2018毎日王冠枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018毎日王冠の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた毎日王冠での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今日は久しぶりに漫画の話をしたいと思います。

最近読んだ本で面白いというか印象に残った漫画があります。

その漫画の名前は「虐殺ハッピーエンド」

 

 

もうね、名前を聞いただけでダークな気配が漂ってきますが
実際に漫画を読むとかなり闇に包まれるような
救いようのないストーリー展開になっています。

読み手はかなり選ぶ漫画ではありますが、
ダークな漫画が好きなら存分に楽しめると思います。

「なにせ救いがないですから!」

どう考えてもハッピーエンドになりそうな気配がない
救いのなさがウリなのでよかったら読んでみてください。

この漫画は無料アプリで読めるようになっているので
興味がある方は私の漫画ブログ記事からアプリをダウンロードしてみてくださいね。

無料で読める漫画アプリ一覧

 

という事で毎日王冠の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

「この馬で結果を出せなかったら今後はない!」

チェックメイトでは毎日王冠において

『今回は絶対買い!』と断言している関西馬
の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
毎日王冠の人気薄関西馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

毎日王冠の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず毎日王冠(東京芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・逃げ、先行馬が若干有利

・7枠、8枠の外枠が不利

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は一応晴れの予報
台風の接近はありますが、とりあえず良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 キセキ

今年は日経賞、宝塚記念と凡走して菊花賞馬の面影をなくしつつあるキセキ

能力云々というよりも、気持ちの問題でトラブルになっているので
自由にのびのびと走る事が出来る外枠が理想でしたが
今回の毎日王冠では真逆の最内枠を引き当ててしまいました。

全盛期であれば理想の枠順だと言えますが
今のキセキにとっては最悪と言える枠順ですね。

 

2枠2番 ケイアイノーテック

前走はNHKマイルカップで大輪を咲かせたケイアイノーテック

NHKマイルカップでは追い込みを決めましたが
ニュージーランドトロフィーでは中団で競馬をしているように
脚質の幅を持っている差し馬です。

馬群に揉まれても怯むタイプの馬ではないので
今回の毎日王冠において距離ロスのない2枠2番はプラス要素だと言えます。

 

3枠3番 ステファノス

今年はパフォーマンスを落としつつあるステファノスは
3枠3番という内枠を引き当てました。

典型的な叩き良化型で、テンに置かれてしまう傾向のある
ステファノスにとっては距離ロスのない内枠はプラス要素です。

2年前、3年前は毎日王冠で凡走して、天皇賞秋で巻き返すという
パターンで走っているだけに仕上がり具合はカギになりそうですね。

 



 

4枠4番 サトノアーサー

前走のエプソムカップでは今までの足りない競馬が
嘘かのような素晴らしい差し切り勝ちを収めたサトノアーサー

今回は4枠4番と競馬をしやすい枠順に入りました。

3歳時は追走に苦労する面がありましたが
古馬になってからは自在性が出てきたので
ちょうどいい枠順を引けたと言えますね。

 

4枠5番 ステルヴィオ

日本ダービーは8着と大きく崩れてしまったステルヴィオ

血統からも走りの内容からも日本ダービーは明らかに距離が長いレースでしたが
それ以外のレースでも常に後方からの競馬を展開しています。

直線では外に出して勝負をしたい馬なので
極端な内枠でスムーズに前に出せない状態は避けたかったですが
今回はやや内目ながらも真ん中に近い枠順でその点は評価出来ますね。

 

6枠9番 アエロリット

安田記念では強豪牡馬を相手に堂々とした競馬をして2着に粘ったアエロリット

瞬発力のあるタイプの馬ではないので
スローペースからの瞬発力勝負になると難しくなりますが
今回は単騎逃げが見込めるメンバー構成になりました。

本来であれば、今回の毎日王冠はもう少し内目の枠順から
すんなりと先手を取りたかったところですが
やや外目の枠に入ってしまった、という感じですね。

 

8枠12番 カツジ

ニュージーランドトロフィーでは差し切り勝ちを見せたカツジ

ニュージーランドトロフィー以前は先行策を得意としていた馬で
本質的には先行しての競馬が向いている馬ですが
その点では今回の毎日王冠で引き当てた外枠はマイナス要素です。

差しに転じてどこまで頑張れるのかが焦点となりますね。




 

展開予想のポイント

展開のポイントは目立った先行馬がいないという点です。

有力馬は差し馬ばかりなのでただ1頭逃げることが出来る

“アエロリットの独壇場”

と言える展開になりそうです。

GI前のトライアルレースという事で
アエロリットに無理に突っかかっていく馬はいないと思われ
アエロリットの2番手グループにつく馬がレースの鍵を握りそうです。

内枠を引いた差し馬の動向に注目ですね。

 

まとめ

2018毎日王冠で良い条件の枠をゲットしたのは

4枠4番 サトノアーサー

2枠2番 ケイアイノーテック

今回はこの2頭を挙げたいと思いますが

かなり前に緩い流れが予想されるレースなので
展開に注意して予想をしていきたいですね。

 

私が2018毎日王冠で注目している馬は
良いローテーションと脚質を持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。