秋華賞2018血統予想|京都芝コース内回りの馬場に適応出来るのはどんな血統?

Pocket

秋華賞2018において京都芝2000mの内回りコースに
適応した血統はどんな血統か?

という点について過去の実績を踏まえて
血統面から気になる馬場適性を話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は秋華賞が行われますね。


(2017秋華賞 ディアドラ)

私は今まで「血統」とうい要素をそれほど入れてなかったんですが
馬場適性やコース適性を読むのには非常に有効だと思っています。

 

ですので、血統予想を少し掘り下げてみて
ブログに載せてみようかなと思い、秋華賞2018を取り上げてみました。

ただ、一般的なゴリゴリの血統論ではなく
大枠で特徴を捉える血統論を使って予想に活かしていきたいと思います。

 

秋華賞は春のGIである桜花賞、オークスと違って
内回りコースというトリッキーなコースで行われるレース

という事で、内回りコースの京都尾競馬場で
パフォーマンスを上げてきそうな血統の馬と
逆にパフォーマンスを下げてきそうな血統の馬を挙げてみました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

秋華賞は馬連1点勝負で当たる!!

「トップシークレット」はセントウルSもアイビスSDも1点的中

“秋華賞”は上のレース以上に自信のある【馬連1点勝負】も予定
そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

秋華賞の馬場傾向

秋華賞に合う血統の馬を探す前に
まずは過去の秋華賞で好走している馬を探っていきましょう。

過去10年における秋華賞における種牡馬別成績を見てみると

と、ディープインパクトが1位にはなっているものの
回収率はイマイチ振るわず。

回収率の面でいえば

ジャングルポケット、ハービンジャー、ハーツクライ

スズカマンボ、ヴィクトワールピサ

といった、持久力に優れた馬が成績を残しています。

 

またスタミナがある馬でも

クロフネ、アグネスタキオン、ゼンノロブロイ

といった精神的な強さを持っていない馬が
苦戦している点も注意が必要ですね。

 

次に過去10年における秋華賞の4コーナーでの順位別成績を見てみます。

逃げ・番手の馬の成績が悪く、追い込み馬の成績も悪い

“先行~中団で流れに乗って、そのままゴール迄
粘りこめる馬が有利だと言えます”

また過去10年における秋華賞の上がり3ハロン順位別成績を見てみます。

上がり3ハロンが6位以下の馬もいますが
馬券に絡んでいるのは1~5位の馬。

タフなレースをクリアして最後まで頑張る勝負根性が必要である

という事がわかります。

 

つまり秋華賞は

前に行くスピードや溜めての爆発力は必要とされず
持久力と勝負根性が問われるレースだと言えます。

 

秋華賞過去3年のレースから見る傾向

続いて、過去3年の秋華賞の結果を見て
近年の秋華賞の傾向も探っていきましょう。

< 2017年 秋華賞 重馬場 >

1000m通過タイム 59秒1

1着 ディアドラ 2分00秒2
4コーナー順位 9位  上がり3F 35.7秒

2着 リスグラシュー 1馬身1/4差
4コーナー順位 6位  上がり3F 36.2秒

3着 モズカッチャン ハナ
4コーナー順位 2位  上がり3F 36.6秒

 

< 2016年 秋華賞 良馬場 >

1000m通過タイム 59秒9

1着 ヴィブロス 1分58秒6
4コーナー順位 8位  上がり3F 33.4秒

2着 パールコード 1/2馬身差
4コーナー順位 6位  上がり3F 33.8秒

3着 カイザーバル 1/2馬身差
4コーナー順位 5位  上がり3F 34.1秒

 

< 2015年 秋華賞 良馬場 >

1000m通過タイム 57秒4

1着 ミッキークイーン 1分56秒9
4コーナー順位 6位  上がり3F 34.6秒

2着 クイーンズリング クビ差
4コーナー順位 14位  上がり3F 34.1秒

3着 マキシマムドパリ 1馬身1/4差
4コーナー順位 3位  上がり3F 35.0秒

 

2017年、2015年は超ハイペースの流れの中
そのタフな流れを耐えきった馬が上位に入っています。

2016年こそ速い流れにはなっていませんが
ここ3年のデータを見てみると

“中団でレースを進めた馬がほぼ上位を独占”

 

過去10年の傾向とほぼ合致した結果になっており

“持久力と勝負根性が問われるレースになっていることが分かります”

 

という事で

秋華賞の馬場適性と近3年の傾向を合わせた
条件に当てはまる馬を探していきましょう。

 

秋華賞出走有力馬の血統と馬場適性分析

アーモンドアイ

父 ロードカナロア
母父 サンデーサイレンス

スピードが持ち味のロードカナロアに
スピード・瞬発力を中心に総合力の高いサンデーサイレンスとの組み合わせ

ロードカナロアが持っているスピード、瞬発力に
母であるエリザベス女王杯勝ち馬フサイチパンドラの地力で
全体の能力を底上げしているような馬です。

得意な適性があるという感じではなく
ズ抜けた能力の高さですべてを網羅してしまっている

という感じの仕上がりになっていますね。

秋華賞の舞台はこれと言って得意な条件だとは言えませんが
距離も馬場も対応しているアーモンドアイにとっては
秋華賞の舞台が大きなマイナスになることもなさそうです。

 

ラッキーライラック

父 オルフェーヴル
母父 フラワーアレイ

勝負根性と全体的な能力を持つオルフェーヴルに
中距離戦で活躍したフラワーアレイとの組み合わせ

フラワーアレイという種牡馬は日本ではほぼ知られていないので
かなり謎に包まれている存在ですが
天皇賞秋を勝ったスピルバーグ、マイルCSを勝ったトーセンラーの兄弟という事で
この2頭からおおよそのキャラクターが掴めますね。

気性が荒くヤンチャだったオルフェーヴルに
従順で優等生だったフラワーアレイを組み合わせたことで
気性の落ち着きと勝負根性を持ち合わせた馬になっています。

この馬は瞬発力は持ち合わせていない馬なので
持続力と勝負根性を持っているラッキーライラックにとって
秋華賞はもっとも適性のある舞台だと言えますね。

 

カンタービレ

父 ディープインパクト
母父 ガリレオ

スピード・瞬発力の鋭いディープインパクトに
パワーと重さを兼ね備えたガリレオとの組み合わせ

カンタービレの個体としてはディープインパクトのスピードを受け継ぎつつ
ガリレオのパワーを備えた形の馬に仕上がっているので
能力の均整は取れた馬になっています。

ただ、溜めていい脚を使えない点はガリレオが強く出ており
先行押し切りの形で持ち味を発揮できます。

秋華賞は逃げ・番手の馬に負担が大きいレースなので
カンタービレにとって舞台適性はイマイチだと言えます。

 




 

プリモシーン

父 ディープインパクト
母父 ファストネットロック

スピード・瞬発力の鋭いディープインパクトに
同じくスピードを持ち合わせるファストネットロックとの組み合わせ

プリモシーンの母であるモシーンは2500mのレースで圧勝するなど
長距離適性のあった馬ですが、ファストネットロック自身は
オーストラリアで最優秀スプリンターに輝いているように典型的なスプリンターです。

プリモシーン自身はマイル戦にしか出走したことがないので
距離延長は未知数だと言えますが
血統面から言うと距離延長は大きな不安要素だと言えます。

 

パイオニアバイオ

父 ルーラーシップ
母父 ゼンノロブロイ

豊富なスタミナが持ち味のルーラーシップに
スタミナを持ちながら気持ちの弱さを持つゼンノロブロイとの組み合わせ

ルーラーシップもゼンノロブロイもスタミナが豊富なので
タフな秋華賞の舞台でスタミナ切れを起こす心配はなさそうです。

母父であるゼンノロブロイは精神的な弱さを持っている馬なので
混戦になったときの不安はありますが
母であるアニメイトバイオは秋華賞で2着の実績があるように
GIという格にも負けずに走った馬。

アニメイトバイオの中身を考えるとパイオニアバイオにも
気持ちの強さは加わっていると判断できますので
血統的には秋華賞に向いている馬だと言えます。

 

ミッキーチャーム

父 ディープインパクト
母父 ダンシリ

スピード・瞬発力の鋭いディープインパクトに
スタミナが持ち味のダンシリとの組み合わせ

ダンシリという馬は聞き覚えがないと思いますが
ハービンジャーの父親であるといえば、どんな馬か想像できると思います。

ダンシリ自身はマイルで活躍した馬ですが
産駒はハービンジャーや凱旋門賞を勝ったレイルリンクなど
フランスの重い馬場の中距離戦で活躍した馬が多く
ミッキーチャームにもそのスタミナが備わっていると判断できます。

ここ2戦は前に行ってそのまま押し切って圧勝しており
ディープインパクトの瞬発力というよりも
ダンシリのスタミナにディープインパクトのスピードが乗っかった形です。

逃げ・番手の馬が苦戦する秋華賞において
そしてタフさが要求される秋華賞においては不向きな血統ですね。

 



 

まとめ

とここまでの話をまとめると

秋華賞に一番フィットした血統を持つ馬は

ラッキーライラック

であると結論付けます。

 

血統面から舞台適性は申し分ないと思われるラッキーライラック

秋華賞を通過点として位置付けていそうなアーモンドアイと比べると
逆転するチャンスはここにしかない

というような状況ではありますが
ローズステークスを回避した影響がどこまであるのか?

ラッキーライラックの状態を把握することが最大のポイントになりそうですね。

 

という事で、秋華賞の予想を頑張りましょう!!

 

私が2018秋華賞で注目している馬は
実力がありながら、人気の盲点になりそうなあの実績馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。