【セントライト記念2018】過去10年のデータ分析|上がり馬か?実績馬か?

Pocket

2018セントライト記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
セントライト記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は菊花賞トライアルの「セントライト記念」が行われます。


(2017セントライト記念 ミッキースワロー)

 

毎年、神戸新聞杯と比べると層が薄くなるセントライト記念ですが

昨年は皐月賞アルアインの参戦で盛り上がりましたよね~

菊花賞はグチャグチャの不良馬場でのレースだったので
残念ながら結果には繋がりませんでしたが
良馬場で行われていたらミッキースワローかアルアインは
馬券に絡んでいたんだろうなと思うようなレースぶりでした。

過去にはキタサンブラックやディーマジェスティといった
GI馬も勝っているので、意外にバカに出来ないレースですよね~

 

今年のセントライト記念はギベオン、コズミックフォース、ジェネラーレウーノといった、
春のクラシックで上位を賑わした馬が出走する予定になっています。

真打ちはワグネリアン、エポカドーロ、ブラストワンピース

この3頭だと思いますが、菊花賞という舞台なら
十分に太刀打ち出来るメンバーでのセントライト記念となります。

 




 

という事でセントライト記念のデータの話しにいきましょう。

セントライト記念は中山芝2200mで行われるレースですが

タフなコース設定でパワー勝負となるレースです。

 

見ごたえのありそうなレースですが
そんなセントライト記念でいい予想をすべく
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年のセントライト記念は

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

セントライト記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

セントライト記念を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースはセントライト記念とローズステークス

FUN競馬ではセントライト記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

セントライト記念過去10年のデータ分析

パワー勝負の舞台は末脚勝負になりづらい!

まず、最初に注目したのはセントライト記念の脚質です。
以下は過去10年のセントライト記念における4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

“逃げ・先行馬が優勢”

だと言えます。

 

セントライト記念は中山競馬場芝2200mという舞台のレース

オールカマーやAJCCなどが行われている舞台ですが
この舞台はスピード勝負にはならず、力の勝負になるので
後方からの直線一気というパターンは決まりづらくなります。

昨年勝ったミッキースワローも内で脚を溜めて
直線で抜け出すというようなロスのない競馬で差しきっているように

“原則として先行馬が有利”

なレースになっています。

 

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり3ハロン1位~3位の馬はかろうじて
複勝回収率100%を超えていますが

平均値から比較すると低調な成績に終わっています。

 

前々で競馬をした馬が圧倒的に有利である点を
念頭に置いて予想を組み立てていきたいレースですね。

 




 

非力なディープインパクト産駒は苦戦!パワー型の種牡馬を狙え!

次にセントライト記念の種牡馬別成績を見てみます。

過去10年で6頭馬券に絡んでいる
ディープインパクト産駒は
複勝率、複勝回収率共に低迷しており目に見えて成績が悪い事が分かります。

先ほども話した通り、中山芝2200mはパワー勝負の舞台

スピード能力は高いものの非力な
ディープ産駒は適性がない舞台

なので、成績を残せていません。

 

1位のステイゴールドはオルフェーヴルやゴールドシップなど
パワータイプの馬を輩出する種牡馬ですし

トーセンホマレボシやブラックタイドといった
スピードに欠ける馬が活躍しているのも
パワー重視のレースである事を証明しています。

 

ちなみに枠順別成績を見てみると

と、枠順毎の有利不利はありません。

内枠、外枠はそれほど神経質に考えなくても良さそうですね。

 



 

混戦必至な非根幹距離のレースは地力がものを言う

次にセントライト記念の前走頭数別成績を見てみましょう。

前走から頭数減で出走した馬の成績が一番良いです。

2000mや2400mといった根幹距離のレースは
伸び伸びと走れて、能力を発揮しやすい舞台ですが

2200mのような非根幹距離でのレースは
隊列が崩れやすくごちゃつきやすくなります。

ですので、前走多頭数の競馬(ごちゃごちゃする競馬)を経験した馬の方が
混戦になりやすいセントライト記念を走りやすい

という事が分かります。

キャリアは重要ですね。

 

最後にセントライト記念の前走クラス別成績を見てみます。

前走でGI、G2を使った馬が分かりやすく成績が良いです。

 

GIやG2などレベルの高いレースになればなるほど厳しい競馬になります

タフなレースへの経験値を重ねた馬は
セントライト記念の舞台適性が高くなります。

GI、G2を使っているという事は

“単純に持っている能力が高い”

 

という事も言えるので

そういった点からも要注意ですね。

 




 

以上が2018セントライト記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

セントライト記念は中山競馬場で行われるレースで

差し・追い込み馬が不利なレースです。

ですので、近走でキレのある末脚を見せている馬よりも
先行してパワーで押しきるような馬力タイプの馬が強いレースです。

それだけにディープインパクト産駒は苦戦しているので

ステイゴールドやサンデー系の地味な種牡馬など
パワーが優勢な馬を狙っていくと期待値の高い馬券を買えそうですね。

 

 

私がセントライト記念で注目しているのは、
パワーを持ち味としていて、ここは合いそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。