毎日王冠2018展開予想!逃げるアエロリットの独壇場?

Pocket

ここでは毎日王冠2018の展開予想について分析をしていきます。

秋の東京開幕週となる毎日王冠

少し前からの競馬ファンであれば印象に強いと思いますが
サイレンススズカがエルコンドルパサーやグラスワンダーを抑えて
敢然と逃げ切り勝ちを収めたレースが印象に残っていますよね。

毎日王冠2018ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

先週は台風の影響で日曜日に行われる予定の
阪神開催が火曜日まで順延されましたね。

自然災害なので、それ自体は仕方がないと思うのですが
火曜日のレースが終わるまで
次週の出走予定馬(登録馬)が公表されないというのはいただけないですよね。

ぶっちゃけ、スプリンターズステークスが終わった時点で
毎日王冠や京都大賞典でどんな馬が出走するのか見たいんですよ。

3連休の月曜日開催も含めて開催日を延ばすこと自体は
百歩譲って良いんですが、次の週も競馬があるんだし
そのレースを楽しみにしている人がいるんだから

「日曜日の夜の段階でちゃんと情報を公開しなよ」

と思ってしまいますね。

JRAさん、宜しくお願い致します。

 

さて、毎日王冠に話を戻します。

毎日王冠の過去10年における
4コーナーでの順位別成績を見てみると

ということで、

先行馬と差し馬の成績に大きな差はありません。

強いて言えば、4コーナーで10番手以下と
極端な追い込み戦法を取る馬だけはちょっと苦戦傾向ですね。

 

これらの前提を踏まえて、毎日王冠で逃げる馬であろう馬
先行するであろう馬について分析をしていきたいと思います。

スローペースになる事の多い
毎日王冠の展開予想をしていこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

毎日王冠を勝てる前提で出走しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料で毎日王冠勝負馬の情報を教えます。

毎日王冠の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

毎日王冠の展開予想

毎日王冠で逃げる馬はどの馬?

まずは毎日王冠で逃げる馬を探っていきましょう。

今年の毎日王冠の出走予定メンバーは以下の通りです。

このメンバーの中で近走で逃げを打っている馬は

 

アエロリット

この1頭です。

 

アエロリット以外の有力馬は
近走後方からの競馬で勝負している事から

「アエロリットの独壇場」となりそうです。

アエロリットはスローペースに落として持ち味を活かすタイプではなく
速い流れで持久力を活かして最後まで粘り切る

というようなタイプの馬なので
後方から一気差しを決める馬よりも
2番手、3番手から粘り込む馬の方が妙味がありそうです。

2,3番手につけそうな有力馬を探るため
有力馬の近走を位置取りを確認していきましょう。

 



 

有力馬はどの位置で競馬を進める?

< カツジ >

NHKマイルカップ 9番手 9番手 (18頭立て)

ニュージーランドトロフィー 14番手 10番手 (15頭立て)

きさらぎ賞 3番手 3番手 (10頭立て)

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、頭数)

 

< サトノアーサー >

エプソムカップ 6番手 6番手 (16頭立て)

メイステークス 12番手 10番手 (15頭立て)

洛陽ステークス 7番手 7番手 (12頭立て)

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、頭数)

 

< ケイアイノーテック >

NHKマイルカップ 17番手 15番手 (18頭立て)

ニュージーランドトロフィー 8番手 5番手 (15頭立て)

500万条件 6番手 7番手 (9頭立て)

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、頭数)

 

< ステルヴィオ >

日本ダービー 13番手 12番手 (18頭立て)

皐月賞 14番手 13番手 (16頭立て)

スプリングステークス 7番手 6番手 (13頭立て)

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、頭数)

 

< キセキ >

宝塚記念 15番手 15番手 (16頭立て)

日経賞 1番手 1番手 (15頭立て)

菊花賞 12番手 7番手 (18頭立て)
(香港での成績は除く)

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、頭数)

 

< ステファノス >

宝塚記念 11番手 11番手 (16頭立て)

新潟大賞典 11番手 10番手 (16頭立て)

天皇賞秋 13番手 10番手 (18頭立て)
(香港での成績は除く)

(レース名、3コーナー順位、4コーナー順位、頭数)

 

いずれの馬も差しで勝負をしていますが

日経賞で掛かって大凡走したキセキは前にいかないでしょう。

そして、行き脚がなく、大幅距離短縮となる
ステルヴィオの前で競馬をしそうにありません。

また叩き良化型のステファノスも
毎日王冠で強引な先行競馬を見せる可能性は低そうです。

 

逆に3歳時は極端な競馬しか出来なかったサトノアーサーは
前走のエプソムカップでは前で競馬をして圧勝しているように
徐々に気持ちが落ち着いてきて自在性が出てきました。

ニュージーランドトロフィーでは追い込み競馬を披露したカツジですが
デイリー杯2歳ステークスやきさらぎ賞では先行しています。

この2頭は好位を形成できそうですね。

 

ケイアイノーテックはニュージーランドトロフィーでは
好位からの競馬を見せているように

カツジやサトノアーサーと同じ位置で競馬をする事は可能です。

 




 

まとめ

毎日王冠の展開ですが

1番手(逃げ) アエロリット

2~5番手 サトノアーサー、カツジ、ケイアイノーテック、ダイワキャグニー

7~10番手 キセキ、ステファノス、スズカデヴィアス

11番手以下 ステルヴィオ、サンマルティン

 

毎日王冠は先行馬が若干有利なレースですが
前に行く馬はアエロリットしか存在しません。

アエロリットが毎日王冠のペースを作るのは間違いありませんが
スローペースに落として、直線でのヨーイドンとなると
失速することも考えられます。

ある程度速いペースで逃げることが想定されるので、好位につけそうな

サトノアーサー、カツジ、ケイアイノーテック

 

展開としてはこの3頭に注目ですね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
毎日王冠で注目しているのは
人気面で盲点となりそうなあの馬ですよ、是非見てください。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ