【スプリンターズステークス2018】過去10年のデータ分析|圧倒的に先行有利

Pocket

2018スプリンターズステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
スプリンターズステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はスプリンターズステークスが行われます。


(2017スプリンターズステークス レッドファルクス)

秋のGIの口火を切る一戦となりますが

“これからの競馬の盛り上がりを感じる”

という意味ではナンバーワンのレースかもしれませんね~

 

私的にGIレースはもちろん好きなんですが
毎日王冠、京都大賞典というスーパーG2が大好きなんですよね。

東京に住んでいる私にとっては
毎日王冠から始まる秋のGIレースは心が躍りまくるシーズン。

夏休みの初日を迎える心境です。

 

そして、スプリンターズステークスはレッドファルクスが連覇中

今年も出走を予定していますが
3連覇はかなり難しい状況の中でどこまで戦えるのか

レースとしても楽しみですね。

 




 

という事で、今週はスプリンターズステークスのデータについて話していきます。

9月に行われたセントウルステークスを最後として
夏の間に実績を出してきた馬同士の戦いとなります。

今年は波乱ムードが漂っていますが、
そんな予想し甲斐のあるスプリンターズステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

紙面の成績だけを見ていたら絶対に買えない馬
ただ、スプリンターズSの軸はあの馬以外に考えられない!!

競馬セブンではスプリンターズSにおいて関係者が
「絶対に買った方が良い」という馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてスプリンターズS3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

スプリンターズS3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

スプリンターズステークス過去10年のデータ分析

中山のスプリントコースは差しが決まりづらい

まず、最初に注目したのはスプリンターズステークスの脚質です。
以下はスプリンターズステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで7番手以下にいた馬の成績を見てみると

複勝率 18.9%  複勝回収率 60%

と、苦戦を強いられている事が分かります。

 

逆に4コーナーで5番手以内にいた馬の成績を見てみると

複勝率 32.5%  複勝回収率 132%

と差し馬とは対照的な成績になっています。

前の位置にいればいるほど
成績が良くなるのがスプリンターズステークスの特徴です。

 

中山競馬場のスプリント戦は直線の短い外回りコース

事実上コーナーを回るのが1回というようなコースになっているので
逃げ、先行馬はスタート時のアドバンテージを活かしての競馬が出来ます。

昨年のレッドファルクスは追い込みを決めて勝っていますが
このような決着になる事は極めてマレである

という事を抑えておきたいですね。

 



 

力勝負と思いきやスピード勝負!牝馬・軽量馬の好走は見逃せない

次にスプリンターズステークスでの牝馬の成績を見てみましょう。

複勝率 35.7%  複勝回収率 136%

と平均値を大きく上回って活躍している事が分かります。

昔のスプリンターズステークスは

12月の馬場が荒れている時期に行われていたので
パワー勝負になり、牝馬が苦戦していました。

しかし、9月の開催となり、馬場の状態を保つことが出来るようになったので

スピード勝負となり、牝馬の活躍が目立つようになりました。

 

ここでスプリンターズステークスにおける馬体重別の成績を見てみます。

馬体の大きい馬が活躍するスプリント戦において
500kg以上の馬が苦戦している事が分かります。

この要素からも

スプリンターズステークスがスピード勝負になっている

という事が分かりますね。

 

臨戦はセントウルステークスよりもキーンランドカップ

最後にスプリンターズステークスの前走レース別成績を見てみましょう。

セントウルステークスが1位となっていますが
回収率の面で比較をしてみると

キーンランドカップの方が好成績である事が分かります。

 

セントウルステークスの方が格式が高く
強い馬が出てくるのですが
レース間隔が詰まっている点から調整が難しいレースになっています。

昨年の勝ち馬ファインニードル、一昨年の勝ち馬ビッグアーサー

とスプリンターズステークスでは惨敗

調整の難しさが分かる過去の実績ですね。

 

以上が2018スプリンターズステークスを攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

スプリンターズステークスは中山芝1200mというコースなので

“スピードが重視されるレース”

となっています。

差しが利きづらい舞台で逃げ・先行馬が圧倒的に有利

無理に差し馬を狙わないことが得策ですね。

 

私がスプリンターズステークスで注目しているのは
脚質、臨戦共に文句のつけようがないあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。