神戸新聞杯2018枠順確定、有利な枠に入った馬と展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018神戸新聞杯の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた神戸新聞杯での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は神戸新聞杯が行われますが
過去には強い馬が強いレースをしてくれるレースですよね。

なので、見る側としては非常に痛快な内容が多くて

昨年のレイデオロはもちろんのこと

2016年のサトノダイヤモンド

2013年のエピファネイア

2012年のゴールドシップ

2011年のオルフェーヴル

2010年のローズキングダム

2008年のディープスカイ

と、どれも人気に推された実力馬が
その力をいかんなく発揮して勝ち切ったレースで
見応え十分でしたよね。


(2013年神戸新聞杯 エピファネイア)

 

今年は日本ダービー1,2着馬のワグネリアンとエポカドーロが出走します。

過去のレースを見て、強い馬が強い勝ち方をしている姿を見ると
今年の勝ち馬はワグネリアンかエポカドーロのどちらかかなぁ

 

という気持ちになりますが、いつも通りに神戸新聞杯
枠順確定後の話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ワグネリアン、エポカドーロに間に割って入るのはあの馬
神戸新聞杯の軸はこの馬以外に考えられない!!

競馬セブンでは神戸新聞杯で抜群の動きを見せて
好走が確実視される有力馬情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして神戸新聞杯3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

神戸新聞杯3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まず神戸新聞杯(阪神芝2400m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・差し、追い込み馬が圧倒的に強い

・重賞経由の馬が強い

という特徴があります。

また、天気の方ですが、阪神競馬場付近の
週末の天気は雨のち曇り予報となっていますので
なんとか良馬場で出来そうだなぁ、という感じですね。

 

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

 

1枠1番 ゴーフォザサミット

日本ダービー組としては唯一その後一叩きをしたゴーフォザサミット

もともとゆったりと走るタイプの馬なので
今回の神戸新聞杯の舞台に替わったのはプラスなのですが
馬群に揉まれる上に自由に動きづらい1番枠はマイナス要素です。

蛯名騎手はインを突くというよりも
タイミングを見て外に出していくタイプの騎手
今回のゴーフォザサミットをどのように導くのか注目ですね。

 

2枠2番 エタリオウ

日本ダービーでは矢のような鋭い末脚で4着まで食い込んだエタリオウ

今回はミルコデムーロ騎手が騎乗するという事で
人気に支持されそうな馬ですが条件戦での走りを見ていると
スタミナを活かして外を回ってくるタイプ

そういった意味ではゴーフォザサミットと同様に
今回の2番枠という内枠はマイナス要素ですが
少頭数に加えてデムーロ騎手なので、上手く立ち回ってくれそうですね。

 

3枠3番 ワグネリアン

日本ダービーでサラブレッドの頂点に立ったワグネリアン

ダービーでは先行しましたが、もともと後方待機からの
末脚勝負が持ち味の馬なので、神戸新聞杯の舞台は得意な舞台です。

一瞬の切れ味があるので3番枠という内枠は大きな不利になりませんが
代打の藤岡康太騎手がどこまでワグネリアンの力を出せるのか

GI級の馬への騎乗経験が乏しいだけに
そのあたりだけが問題となりそうですね。




 

4枠4番 ステイフーリッシュ

京都新聞杯では先行して押し切る競馬を見せたステイフーリッシュ

今回の4番枠はステイフーリッシュの持ち味を最大限に活かせそうな
枠順で今回の神戸新聞杯では最も枠順に恵まれた馬だと言えます。

後方からの末脚勝負では分が悪いので
前々でどこまで押し切れるのかが焦点となりそうですね。

 

5枠5番 タイムフライヤー

春は惨敗続きだったタイムフライヤー

枠順や条件は決して悪くありませんが
タイムフライヤーの場合は条件云々よりも
自分の競馬が出来るかどうかが焦点となりそうですね。

 

6枠6番 メイショウテッコン

ラジオNIKKEI賞では好位からの競馬で
念願の初重賞制覇を成し遂げたメイショウテッコン

今回も前走同様に先行策を見せてきそうで
真ん中の6番枠は競馬をしやすい枠順に入ったと言えますね。

こちらもステイフーリッシュ同様
枠順に恵まれた馬だと言えます。




7枠8番 エポカドーロ

日本ダービーでは逃げて2着と力を見せたエポカドーロ
2018年春のクラシックでは最も高いパフォーマンスを見せた馬です。

枠順としてはもう少し内目の枠で
逃げ馬を前に置きながら競馬をしたいところでしたが
外枠に入ってしまいました。

戸崎騎手の手綱さばきに注目ですね。

 

8枠9番 アドマイヤアルバ

日本ダービーでは最速の上がりを使ったアドマイヤアルバ

ハーツクライ産駒らしく後方からの末脚を武器としている馬ですが
混戦に強いので、内枠から間を抜ける競馬の方が高いパフォーマンスを発揮します。

そういった意味では外枠は良くない枠順ですが
岩田騎手がどのような進路を取るのかには注目が必要ですね。

 



 

展開予想のポイント

展開のポイントは

”エポカドーロの位置取り”

です。

日本ダービーでは逃げを打ったエポカドーロですが
馬の気性面を考えると今回は控えての競馬が予想されます。
(今回の神戸新聞杯も逃げるようでは騎手失格です)

おそらくハーベストムーン、メイショウテッコンあたりが逃げて
それをエポカドーロ、ステイフーリッシュが見る展開になると思いますが
どのあたりに位置をするのか?

弱気な競馬をすると後方からの差し脚に飲み込まれそうなので
強気な騎乗が出来るのかどうか、で着順が変わってきそうですね。

 

まとめ

2018神戸新聞杯で良い条件の枠をゲットしたのは

4枠4番 ステイフーリッシュ

6枠6番 メイショウテッコン

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

例年差し・追い込み馬が有利なレースですが
今年は果たしてどうなるでしょうか?

楽しみですね。

 

私が2018神戸新聞杯で切りたい馬は
前走で覚醒した感じがあるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。