【神戸新聞杯2018】過去10年のデータ分析|上がり3ハロンのみに注目せよ!

Pocket

2018神戸新聞杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
神戸新聞杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は菊花賞トライアルの神戸新聞杯が行われますね。


(2017神戸新聞杯 レイデオロ)

今現在では、神戸新聞杯は阪神芝2400mという条件で行われて
菊花賞の最重要トライアルレースとなりましたが
昔は京都新聞杯が菊花賞のメイントライアルだったんですよね。

京都新聞杯 京都芝2200m

神戸新聞杯 阪神芝2000m

という形で開催されていました。

 

マヤノトップガンやマチカネフクキタルのように
双方のトライアルに出走して菊花賞で結果を出す

みたいな馬もいて、結構好きな番組編成だったんですけどね。

現在のようにセントライト記念と神戸新聞杯という
両輪でトライアルが行われているので
その流れには従うしかありませんね。

昨年は本命、対抗の1点勝負で仕留めたレース

今年も頑張っていきましょう!!




 

という事で、今週は神戸新聞杯が行われます。

菊花賞トライアルとして最重要に位置づけられているレースらしく
阪神芝2400mという実力勝負となる舞台で行われます。

過去の成績を見てみると堅い決着になっていることが多いので
無理な穴狙いは禁物ですね。

そんな予想し甲斐のある神戸新聞杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ワグネリアン、エポカドーロに間に割って入るのはあの馬
神戸新聞杯の軸はこの馬以外に考えられない!!

競馬セブンでは神戸新聞杯で抜群の動きを見せて
好走が確実視される有力馬情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして神戸新聞杯3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

神戸新聞杯3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

神戸新聞杯過去10年のデータ分析

先行馬受難のレース、差し馬が圧倒的に有利

まず、最初に注目したのは神戸新聞杯の脚質です。
以下は神戸新聞杯での4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで番手が下がれば下がるほど
回収率をどんどん上げている事が分かります。

阪神芝2400m戦は外回りの直線の長いコースなので
神戸新聞杯に限らず差しが決まりますが

神戸新聞杯ではその傾向が顕著です。

 

もう一つ過去10年の神戸新聞杯における上がり3ハロン別順位を見てみましょう。

上がり3ハロンの順位が1位の馬は複勝率100%

そして、上がり2位の馬を見てみても複勝率87.5%

と、とにかく上がりの3ハロンの末脚が速い馬だけが
馬券に絡んでいる事が分かります。

 

トライアルレースだとスローペースになって
前残りの流れになる事が多いのですが

神戸新聞杯はスローペース関係なしの単純な上がりの勝負

という事を前提に予想を組み立てる必要がありますね。

 



 

阪神芝2400mは単純な地力勝負!強い馬を買おう!

次に神戸新聞杯での前走クラス別の成績を見てみましょう。

回収率こそイマイチですが、日本ダービーを使っている馬が
圧倒的多数で馬券に絡んでいます。

菊花賞の最重要トライアルレースなので
当然、世代トップの馬が出走してきます。

昨年のキセキのように上がり馬が走る事もありますが
大原則として実績馬が活躍するレースです。

また、ラジオNIKKEI賞から出走してきた馬の成績が良い点も見逃せないですね。




 

日本ダービーでハイパフォーマンスを見せた馬を素直に買おう!

前章で日本ダービー組が馬券に絡む数が圧倒的に多い

という事を話しましたので、日本ダービーでどんな走りをした馬が
神戸新聞杯で馬券に絡んでいるのか見てみましょう。

 

最初に日本ダービーでの着順別成績を見てみましょう。

日本ダービーを勝った馬は連対率100%とパーフェクト

日本ダービー2着だった馬も連対率83.3%と
ほぼパーフェクトに近い成績を残しています。

日本ダービーがピークだった馬も神戸新聞杯まではお釣りがある

という位置づけになっていて、このレースを最後に
活躍できなくなってしまったような馬も馬券に絡んでいます。
(ちなみにワンアンドオンリーのことです)

日本ダービーの勢いは神戸新聞杯まで持続する

という事を覚えておきたいですね。

 

神戸新聞杯では上がり3ハロンの末脚が大切になりますが
最後に日本ダービーでどれくらいの末脚を見せたのかを見てみましょう。

日本ダービーでの上がり3ハロンの成績を見てみます。

上がり3ハロンが1位だった馬は連対率100%

2位だった馬も複勝率が83.3%

と、非常に高い数値を見せています。

成績を見てみると、着順とリンクしていますね。

上がり3ハロンが1,2位で1着か2着だと鉄板

と言えるかもしれませんね。

 

以上が2018神戸新聞杯を攻略するための主たるデータです。

 



 

まとめ

菊花賞の最重要トライアルとなるレースですが

“末脚勝負の競馬になる”

ということを覚えておくといいでしょう。

 

私が神戸新聞杯で注目しているのは
堅いながらも鉄板だと言えるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。