【セントライト記念2018予想】ギベオンが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018セントライト記念に出走を予定している
ギベオンが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

キタサンブラックが引退して以降
ちょっと核になる馬がいなくてピリッとしまりませんね~

 

日本最強馬に一番近いのは

スワーヴリチャード

だと思いますが、なんか地味なんですよね~

個人的にはレイデオロの方がスケール感があって好きなんですけど、
残念ながら先細り感がちょっとありますよね。

藤沢厩舎特有のゆったりした感じというか…

3歳牝馬の中では無敵の存在であるアーモンドアイが
久しぶりに女帝として競馬界に君臨するのか?

ワグネリアン、エポカドーロといったダービー上位組が
日本競馬会を引っ張る存在になるのか?

今年の秋は日本競馬界のリーダーを待つシーズンになりそうですね。

 

という事で、セントライト記念の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

セントライト記念を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースはセントライト記念とローズステークス

FUN競馬ではセントライト記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はセントライト記念が行われます。


(写真は2017セントライト記念 ミッキースワロー)

セントライト記念は菊花賞トライアルの中でも
地味なレースでしたが、ここ3年はキタサンブラックをはじめとして
GIでも活躍できる馬を輩出しているレースです。

今年のセントライト記念も実績馬が集まっているうえに

レイデオロの弟 “レイエンダ”

が3戦3勝という実績を引き下げて出走してきます。

 

過去走って3戦はすべて楽勝だっただけに

もしかしたらスワーヴリチャード、レイデオロ
アーモンドアイ、ワグネリアン、エポカドーロを

すべて乗り越えて日本最強馬に躍り出るかもしれない。

というくらいに期待が膨らむ馬なので楽しみですね。

レイエンダ以外にも実力馬が揃っていて、
どこからでも狙えそうなレースですが
より回収率を高めるために、相手を絞って馬券を買いたいところ。

という事で、私がセントライト記念で最も馬券を買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018セントライト記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ギベオン

です。

 

 

ギベオンは4戦して2勝2着2回と一度も連対を外していない馬です。

そして、その2着もNHKマイルカップ、毎日杯と
GIを含む重賞レースという事で
その能力の高さがうかがえる馬です。

春の実績からセントライト記念2018でも人気になりそうな存在です。

 

そんな、ギベオンがなぜ2018セントライト記念で
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

セントライト記念のコース分析

セントライト記念2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

セントライト記念2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

ギベオンの不安要素

ディープインパクト産駒が苦手な中山芝2200m戦

ギベオンの父親はリーディングサイアーである
「ディープインパクト」ですが

ディープインパクト産駒はセントライト記念で苦戦を強いられています。

 

以下はセントライト記念の過去10年における種牡馬別の成績です。

全体で3位と順位だけ見るといいように見えますが

「複勝率の低さ」と「複勝回収率」の低さは
上位に名を連ねる中でも飛びぬけて低い数値となっています。

セントライト記念が行われる中山芝2200mは
直線での坂越えを2度経験するタフなコースです。

対するディープインパクト産駒はスピードと瞬発力を武器としている馬で
パワーが必要な舞台、タフな舞台は最も苦手としている馬です。

 

ギベオンのレース内容を見ると、パワータイプのディープ産駒ではなく

スピードと瞬発力を信条とする典型的なディープ産駒

 

能力の高さは認めても、舞台適性の弱さは疑いようがありません。

 



 

後方からの末脚勝負はセントライト記念には合わない

次に話したいのはギベオンの脚質です。

ギベオンは道中で脚をためて直線で末脚勝負をするタイプの馬です。

 

ここでセントライト記念における脚質別の成績を見てみます。

以下は過去10年セントライト記念での4コーナーでの順位別成績です。

圧倒的に先行馬が有利

というデータが出ています。

 

ギベオンはNHKマイルカップでは5番手で競馬をしているので
同じような競馬が出来ればチャンスは十分にありますが
前走はデムーロ騎手が騎乗したことでの好判断がありました。

今回は戸崎騎手が手綱を取る予定

GI2着ですでに賞金が足りているギベオンにとって
無理やり前に出して競馬を進めていく可能性は低いと言えます。

 

そして、今回はジェネラーレウーノ、タニノフランケル
ケイティクレバーなどの逃げ馬が揃っています。

出走メンバーから見ても
ギベオンが先手を奪っていく可能性は低く
追走していく中でスタミナをロスして末脚が鈍る

という可能性は十分に考えられます。

 




 

 

以上、2つの理由から

2018セントライト記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ギベオン

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

ギベオンはNHKマイルカップで2着に入ったように
GIでも通用する能力を持っている馬です。

ただ、中山2200mは本質的に向いていない点

脚質がセントライト記念に向いていない点

など、セントライト記念で走れる材料は極めて乏しく

セントライト記念で苦戦する可能性が高い馬だと言えます。

ギベオンを馬券収支に活かすなら

“買うのではなく切る”

これが得策だと言えますね。

2018セントライト記念ではギベオンを切って勝負したいですね。

2番人気濃厚なのでワクワクしますね。

 

 

2018セントライト記念で私が注目している馬は
スタミナ勝負で真価を発揮しそうな、あの伏兵馬です。

荒れてほしいですね~

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ