト5」

というテーマでブログを書いてみたので、良かったら見てください。

実際に漫画を読んでくれたら嬉しいですね~

 

「MOTOがオススメする歴史漫画ベスト5」

 

という事で、菊花賞に話を戻します。

菊花賞の過去10年における
4コーナーでの順位別成績を見てみると

4コーナーでの順位は前にいる馬の方が好成績となっていますが
決して先行馬が好成績を収めている訳ではありません。

 

菊花賞における上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり3ハロンで1位、2位の馬は好成績を収めており

「長距離戦になりながらも末脚勝負になりそうなレースです」

 

これらの前提を踏まえて、菊花賞で逃げる馬であろう馬
追い込むであろう馬について分析をしていきたいと思います。

そのバランスを見て菊花賞の展開予想をしていこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

「菊花賞は混戦ではなく1強レースだ!」

チェックメイトでは菊花賞において

『ここは負けない!』と断言している関西馬
の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
菊花賞の関西馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

菊花賞の展開予想

菊花賞で逃げる馬はどの馬?

まずは菊花賞で逃げる馬を探っていきましょう。

今年の菊花賞の出走予定メンバーは以下の通りです。

登録は20頭いますが、とりあえず全馬が出走する前提で話を進めると
となると菊花賞登録馬で近走逃げを打っている馬は

ジェネラーレウーノ、アイトーン、メイショウテッコン

この3頭です。

この中でどの馬が逃げるのか?

3頭の近走のレース内容を見てみましょう。

 

< ジェネラーレウーノ >

セントライト記念 2200m 1着 2番手 2番手 35.6秒

日本ダービー 2400m 16着 2番手 2番手 36.0秒

皐月賞 2000m 3着 2番手 2番手 35.5秒

(レース名、距離、着順、3コーナー順位、4コーナー順位、スタート3Fタイム)

 

< アイトーン >

札幌記念 2000m 16着 4番手 16番手 34.4秒

白百合ステークス 1800m 3着 2番手 2番手 34.7秒

皐月賞 2000m 8着 1番手 1番手 35.5秒

(レース名、距離、着順、3コーナー順位、4コーナー順位、スタート3Fタイム)

 

< メイショウテッコン >

神戸新聞杯 2400m 3着 1番手 1番手 36.7秒

ラジオNIKKEI賞 1800m 1着 3番手 3番手 34.2秒

白百合ステークス 1800m 1着 1番手 1番手 34.6秒

(レース名、距離、着順、3コーナー順位、4コーナー順位、スタート3Fタイム)

 

3頭の成績を見てみると

ジェネラーレウーノは先行馬でありながら
スタートから飛ばしていく馬ではなく
自分のペースで先行していく馬であることが分かります。

となるとメイショウテッコンとアイトーンの先手争いになりそうですが
何が何でも逃げたいのは人気のないアイトーンの方でしょう。

 

ここはアイトーンが逃げて、メイショウテッコンが2番手に控えると予想します。

アイトーンがいかなかったにしても3000mという長丁場ですので
メイショウテッコンもジェネラーレウーノも
無理に前に行こうとはしないことが予想されるのでペースは落ち着きそうです。

 

菊花賞は例年、捲ってくる馬が多く
4コーナーで5番手以内にいると好走率が上がります。

有力馬の位置取りと仕掛けどころなどを話していきたいと思います。

 



 

有力馬はどの位置で競馬を進める?

逃げ・番手の馬は大体予想が出来たので
上記3頭以外の有力馬はどのあたりで競馬を進めるのか

こちらも近3走の位置取りを見ながら予想していきましょう!!

 

まずは皐月賞を勝ち、日本ダービーでも2着に入った
エポカドーロから見ていきましょう。

 

< エポカドーロ >

神戸新聞杯 8番手 8番手 10頭立て 4着

日本ダービー 1番手 1番手 18頭立て 2着

皐月賞 4番手 4番手 16頭立て 1着

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、出走頭数、着順)

 

神戸新聞杯は意図せず出遅れてしまい
後方からの競馬になってしまったエポカドーロですが
追っての味はなく、クラシックで見せたような先行策が得意なパターンです。

鞍上の戸崎騎手も神戸新聞杯でそのあたりの感触をつかんだと思うので
菊花賞では5,6番手に控えて3コーナー過ぎから進出

というような競馬になりそうです。

神戸新聞杯で差しを経験しただけに折り合いは大丈夫そうですね。

 

続いて、神戸新聞杯で2着のエタリオウを見てみます。

 

< エタリオウ >

神戸新聞杯 10番手 9番手 10頭立て 2着

日本ダービー 13番手 15番手 18頭立て 4着

青葉賞 7番手 4番手 18頭立て 2着

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、出走頭数、着順)

 

日本ダービー、神戸新聞杯と追い込んで競馬をしているエタリオウ

青葉賞では前で競馬をしていますが
ここ2戦は追い込みに徹していることから
今回の菊花賞でも後ろからの競馬になることが予想されます。

今回手綱を取るデムーロ騎手がどういう意図で
神戸新聞杯をあの位置で競馬したのかは気になりますね。

菊花賞はたいてい直線で横に広がるので
私は最後方付近の位置からインをついて距離ロスをなくして
空いたところを突っ込んでくるという戦略だと思っています。

 

続いて、新潟記念を勝ったブラストワンピースを見てみます。

< ブラストワンピース >

新潟記念 11番手 11番手 13頭立て 1着

日本ダービー 5番手 4番手 18頭立て 5着

毎日杯 2番手 2番手 10頭立て 1着

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、出走頭数、着順)

 

新潟記念で後方からの差し切り勝ちを決めたブラストワンピースですが
最も得意な形は先行からの押し切りという形です。

圧倒的とも言える体力がブラストワンピースの武器なので
菊花賞では序盤中団やや後方で競馬をしながら
3コーナー過ぎから進出するという形をとりそうです。

日本ダービーでは消極的な騎乗で凡走してしまった
鞍上の池添騎手がどこまで勝負できるかがポイントとなりますね。

 

上の3頭以外の伏兵馬についても見ていきます。

ラジオNIKKEI賞2着馬のフィエールマンは
ラジオNIKKEI賞こそ後ろからの競馬になったものの
それ以外のレースでは捲りを決めているように自分から動くことのできる馬です。

ブラストワンピース同様、3コーナーあたりから進出して勝負に出てきそうです。

 

モレイラ騎手が騎乗する予定のグロンディオーズは
先行から差しまで幅広い走りができるタイプの馬

父親がルーラーシップで近親にムスカテールがいる事から
菊花賞の舞台を走る体力は十分に備わっています。

自ら勝負できる機種なので、中団やや前目のポジションが予想されます。

 

日本ダービーで3着に入ったコズミックフォースは
好位で競馬をして粘りこむタイプの馬です。

コーナー手前で加速をするタイプではなく
持久力で粘りこむタイプなので
3~4コーナーの下り坂でどこまで惰性をつけられるかが焦点となりますが
好位(5番手あたり)での競馬となりそうです。

 

グロンディオーズと同じく未知の魅力を秘めているアフリカンゴールドは
近3走は2,3番手での競馬をしていい成績を収めているので
エポカドーロと同じような位置での競馬になりそうですね。

 




 

まとめ

菊花賞の展開ですが

1番手(逃げ) アイトーン

2~3番手 メイショウテッコン、ジェネラーレウーノ

4~6番手 エポカドーロ、アフリカンゴールド、コズミックフォース

7~10番手 グロンディオーズ

10番手付近からの捲り ブラストワンピース、フィエールマン

13番手以下 エタリオウ

という隊列が予想されます。

 

菊花賞は逃げ・先行馬が粘りづらいですが
4コーナー5番手以内にいる馬が好成績を収めているレース

人気が予想されるエポカドーロが
そして捲ってくるブラストワンピースがどのタイミングで進出してくるかで
展開が変わってきそうです。

今年の菊花賞は先行馬が多いので
4コーナーで良い位置を取るべく仕掛けが早くなりそうです。

後方で競馬をするであろうエタリオウ、グロンディオーズに
展開の恩恵が来る可能性は高いとみています。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
菊花賞で注目しているのは
展開の不利もなく、力を発揮できそうなあの馬ですよ、是非見てください。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。