【2018秋華賞事前予想】トライアル終了!GIに一番近い馬は?

Pocket

2018秋華賞の勝ち馬はどの馬なのか?

トライアルレースがひと段落したという事で
GI秋華賞に出走するであろう有力馬の勝利の可能性と
どこよりも早い秋華賞予想をお届けします。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今回は3歳牝馬GIの3冠目である秋華賞について
話をしていきたいと思うのですが

秋華賞だけなぜかクラシックではないんですよね~

クラシックと呼ばれるレースは

皐月賞、日本ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス

と、この5つだけ

秋華賞の前身であるエリザベス女王杯から
なぜか3歳牝馬秋のGIだけはクラシックから除外されるという
謎の現象が起こっています。

 

まあ、クラシックであろうとなかろうと
秋華賞が面白いレースである事は変わりないからいいんですけどね。

今年の秋華賞は前哨戦を見ていると独特な雰囲気で
行われそうなので、より一層楽しみですね。

 

と言うことで、秋華賞の主役達が揃いました。


(2017秋華賞 ディアドラ)

まだ枠順はおろか、出走メンバーも確定していない段階ですが
有力馬になるであろう馬は実質決まっているので
一足先に秋華賞2018の予想をしていきたいと思います。

 

秋華賞有力馬評価

まず2018年の秋華賞を予想する上で
欠かせない存在となっているのが

「ぶっつけ本番組」です。

と言うことで、もっとも秋華賞勝利に近いであろうぶっつけ本番組から
見ていきたいと思います。




 

アーモンドアイ

桜花賞とオークスは明確な力の違いで圧勝したアーモンドアイ

特に桜花賞はシンザン記念からのぶっつけ本番という
この時期の牝馬にとっては大きな不利を抱えての圧勝という事で
ここで他の馬との勝負付けは済んだと言えます。

秋華賞は3冠を目指すレースとなりますが
ぶっつけ本番で挑んでくることから
8~9割の仕上げで出てきて、ジャパンカップをメイチ

という青写真が見えるのでその点は不安要素ですが
8割仕上がっていれば勝てるというくらいの力の差はあります。

よほどのアクシデントがない限りは馬券圏内は外さないでしょう。

 

ラッキーライラック

阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞と共に完勝して
桜花賞がはじまるまでは牝馬3冠を狙えるのではないかと思われていたラッキーライラック

アーモンドアイの出現で一気に2番手へと降格してしまいましたが
レースセンスがあり、立ち回りが上手いので
秋華賞の舞台適性はアーモンドアイよりは上だと言えます。

もともとローズステークスを使う予定でしたが
調整が上手くいかず、秋華賞にぶっつけになった点は一枚割り引き

今年の秋華賞はアーモンドアイには逆らえないので
ラッキーライラックをどうするかで買う馬券が決まってきそうです。

私は逆転まで考えてもいいと思っています。

 

残念ながらオークス2着、桜花賞3着のリリーノーブルが回避となってしまったので
秋華賞で主役となるのはぶっつけ本番の2頭です。

この2頭はかなり強力ですが

例年最重要トライアルレースとなっている
ローズステークス組はどうでしょうか?

次にローズステークス組を見ていきましょう。

 



 

カンタービレ

フラワーカップからの直行で挑んだオークスでは
GI馬の高い壁にぶつかったカンタービレ

ですが、前走のローズステークスではゴージャスランチが作る流れを
自ら捕まえに行き突き放す強い競馬を見せました。

ローズステークスの内容から能力の高さは疑う余地はなく
秋華賞でも面白い存在ではありますが
タフな競馬に弱いディープインパクト産駒が京都内回りという
忙しいコースに変わってどこまで力を継続して出せるか?

ローズステークスよりはパフォーマンスを下げそうな馬ですね。

では、2着以下の馬はどうでしょうか?

 

サラキア

カンタービレと同じディープインパクト産駒のサラキア

ローズステークスはスローペースだったので
前に行ったゴージャスランチや内の経済コースを通った
ラテュロスが粘り込むような競馬になりました。

その中で唯一後方から脚を伸ばして上位に食い込んだサラキア

競馬の内容としては一番レベルの高いパフォーマンスを見せており
夏からの急成長を見せているあたりからもまだ伸びしろが見込まれ
ローズステークス組では一番チャンスのある馬ですね。

 

サトノワルキューレ


ローズステークスでは1番人気に推されながらも
6着と敗れてしまったサトノワルキューレ

ローズステークス自体はサトノワルキューレが最も苦手としている
舞台だったので、敗戦を悲観する必要はありません。

むしろよく6着まで追い込んできた、と内容を評価出来ます。

ただ、全体的に不器用な馬。
デムーロ騎手が騎乗停止で秋華賞に乗れない事を考えると
上手く乗らないと能力を発揮できないまま、という可能性は高そうです。

 

ウラヌスチャーム

ローズステークスでは後方から追い込み5着に食い込んだウラヌスチャーム

レース内容としては同じ差し馬であるサラキアとの
力の差を感じるようなレース内容でしたが
父ルーラーシップが示すようにスタミナのあるタイプ

純然たるスピード勝負となったローズステークスよりも
内回りで持久力が要される秋華賞の方が適性が高く
ローズステークス組であれば逆転する可能性はありそうです。

 

 

ローズステークスに出走した馬で
馬券に絡んできそうなのはこの4頭です。

ローズステークスで

3着に入ったラテュロスと4着のゴージャスランチ

この2頭は展開と枠順の利を活かして粘った感がありありで
相手が強くなり、激戦になるであろう秋華賞は厳しそうです。

また、春に実績を残した

9着のオールフォーラヴ、15着のトーセンブレス

もローズステークスの内容があまりにも悪かったので
秋華賞での台頭は考えづらいですね。

 

続いては、近年秋華賞と直結している
もう一つのトライアルレース紫苑ステークス組を見ていきましょう。

こちらは桜花賞、オークス共に5着と上位に入った
マウレアが出走回避となったことで、ちょっと手薄な陣営になりましたね。




 

ノームコア

春はフラワーカップ、フローラステークスで共に3着と
能力を見せていたノームコアは紫苑ステークスを圧勝

父ハービンジャー、母父クロフネという血統が示す通り
スタミナとパワーを兼ね備えた馬で
秋華賞の舞台である京都内回りコースは合いそうです。

ただ、末脚が弱い部分があり
4コーナーで先頭を伺うような積極的な競馬が必要な馬です。

紫苑ステークスで騎乗したルメールが今回はアーモンドアイに騎乗
代打の騎手がどこまでノームコアを導けるのかは不安材料ですね。

 

パイオニアバイオ

フローラステークスでは人気薄ながら2着に激走したパイオニアバイオ

オークスでも7着に踏ん張っており
アーモンドアイやラッキーライラックを除けば
実力は大差ありません。

紫苑ステークスでは後方からの追い込みという形で
前々で体力を活かして粘りたいパイオニアバイオにとって
最悪とも言える競馬(騎乗)でした。

持久力が求められるコースは合いますし
前で競馬をする事が出来れば馬券絡みのチャンスはありそうです。
あとは騎手次第ですね。

 

2着に入った マウレア は出走回避

3着の ランドネ は自分のペースで逃げた上での
最高の結果なので
秋華賞での上積みは見込めず

という事で厳しそうです。

 

 

以上が、2018秋華賞での事前段階予想です。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まとめ

秋華賞2018では圧倒的なパフォーマンスでクラシックを制した

アーモンドアイで仕方なし

だと結論付けます。

ローズステークスを回避して順調さを欠いた
ラッキーライラックをどの位置におくかで予想が変わってきそうです。

ラッキーライラック以外の馬だと

サラキア、ウラヌチャーム、パイオニアバイオ

このあたりに魅力を感じますね。

まだ調教と枠順が確定していないので
馬を1頭に絞る事は出来ませんが
アーモンドアイを本命にする以上は1点勝負をしたいですね。

 

私が2018秋華賞で注目している馬は…
秋華賞の週にこちらで発表します!!

その前に今週の重賞で活躍してくれそうな馬はコチラから

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。