ローズステークス2018枠順確定、有利な枠に入った馬と展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018ローズステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたローズステークスでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ここのところ何かとパワハラの問題が取り上げられていますね~

たぶん古い指導者達は「これくらい厳しくしないと選手は伸びない」
と思っているのだと思いますが
これだけ取り上げられると「俺、ヤバいかも」って思いますよね。

会社とかの関係でもそうですが、

「恐怖で支配して何かをさせる方が楽なんですよね~」

その理屈を顕在化させたのがパワハラ的な厳しさなんだと思いますが
これからは楽な道は通らせて貰えそうにありません。

 

そう考えると、調教師でも必要以上にスパルタを強いる
調教師って減ってきましたよね。

古くはミホノブルボンをスパルタでしごきにしごいた松元厩舎

ちょっと前だとクロフネ、タニノギムレット、キングカメハメハを鍛え上げ
数々の名馬を輩出しながら、早期の引退にも導いてしまった松田国厩舎

どちらも名伯楽だと言えますが、調教がハードで
競走馬の寿命を縮めてしまったことも事実です。

そんな歴史を踏まえて、現在の調教師さん達は
色々と研究を重ねて、寿命が長く、強い馬を作っているなぁと感心します。

ファンとしては名馬の故障は少なければ少ないほど嬉しいので
今後も強い馬がずっと活躍する競馬界を作って欲しいですね。

 

という事でいつも通りにローズステークス
枠順確定後の話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ローズステークス2018、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!
徹底分析して出てきた結論からローズステークスはあの馬の1強レース!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースはローズステークスとセントライト記念

ドリーム万馬券ではローズステークスの無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まずローズステークス(阪神芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・差し、追い込み馬が圧倒的に強い

・実績馬よりも条件戦あがりの馬が強い

という特徴があります。

また、天気の方ですが、阪神競馬場付近の週末の天気は
土曜日が雨で日曜日が曇りのち晴れの予報となっていますので
良か稍重馬場でのレースになりそうですね。

 

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

 

1枠1番 レッドランディーニ

エルフィンステークス3着、チューリップ賞5着と
春は重賞でも好レースを見せてきたレッドランディーニ

ディープインパクト産駒らしく
後方からの末脚で勝負するタイプの馬ですが
今回の最内枠は痛恨ですね。

外に出して脚を伸ばす形がベストの舞台なので
今回は不利な条件となりましたね。

 

2枠2番 ウスベニノキミ

フラワーカップ4着をはじめ、重賞やGIでも大敗していないウスベキノキニ

能力はそれなりにある事は実績から分かりますが
エイシンフラッシュ産駒という事で
末脚のキレがない分、差し負けしている点を考えると
今回の舞台は合いません。

先行してどこまでやれるか、ですね。

 

3枠5番 サラキア

春はクラシック出走が叶わなかったサラキア

ディープインパクト産駒らしい高い瞬発力が武器の馬で
今回のローズステークスの舞台は合いますが
枠順としてはもう少し外枠が欲しかったですね。

サラキアに騎乗する池添騎手が、どこまで上手く進路をとれるかが
好走のカギを握ります。




 

4枠6番 オールフォーラヴ

忘れな草賞を勝利してオークスでも5番人気に推されたオールフォーラヴ

オークスは負けましたが、血統的に2400mは長い側面もあり
今回再び距離短縮で持ち味を発揮する可能性は十分です。

差し馬が多い中、先行力を持っているので枠順もプラス
今回のローズステークスはオールフォーラヴにとって
真の実力を試される舞台になりそうです。

 

4枠7番 センテリュオ

前走は小倉のレースながら鋭い末脚で勝利したセンテリュオ

まだ500万条件を勝ったばかりの身ですが安定感は抜群です。
センテュリオは溜めての末脚だけでなく、道中動いてのレースが出来る馬なので
枠順としてはまったく問題ないと言えますね。

 

5枠8番 サトノワルキューレ

フローラステークスを素晴らしい末脚で完勝して
オークスでも3番人気に推されたサトノワルキューレ

器用な馬ではないので、真ん中の偶数枠は願った枠に入りました。

今までの走りを見るとローズステークスは
距離が短いように感じますが
デムーロ騎手ならサトノワルキューレを上手く導いてくれることが期待されます。




6枠10番 フィニフティ

桜花賞以来の競馬となるフィニフティ

デビュー2戦目となったクイーンカップでは
前残りの流れを差しているように
瞬発力を保持しているタイプの馬で
今回の6枠10番という枠順も問題ありません。

あとは久々の分どうか、という点だけですね。

 

6枠11番 トーセンブレス

桜花賞4着ながら、オークスを取り消しとなってしまったトーセンブレス

GIでもしっかりとした末脚を見せている馬で
馬群に入っても抜け出してこられる根性も持っているので
もう少し内目でも良かったと思いますが
後方からの末脚が活かせる外枠は悪くありません。

久しぶりの競馬がどうか、だけですね。

 

7枠13番 カンタービレ

フラワーカップ勝ちのあるカンタービレ
距離適性を考慮して使われたオークスでは見せ場なく13着と惨敗。

ローズステークスとして、外枠は悪くありませんが
カンタービレ自身、鋭い末脚を使ったことはなく
ローズステークスに合った競馬が出来るかどうかは未知数です。

 



 

展開予想のポイント

展開のポイントは

”末脚自慢揃いのディープ祭り”

という点です。

ローズステークスが末脚だけの勝負になる事は
各陣営も理解をしているはずなので

その条件にあった末脚鋭いディープ産駒が勢揃いしました。

これだけ差し・追い込み馬が揃うと
逆にレースのバランスとしては

「逃げ・先行馬が有利」

というパターンに変わる可能性は十分に考えられそうです。

差し馬が人気を攫いそうなので、
人気薄の先行馬を狙っていきたいですね。

 

 

まとめ

2018ローズステークスで良い条件の枠をゲットしたのは

4枠6番 オールフォーラヴ

6枠10番 フィニフティ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

例年差し・追い込み馬が有利なレースですが
今年はメンバー構成的に前に行く馬が面白そうですね。

 

私が2018ローズステークスで注目している馬は
ここは本格化が顕著なあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。