【中日新聞杯2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【中日新聞杯2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは中日新聞杯2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

中日新聞杯は中京で行われる重賞レースです。


(写真は2017中日新聞杯 メートルダール)

中日新聞杯は中京競馬場の芝2000mで行われるレース

冬の開催という事もあり、実力馬はGIもしくは
中央場所のG2レースに向かう傾向のある中距離戦という事で
ローカルG3としてはレベルの高いメンバーが集まります。

昨年はメートルダールが念願の初タイトルを獲得しました。

そして、2着にミッキーロケット、3着にロードヴァンドールと
実力馬が1~3着を独占する結果となりました。

今年もハイレベルな戦いが期待できます。

そんな中日新聞杯にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ドゥミナートゥス 3.9倍
ギベオン Cデムーロ 5.2倍
トリコロールブルー 6.0倍
メートルダール 6.7倍
グレイル 7.9倍
ステイフーリッシュ 8.0倍(チャレンジカップと両にらみ)
ハクサンルドルフ 15.2倍
エテルナミノル 19.5倍
ショウナンバッハ 20.8倍
レイホーロマンス 21.7倍
キンショーユキヒメ 33.9倍
マサハヤドリーム 36.1倍
スズカディープ 85.8倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

天皇賞秋を回避した メートルダール

天皇賞秋に出走する予定ながら、回避となったメートルダール

もともと格上相手に高いパフォーマンスを発揮する馬ではないので
天皇賞秋を回避した事は正しい選択でした。

メートルダールがG3なら勝ち負け出来るパフォーマンスを持っているのは実証済み
前走の新潟記念は2着で、昨年の中日新聞杯も勝利

今年の中日新聞杯でも好走が期待できる存在です。

セントライト記念で惨敗した ギベオン

NHKマイルカップ2着という実績を引き下げて出走した
セントライト記念では13着と惨敗してしまったギベオン

いくら条件が合わないと言っても大敗し過ぎた感はありますが
距離が合わず、コースが合わずというレースであれば見直せます。

今回の中日新聞杯までのギベオンの走りは
今後のギベオンのキャリアを決定しそうです。

菊花賞で惨敗した ステイフーリッシュ

京都新聞杯勝ちの実績があるステイフーリッシュ

菊花賞、日本ダービーとGI2戦は惨敗していますが
秋初戦となった神戸新聞杯でも5着に入っており
G3の中日新聞杯なら互角に戦える器の馬です。

GI惨敗でも見限れません。

常に安定した走りを見せる トリコロールブルー

前走のカシオペアステークスでは人気に押されましたが
エアウィンザー、グリュイエールに完敗したトリコロールブルー

前述した2頭は重賞レベルの馬なので
悲観する結果ではありませんが、パンチ力不足のイメージはぬぐえません。

ただ、毎回自分の力を発揮してくれるトリコロールブルーにとって
G3レベルであれば、互角以上に戦える舞台なので、期待をしたいですね。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ中日新聞杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。