【チャレンジカップ2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【チャレンジカップ2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではチャレンジカップ2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

チャレンジカップは毎年年末に行われる重賞レースです。


(写真は2017チャレンジカップ サトノクロニクル)

チャレンジカップ格付けとしてはG3戦ですが
菊花賞で惜敗した馬や古馬GIに惜しくも手が届かない馬が
出走してくるレースなので、毎年レベルの高いメンバーで行われます。

昨年はセントライト記念で3着に入ったサトノクロニクルは
悲願の初重賞を奪取したレースで
今年のチャレンジカップも素質馬の好走が期待されます。

そんなチャレンジカップにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

レイエンダ 1.6倍
エアウィンザー 4.5倍
トリコロールブルー 6.1倍
ダンビュライト 7.8倍
マウントゴールド 9.0倍
ステイフーリッシュ 12.2倍
ハートレー 16.3倍
マルターズアポジー 18.5倍
ロードヴァンドール 25.6倍
アメリカズカップ 26.0倍
ケントオー 30.2倍
サイモンラムセス 32.8倍
ダッシングブレイズ 41.7倍
マイネルフロスト 57.1倍
ガンコ(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

菊花賞をパスした レイエンダ

セントライト記念では圧倒的な人気に推されながら
2着に敗れてしまったレイエンダ

菊花賞に出走することが出来ましたが
陣営は菊花賞をパスしてチャレンジカップに矛先を向けてきました。

最近謎の使い方をする藤沢厩舎ですが
チャレンジカップに出走するからには
勝って賞金を加算しておきたいところです。

底が見えない エアウィンザー

前走のカシオペアステークスではグリュイエール以下を完封したエアウィンザー

4コーナーでの反応は良くなかったですが
追ってからは長く良い脚を使っての勝利

やっとの重賞挑戦となりますが
今までのレースでは崩れたことがなく
毎回上位に入っている実力馬

今回のチャレンジカップでエアウィンザーの力が測れそうです。

天皇賞秋を除外になった ダンビュライト

前走出走する予定だった天皇賞秋では痛恨の除外となったダンビュライト

もともと体力型の馬だったので
速い流れになった天皇賞秋では勝負になったかもしれませんが
次のレースの矛先をチャレンジカップに向けてきました。

ダンビュライトにとっては短い距離のレースですが、格では一番の存在
ここでは無様な競馬は見せられません。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだチャレンジカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。