なぜ秋華賞の勝ち馬はローズステークス組から紫苑ステークス組へと移ったのか?

Pocket

3歳牝馬GI秋華賞を予想するにあたり
ここ2年の勝ち馬がなぜローズステークス経由の馬ではなく
紫苑ステークス経由の馬になったのか、を分析していきます。

ローズステークスから秋華賞に向かうメリット・デメリット
紫苑ステークスから秋華賞に向かうメリット・デメリット

についても言及していきながら
秋華賞で好走するであろう馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は秋華賞トライアルである紫苑ステークスが行われます。

そして、次の週には秋華賞トライアルのローズステークスが行われます。


(2017秋華賞 ディアドラ)

クラシック(厳密にいうと秋華賞はクラシックではありませんが)の
トライアルレースが始まると気分の高まってきますが

秋華賞トライアルである

「ローズステークス」と「紫苑ステークス」

の位置づけが最近少し変わりつつありなぁ、と感じます。

 

というのも、ここ2年は紫苑ステークスに出走した馬が
秋華賞を勝っているんですよね~

なぜ、こんな逆転現象が起きているんでしょうか?

 

秋華賞を予想する上でかなり重要な要素を占める事になると思いますので

ローズステークスと紫苑ステークスの違い

そして、それぞれのメリット・デメリットなどを話していきたいと思います。

 




 

秋華賞のトライアルはどちらが優れているのか?

秋華賞の激戦に耐えうる経験が出来る紫苑ステークス

まずは紫苑ステークスというレースについて見ていきたいんですが

2016年には紫苑ステークス2着だった ヴィブロス が秋華賞を勝利
そして、紫苑ステークスで5着に敗れた パールコード が秋華賞で2着

2017年には紫苑ステークス勝った ディアドラ が秋華賞を勝利

と、素晴らしい成績を残しています。

 

その要因として挙げられるのが

“重賞に昇格した”

という事が挙げられます。


(2016年紫苑ステークス 勝ち馬ビッシュ)

以前の紫苑ステークスではオープン特別だったので
秋華賞で勝ち負けできるレベルの馬が集まらず

“桜花賞におけるアネモネステークス”

のような役割を果たすレースでした。

重賞に昇格したことで1着賞金が大幅に増えて
2着でも本賞金を加算出来るようになったので
トライアルレースとして好まれるようになった。

これは紫苑ステークスが秋華賞との関わりが深くなった

という理由の一つであることは間違いありません。

 

ただ、理由はこれだけでしょうか?

紫苑ステークスは中山競馬場で行われるレースです。

関西馬であるディアドラやヴィブロス、パールコードという強豪が
本番が地元の京都で行われるにも関わらず
わざわざ馬に負担をかけて中山遠征までする必要があるでしょうか?

いや、ないはずです。

となると紫苑ステークスが重賞に昇格した以上に
秋華賞との関わりが深くなった理由は他にあるはず。

 

私は紫苑ステークス組が活躍するようになった一番の理由は

中山芝2000mというタフなコースが
京都競馬場芝2000m内回りというコースと相関性が高いから

だと思っています。

 

秋華賞が行われる京都芝2000mは

コースを1周する形態であると同時に内回りコースで
後続の馬が早めに仕掛けてくるタフなコース

となっています。

紫苑ステークスが行われる中山芝2000mもコースを1周する形態で
中山の急坂を二度超えなくてはいけないタフなコースになっています。

 

つまり、秋華賞のいい練習台になる訳です。

 

野球に例えるなら、

カーブの得意なピッチャーと試合で戦うのに
練習で速いストレートが持ち味のピッチャーにストレートを投げてもらうよりも
カーブを投げられるピッチャーにカーブを投げてもらった方が
本番で打てる確率が上がるのと同じです。

 

今までの紫苑ステークスはオープン特別だったため
そもそものレベルが違いすぎて良い練習をしても太刀打ちできませんでしたが

重賞に昇格して互角に戦えるメンバーが揃ってきたので
練習台として優れている紫苑ステークスが優勢になってきた

と、結論付ける事が出来ます。

 



 

本番に向けて体力を温存できるローズステークス

紫苑ステークスの優れている点を話してきましたが

ローズステークスを使うメリットはないのでしょうか?

メリットがないかと言われれば

「あります」

と答えます。

 

ローズステークスのメリットは

「体力を残して秋華賞に出走できる」

という事です。

 

まず最初に開催場所が挙げられます

ローズステークスは阪神芝1800mという条件で行われます。

ローズステークスの最大の傾向は

上がり3ハロンのタイムが速い馬が馬券に絡む

という点。

つまり、道中はゆったりとしたペースで走り
直線だけ頑張って走る

という形でのレースになります。


(2017年ローズステークス 勝ち馬ラビットラン)

 

なので、レースでの消耗が極めて少ないんですね。

先ほどと同じく野球で例えてみると

絶対に勝ちたい次の大試合に向けて
先発から70球と球数を決めて規定投球数だけ投げる

という感じです。

大試合に向けて疲労を残さずに
万全の体制で出走できるように調整できるのが
ローズステークスの強みだと言えますね。

ちなみに関西馬にとっては

関西 → 関西

という地元圏のレースなので、輸送によるダメージも少ない

というのもローズステークスのメリットだと言えますね。


(2012年ローズステークス 勝ち馬ジェンティルドンナ)

 

ちなみにデータを見てみると

ローズステークスはオークスから出走してきた馬の
回収率がそれほど良くない

という結果が出ていますが、その結果は

ローズステークスに出走する馬は秋華賞に向けて
7~8割の仕上げで出ている事の証明でもあります。

 

つまり、紫苑ステークスが本番さながらの実戦練習だとすれば

ローズステークスは本番に向けた調整

という形ですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

女性を口説くのは天性の才能が必要なのではなく
技術を身につければ、付き合う事が出来るようになる!!

意中の女性になかなか話しかけられない。

そんな事で困っている人は是非
この無料メールマガジンで女性を口説くノウハウを手に入れてください。

女性を口説く方法を知るならここをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

紫苑ステークスとローズステークス、どちらが有利なのか?

と、ここまで紫苑ステークスとローズステークスの
メリットを話してきました。

まとめると

< 紫苑ステークス >

メリット:秋華賞のタフなレースに沿った真剣で濃厚な練習ができる。

デメリット:タフなレースになりやすい分、疲労が残りやすい

 

< ローズステークス >

メリット:秋華賞で力を100%出すべく、体調を調整しやすいレース

デメリット:軽いレースになるので、タフなレースに変わると対応が利かない

という感じですね。

 

では、どちらのローテーションが有利なのか?

と、聞かれれば

 

“紫苑ステークスのローテーションの方が有利”

と答えます。

夏場もずっと走ってきた馬の場合は

紫苑ステークスで激走してしまうと
疲労を残す可能性がありますが

秋華賞を狙うような実力馬は
休み明けで出走するか、条件戦を楽勝してきた馬なので

紫苑ステークスが激しい競馬だったとしても
体力的に耐えられる可能性が高いと言えます。

ですので、体力を残して体調を整えられるローズステークスよりも
紫苑ステークスで得られる経験値の高さの方が優位です。

 

現段階ではローズステークス組の方が重宝されがちなので
紫苑ステークス組から狙っていきたいですね。

 

以上が秋華賞におけるローズステークス組と紫苑ステークス組の違いの検証です。

 




 

まとめ

昔は秋華賞の前哨戦といえばローズステークスONLYでしたが
重賞に昇格した事で紫苑ステークスの存在が大きくなってきました。

< 紫苑ステークス >

メリット:秋華賞のタフなレースに沿った真剣で濃厚な練習ができる。
デメリット:タフなレースになりやすい分、疲労が残りやすい

< ローズステークス >

メリット:秋華賞で力を100%出すべく、体調を調整しやすいレース
デメリット:軽いレースになるので、タフなレースに変わると対応が利かない

と言えますが、秋華賞を狙うような実力馬は
休み明けで出走するか、条件戦を楽勝してきた馬なので

“紫苑ステークスのローテーションの方が有利”

と言えまね。

今後は紫苑ステークス組を狙いたいですね。

 

 

私が毎週の重賞で注目している馬をブログランキングで公表しています。

もちろん秋華賞、ローズステークス、紫苑ステークスと
どのレースについても注目馬を公表していますので参考にして下さい。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。