【神戸新聞杯2018予想】メイショウテッコンが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018神戸新聞杯に出走を予定している
メイショウテッコンが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週の買ってはいけない危険馬のコーナーはやったりましたよ!!

月曜日のセントライト記念で3番人気に支持されたギベオンをぶった切り
見事に馬券圏内から飛んでくれました。

 

しかも、ただの敗戦ではなくて条件が合わなくても惨敗と

切り馬指定妙味に尽きる結果となりました。

ギベオンの場合はとにかく条件が合わなかったですよね~

2200mは不安要素の多い未知数でしたし

瞬発力で勝負をする典型的なディープインパクト産駒なので
中山2200mというパワー条件はどうやっても合わない。

という事で、その通りの結果になってくれました。

 

肝心な馬券の方ですが

◎ジェネラーレウーノ

○レイエンダ

という事で1点勝負で的中できました。

ローズステークスでは撃沈しただけに
しっかりと的中できて良かったです。

ただ、馬単1点にする度胸はなかったなぁ~

 

という事で、セントライト記念に続く
菊花賞トライアルである神戸新聞杯の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

神戸新聞杯2018、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!
徹底分析して出てきた結論から神戸新聞杯はあの馬の1強レース!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースは神戸新聞杯とオールカマー

ドリーム万馬券では神戸新聞杯の無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は神戸新聞杯が行われます。


(写真は2017神戸新聞杯 レイデオロ)

神戸新聞杯では菊花賞トライアルの中でも最も重要な位置を占めるレースで
日本ダービーで活躍した馬など、世代トップの馬が出走してくるレースです。

今年の神戸新聞杯も実績馬が集まっており

ダービー1,2着の ワグネリアン、レイエンダ

が出走してきます。

 

日本ダービー4着のエタリオウも出走という事で
どう考えても波乱の決着は望めないレース

それだけに、相手を絞って馬券を買いたいところ。

という事で、私が神戸新聞杯で最も馬券を買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018神戸新聞杯で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

メイショウテッコン

です。

 

 

メイショウテッコンは前走でラジオNIKKEI賞を勝った馬です。

春に出走した京都新聞杯では5着に入っており
白百合ステークスも圧勝するなど
その能力の高さがうかがえる馬です。

夏の実績から神戸新聞杯2018でも穴人気になりそうな存在です。

 

そんな、メイショウテッコンがなぜ2018神戸新聞杯で
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

神戸新聞杯のコース分析

神戸新聞杯ス傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

神戸新聞杯2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

メイショウテッコンの不安要素

メイショウテッコンの脚質に合わない神戸新聞杯

メイショウテッコンの過去のレースを見てみると

好走したレースではいずれも逃げか番手で競馬をしています。

マンハッタンカフェ産駒で直線での瞬発力で勝負するタイプではなく
ある程度ポジションを取って、前々でスタミナを活かして粘り込む

という戦法が得意な馬で、神戸新聞杯2018でも先行することが予想されます。

 

と、ここで神戸新聞杯の傾向を見てみます。

神戸新聞杯における過去10年の4コーナーでの順位別成績を見てみると

と、明らかに差し馬が優勢となっています。

神戸新聞杯は阪神競馬場2400m戦で行われるレースなので
ゆったりとしたレースとなりやすく、末脚を活かしやすい条件となります。

 

つまり、メイショウテッコンが得意な形が通じないレースである

という事です。

過去差しに回った若葉ステークスや黄菊賞では惨敗しているように
神戸新聞杯はメイショウテッコンにとって
向いていない舞台であることは間違いありません。

 



 

格上戦に弱いマンハッタンカフェ産駒、GIレベルの馬と戦えるか?

次に話したいのはメイショウテッコンのスケール感です。

メイショウテッコンは前走2番人気でG3ラジオNIKKEI賞を勝っているように
重賞を勝つだけの力を持った馬である事は間違いありません。

 

ただ、GIで通用するだけのスケール感があるかどうかと聞かれると疑問です。

マンハッタンカフェ産駒の特徴としては

“揉まれる競馬に弱い”

“相手が強くなると脆い”

という点があります。

 

メイショウテッコンの過去の成績を見てみると

格上げ戦となった京都新聞杯では5着と負けていますし
同じく格上げ戦となった若葉ステークスでも6着と負けています。

マンハッタンカフェ産駒は自分のペースで
のんびりと走れる環境で力を発揮する

という馬が多く、メイショウテッコンもその条件にあたります。

 

神戸新聞杯は日本ダービー1,2着馬ワグネリアン、エポカドーロが出走してくるので

メイショウテッコンは格負けしてしまう可能性が高くなります。

 




 

 

以上、2つの理由から

2018神戸新聞杯で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

メイショウテッコン

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

メイショウテッコンはラジオNIKKEI賞を勝ったように
重賞を勝つだけの能力を持っている馬です。

ただ、GIを意識するほどのスケール感は感じられません。

そして、差し馬が有利な神戸新聞杯に合わない脚質を持っている事から
神戸新聞杯で苦戦する可能性が高い馬だと言えます。

メイショウテッコンを馬券収支に活かすなら

“買うのではなく切る”

これが得策だと言えますね。

2018神戸新聞杯ではメイショウテッコンを切って勝負したいですね。

 

 

2018神戸新聞杯で私が注目している馬は
日本ダービーで一番のパフォーマンスを見せた、あの馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。