【ステイヤーズステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【ステイヤーズステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではステイヤーズステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

ステイヤーズステークスは日本で最長距離となる重賞レースです。


(写真は2017ステイヤーズステークス アルバート)

ステイヤーズステークスは日本で最長となる3600mという
距離を走る名物重賞です。

距離が長いうえに、タフな中山競馬場で行われるレースなので
ただ能力が高いだけでは好走できないレースとなっています。

ここ3年はアルバートの3連覇しており
中距離馬は出走すらしてこないので、例年少頭数での競馬になっています。

そういった面からも適性がないと好走できないレースであることが伺えますね。

そんなステイヤーズステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

アドマイヤエイカン 5.2倍
リッジマン 8.4倍
コウキチョウサン 北村宏司 21.8倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

準オープンを勝った アドマイヤエイカン

前走の古都ステークスでは完勝を収めたアドマイヤエイカン

もともと上位クラスである札幌日経オープンで2着があるように
能力的にはオープンクラスでも十分に通用する馬です。

スタミナ豊富な馬なので中山芝3600mという特殊条件である
ステイヤーズステークスは適性がある舞台ですし
ここでアドマイヤエイカンの才能が開花する可能性は十分にあります。

長距離には強い リッジマン

前走の丹頂ステークスではコルコバードとの叩き合いを制して
見事に復活の勝利を飾ったリッジマン

春のダイヤモンドステークスでも2着の実績があるように
長距離のレースでは安定した力を発揮している馬です。

裏を返せば「中距離で通用するスピードがない」
という事にもなりますが、今回は3600mのステイヤーズステークス

リッジマンの持ち味をフルに発揮できそうな舞台ですね。

オジュウチョウサンの弟 コウキチョウサン

いま日本で一番話題になっている馬である
オジュウチョウサンの弟であるコウキチョウサン

オジュウチョウサンと比較してしまうのはかわいそうですが
陣馬特別の勝ちっぷりは非常に優秀で
長距離戦であるステイヤーズステークスで才能を開花させる可能性は十分にありそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだステイヤーズステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック