【府中牝馬ステークス2018】過去10年のデータ分析|能力で予想するレース

Pocket

2018府中牝馬ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
府中牝馬ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は府中牝馬ステークスが行われます。


(2017府中牝馬ステークス クロコスミア)

エリザベス女王杯を占う1戦となるんですが
昨年はめっちゃ悔しい思いをしました。

 

昨年本命にしていたのが、

勝ち馬のクロコスミア

この本命はかなり自信があったんですよね~

 

その前のレースも強い買い方だったし
2走前のクイーンステークスも4着ながらパフォーマンス戦ったし

今がピークでしょ!!

と思って印をつけたんですよ。

 

で、相手をどの馬にしようかと考えたときに

クイーンステークスで展開に泣いたアドマイヤリードが
今回は能力全開で突き抜けてくれるでしょ!

と、思って本命クロコスミア、対抗アドマイヤリードで勝負

ヴィブロスは海外帰りだし、本番は次だから
ちょっと薄めに仕上げで出てくるでしょ

と思い、ぶった切ったら、やられましたよ。

ヴィブロス、貫禄の2着…

これ以前の府中牝馬ステークスにはあまりいい思い出がないんですが
2018年の府中牝馬ステークスも頑張って予想をしましょう。

 




 

という事で、今週は府中牝馬ステークスのデータについて話していきます。

これからエリザベス女王杯を目標にするというトップクラスの牝馬同士の戦いとなります。

今年はジュールポレールやディアドラ、モズカッチャンといったGI馬から
リスグラシュー、ミスパンテール、カワキタエンカといった強豪馬が
出走を予定しており、GI級のメンバーが揃うレースになりそうです。

 

そんな予想し甲斐のある府中牝馬ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

秋華賞でアーモンドアイに対抗出来るのはあの馬だけ!!
厩舎関係者の中では秋華賞は2強レース!

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースは秋華賞

競馬学会では秋華賞
の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

府中牝馬ステークス過去10年のデータ分析

GIはまだ先、落ち着いた流れになるレース

まず、最初に注目したのは府中牝馬ステークスの脚質です。
以下は府中牝馬ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

直線の長いコースで逃げ馬こそ成績を残せていませんが
4コーナーで4番手以内にいた馬の成績を見てみると

複勝率 36.4%  複勝回収率 90%

と、非常に安定した成績を残している事が分かります。

 

一方の差し馬についても見てみましょう。

4コーナーで10番手以下にいた馬の成績を見てみると

複勝率 30.4%  複勝回収率 72%

こちらも十分といえるだけの成績を残しています。

 

先行馬と差し馬と劇的に有利不利があるわけではありませんが

“先行馬が若干有利である”

という事が言えます。

 

府中牝馬ステークスはGIを視野に入れる馬たちが出走してくるレースなので
無理に勝負に出ようという馬はおらず、落ち着いた流れになります。

東京芝1800mは広くて末脚が鋭い馬が活躍する舞台なので
ゆったりとした流れになっても届く馬は届くのですが

状況としては先行馬有利の状況となる点

は押さえておきたいですね。



 

GIを狙う馬は一枚評価を下げるべし!

次に府中牝馬ステークスでの前走クラス別の成績を見てみましょう。

馬券の中心になっているのは

前走G3およびオープン特別を走った馬です。

反面、前走でGIおよびG2を使った馬は活躍していません。

先ほども話した通り、府中牝馬ステークスは
GI前のステップレースという位置づけのレースなので

GIを狙う有力馬は良化途上の段階で出走してきます。

対するオープン特別組は府中牝馬ステークスをメイチで
出走してくる馬が多いので、

実力では劣っていても府中牝馬ステークスに限っては
仕上がりの差で逆転できる

という結果につながっています。

 

今年はリスグラシュー、ジュールポレールなど
強力な馬たちが府中牝馬ステークスに出走してきますが

果たして結果はどうなるでしょうか?

 

4歳馬と5歳馬の戦い!能力がそのまま表れるレース

最後に府中牝馬ステークスの年齢別成績を見てみましょう。

4歳馬と5歳馬でほぼ馬券圏内を独占しています。

現在の日本競馬では競走馬としてのピークが長くなってきており
高齢馬でも活躍できるようになってきましたが

“牝馬のピークは大体5歳まで”

 

経験値によるレースの上手さや
我慢強さなどの要素はそれほど必要がなく

持っている能力で決まるレースとなっています。

 

もう一つ、過去10年の府中牝馬ステークスにおける前走の着順別成績を見てみましょう。

前走で1,2着に入った馬が結果を出しています。

現在調子のいい馬がそのまま結果を出すという点では
先ほどの年齢別成績と通ずるものがあります。

適性云々ではなく

能力と仕上がりが問われるレースです。

 

以上が2018府中牝馬ステークスを攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

府中牝馬ステークスは東京芝1800mというコースなので

“スピードが重視されるレース”

となっています。

しかしながら、GI前のトライアルレースという事もあり
緩いペースで流れることが多くなり
その馬の地力が問われるレースとなります。

仕上がりを気にしながらも
能力重視で馬を選んでいきたいですね。

 

私が府中牝馬ステークスで注目しているのは
一叩きを加えて能力全開となるであろうあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。