【毎日王冠2018】過去10年のデータ分析|開幕週でも前は楽できない!

Pocket

2018毎日王冠を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
毎日王冠で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は毎日王冠が行われます。


(2017毎日王冠 リアルスティール)

今年は祝日が絡んでいて、京都大賞典が月曜日に行われますが
毎日王冠、京都大賞典と並ぶこの週が一年で一番好きです。

GIになるともう終わりが見えてきちゃいますからね。

これからGIシリーズが始まるんだという
毎日王冠と京都大賞典という重厚なレースは
私の心を躍らせてくれます。

 

ただ、最近は天皇賞秋直行ローテが流行ってきたので
毎日王冠や京都大賞典って少しずつレベルが下がっているんですよね~

サイレンススズカ、エルコンドルパサー、グラスワンダーが
戦った伝説と言える毎日王冠や

セイウンスカイ、メジロブライト、シルクジャスティス、ステイゴールドが
戦った1998年の京都大賞典など

この2つのレースにおける感動が忘れられません。

 




 

という事で、今週は毎日王冠のデータについて話していきます。

前述した通り、GIと直結するメンバーでの戦いとなるレースですが
今年のメンバーはGIで人気馬に挑戦状を叩きつけるのは誰か?

というくらいのレベルが集まりそうです。

昨年はソウルスターリングが1番人気を裏切って凡走しましたが
毎日王冠で好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

毎日王冠を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
大一番で「最高の仕上げ」との情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースは毎日王冠と京都大賞典

FUN競馬では毎日王冠の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

毎日王冠過去10年のデータ分析

開幕週でも逃げ・先行馬はそれほど有利ではない

まず、最初に注目したのは毎日王冠の脚質です。
以下は毎日王冠での4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで5番手以内にいた馬の成績を見てみると

複勝率 33.3%  複勝回収率 96%

と高いアベレージを残しています。

 

ただ、4コーナーで5番手以下にいた馬の成績を見てみると

複勝率 24.7%  複勝回収率 77%

と数字的に差は見せているものの好走率としては

「圧倒的に逃げ・先行馬が有利」

という形にはなっていません。

 

秋シーズンの開幕週東京開催は前残り決着になる事が多いですが

毎日王冠は天皇賞に向けて
ここで勢いをつけて本番に向かおうという有力馬が多いので

極端に脚質による成績の偏りは少なくなっています。

逃げ・先行馬を念頭に置きながらも
フラットな目線で予想をしていきたいですね。

 



 

東京芝1800mは外枠不利が定石

次に毎日王冠での枠順別の成績を見てみましょう。

内枠はそれほどいい成績を残していない者の

7、8枠の外枠は不利

というデータが出ている事が分かります。

 

ここで東京競馬場の芝1800mコース図を見てみます。

スタート直後にカーブがあり、
外枠の馬が距離ロスを被るコース形態になっている事が分かります。

展開的には先行も差しもフラットな条件で行われるので

純粋に外枠に入った馬の不利が浮き彫りになってきます。

 

特に先行馬の場合はポジションを取るのに
内枠の馬よりも脚を使う形になるので注意が必要ですね。
(差し馬の場合は後方に控えてコース取りを選べますからね)

東京競馬場芝1800mのコースによる枠順の有利不利は
毎日王冠においては通用するという事が言えますね。

 

開幕週はスピードレースを使ってきた馬が強い

最後に毎日王冠の前走クラス別成績を見てみましょう。

基本的には重賞を使ってきた馬同士の戦いとなりますが
具体的にどんなレースを使ってきたのかを見てみましょう。

回収率の面はひとまず置いておくとして

安田記念やエプソムカップなど
毎日王冠と同じ東京コースを使った馬が好成績です。

 

それ以外のレースを見てみても

NHKマイルカップ、関屋記念や新潟記念など
左回りの広いコースでスピードが求められる条件を走った馬が好走しています。

展開的な有利不利はないものの
毎日王冠は開幕週のレースとなるので

スピード勝負を経験した馬に一日の長があります。

 

以上が2018毎日王冠を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

毎日王冠は秋の東京開幕週で行われているレースですが

“展開の有利不利は少ないレースです。”

となっています。

枠順としては外枠が不利なコースとなっており
開幕週のスピード勝負を戦えるだけの経験をしてきた馬が
好成績を収めるレースとなっています。

脚質よりも個体のスピード力が重要なレースですね。

 

私が毎日王冠で注目しているのは
スピード条件で真価を発揮してくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。