【京都大賞典2018】過去10年のデータ分析|開幕週でも前は楽できない!

Pocket

2018京都大賞典を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京都大賞典で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は京都大賞典が行われます。


(2017京都大賞典 スマートレイアー)

私の中の京都大賞典イメージは

「昔と比べてレベルが下がったランキング1位のレース」

という感じです。

 

昔はメジロマックイーンやテイエムオペラオーにスペシャルウィーク

マーベラスサンデー、セイウンスカイ、ナリタトップロード、ステイゴールド、

メジロブライト、スイープトウショウ、ダンスパートナー

と、とにかくその世代を代表するような馬が出走するレースでしたが
今はGIで主役を張るような馬の出走は少なく

ここで好走してGIへの挑戦権をかける

というような位置づけになっちゃったんですよね~

 

昨年の1,2着だったスマートレイアー、トーセンバジルは
いまだにGIでは結果を残せていないですし

近年はラストインパクト、ヒットザターゲット、メイショウカンパクなど

ちょっとインパクトに欠ける馬が勝っているので
一昨年のキタサンブラックのように強い馬に出てきてほしいですね。

個人的には大好きな条件ですからね。

 




 

という事で、今週は京都大賞典のデータについて話していきます。

前述した通り、以前はGIと直結するメンバーでの戦いとなっていましたが
今年のメンバーはGIで人気馬に挑戦状を叩きつけるのは誰か?

というくらいのレベルが集まりそうです。

昨年はシュヴァルグランが1番人気を裏切って3着
そして、その後ジャパンカップを制したように
効果的なステップレースとしても存在感を示すレースですが
京都大賞典で好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都大賞典を勝つのはあの馬以外に考えられない!!
厩舎関係者の中では京都大賞典は1強レース!

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースは京都大賞典と毎日王冠

競馬学会では京都大賞典の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京都大賞典過去10年のデータ分析

開幕週でも差し馬が十分に戦える京都大賞典

まず、最初に注目したのは京都大賞典の脚質です。
以下は京都大賞典での4コーナーでの順位別成績です。

逃げた馬の成績が悪く、先行した馬と差し馬の成績は
がっぷり四つの互角です。

京都大賞典は秋の京都開催開幕週に行われるレースなので
一般的に考えると前残り傾向が考えられるのですが

蓋を開けてみると差し馬も互角

 

逃げ馬の成績が良くない事を考えれば

“差し馬有利のレース”

と言えそうです。

 

昨年の京都大賞典は後方から差したスマートレイアーが勝利

2着は先行したトーセンバジルが入りましたが
こちらももともとは差し馬

3着には後方から捲り気味に追い込んだシュヴァルグラン

と、差し馬が普通に馬券に絡んでいるので
脚質は開幕週を気にすることなく予想をしていきたいですね。

 



 

内枠が有利な京都芝2400mコース

次に京都大賞典での枠順別の成績を見てみましょう。

1枠と2枠が複勝率50%を超えて
優れた成績を残している事が分かります。

 

京都大賞典が行われる京都芝2400m戦は

もともと「内枠有利」な条件として知られています。

京都競馬場は3コーナー過ぎから4コーナーにかけて
下り坂になっており、走っている馬達は下り坂で加速して
その惰性で外に膨らんでいきます。

すると内のスペースがぽっかりと空くので
1枠、2枠の馬は距離ロスを最小限に抑えて走る事が出来るので

“内枠の成績が良い”

というデータに繋がっています。

 

ちなみに京都競馬場のコース図はこんな感じです

差しが届くので、外枠の馬達もそれほど成績は悪くありませんが
基本戦略として内枠の馬は狙っていきたいですね。

 



 

スピードは必要もスタミナで勝負するレース

最後に京都大賞典の年齢別成績を見てみましょう。

基本的には4歳馬と5歳馬の争いになっています。

若い馬が活躍していると言うことは
スピード寄りのレースである事の証明だと言えますが

7歳馬の成績も悪くありません。

開幕週ながら前残り一辺倒となっていないように

スピードだけでは決まらないレースである事が分かります。

 

京都大賞典における過去10年の馬体重別成績も見てみます。

480kg~499kgという平均型の体型の馬が強いです。

馬体の軽い馬が強いとスピード勝負

馬体の重い馬が強いとパワー勝負

という傾向に分かれますが、

480kg~499kgを中心に分布が綺麗に分かれていることから
スピード・パワー・スタミナのバランスが取れた馬に適性があるコース

という事が言えますね。

 

最後に京都大賞典における過去10年の種牡馬別成績も見てみます。

こちらを見てみるとディープインパクト産駒の活躍はさることながら
パワーのある種牡馬が活躍している点が目立ちますね。

能力のバランス、均整が取れた馬を狙いたいですね。

 

以上が2018京都大賞典を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

京都大賞典は秋の京都開幕週で行われているレースですが

“展開の有利不利は少なく、差しがやや有利なレース”

となっています。

枠順としては内枠が有利なコースとなっており
スピード・スタミナ・パワーと能力のバランスが取れた馬が活躍するレース

適性よりも能力をみて予想をしたいレースですね。

 

私が京都大賞典で注目しているのは
能力のバランスが取れたあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ