ブラストワンピースは菊花賞2018では不要?新潟記念の薄い内容の競馬に物申す!

Pocket

ここでは菊花賞2018で人気になるであろうブラストワンピースについて
新潟記念のレース内容は合格点だったのかを分析していきます。

ルージュバック、グレーターロンドンと異端のローテーションを続ける
大竹厩舎の判断力についてもお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

先週の新潟記念ですが、1番人気のブラストワンピースが快勝しましたね。

週頭には3歳馬の連対ってないし
日本ダービーからのローテーションって嫌だし
ちょっと評価を下げようかなぁ

なんて思っていましたが、

ブラストワンピースのレースぶりを見れば見るほど来ない絵が想像できず

ブラストワンピースを買う事にしました。

圧倒的な人気のブラストワンピースを買うという事で
潔く馬連1点で勝負!!

 

ローテーションと舞台適性が抜群だったメートルダールを本命にして
なんとか的中することが出来ました。

「馬券が当たりましたね、チャンチャン!」

で、済ませればよかったんですが

新潟記念のブラストワンピースのレースぶりが
めちゃくちゃ不満だったので、訴えたくなりブログに書いてみました。

はっきり言ってしまうと

「ひどい、騎乗だった」

ので、そのあたりの見解について

そして、菊花賞に向けての見解を話していきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

女性を口説くのは天性の才能が必要なのではなく
技術を身につければ、付き合う事が出来るようになる!!

意中の女性になかなか話しかけられない。

そんな事で困っている人は是非
この無料メールマガジンで女性を口説くノウハウを手に入れてください。

女性を口説く方法を知るならここをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ブラストワンピースの新潟記念レースぶりと菊花賞への展望

新潟記念におけるブラストワンピースのレースぶりについて

ブラストワンピースは新潟記念では1枠1番という最内枠からの競馬でした。

スタートはゆっくりと出ていくと徐々に後方へ下げて
後方3番手から先頭を追走

直線では大外に出して追い出すと
徐々にエンジンがかかり、直線半ばで先頭を捉えてあとは独壇場

着差こそ1馬身3/4差と大差はつけませんでしたが
明らかに力の差があるよ、というような内容で完勝でした。

2着には最後方から競馬を進めたメートルダール
3着には後方2番手から競馬を進めたショウナンバッハが入り

道中で後ろから3頭手以内にいた馬が1~3着を独占と
典型的な前崩れの競馬になりました。
(ちなみに4,5着も道中後方から4,5番手)

ブラストワンピースはこの前崩れの流れに逆らうことなく
鮮やかに新潟記念を制覇した

というのが、新潟記念におけるブラストワンピースのレースぶりですね。

 



 

今しか見れない大竹厩舎、何の目的で新潟記念に出走したのか?

新潟記念におけるブラストワンピースのレースぶりは十分に合格点だと言えます。

ただ、それは“新潟記念を勝つ”という目的においてだけです。

 

菊花賞を勝つためのレースとしてはどうだったかと聞かれれば

「菊花賞を勝つためのレースとしては0点だった」

と、答えざるを得ません。

 

そもそも何で大竹厩舎は菊花賞の前哨戦として新潟記念を選んだのでしょうか?

新聞などではレース間隔を取るためとなっていますが
レース間隔を取ることがブラストワンピースにとってプラスとはどうしても思えません。

エポカドーロのように前向きな気性で
春シーズンに激走を続けて来ているならまだ分かりますが
ブラストワンピースはデビューからの3戦は全て楽勝

強い相手と激しい競馬をしたのは日本ダービーのみです。

と考えればわざわざ新潟記念に出る必要はなかったのですが
まあ、それは良しとしましょう。

 

私が一番気になったには新潟記念と菊花賞という2つのレースの質の差です。

新潟記念は新潟外回り2000mというコースで
広くて長い直線を伸び伸びと走れるレース

対する菊花賞は京都芝3000mのGIレース。
一応は外回りコースで直線はそこそこ長くはありますが

非根幹の距離という事でタフさが求められる上に
GIという事で出走各馬が勝負を仕掛けてくるレースで
道中の出入りが激しく、さらにタフさが増すレースです。

 

菊花賞では激戦になる事が分かり切っている訳ですから
新潟記念で楽な競馬をさせることは
タフな競馬に耐えうるだけの免疫を奪う事になります。

ブラストワンピースが菊花賞に出走して馬群に揉まれたりすれば
大幅にパフォーマンスを落とすことは明白で
新潟記念に出走した事はデメリットでしかありません。

 

そう考えるとブラストワンピースに騎乗した池添騎手も酷い騎乗でした。

菊花賞の事を考えれば、多少無理してでも
先行集団に取り入って、長い直線を粘り込む

というようなタフな競馬を経験させた方が絶対にプラスです。
(たとえ負けても、です)

そういう経験をさせるために新潟記念を選んだのだと思っていましたが
フタを空けてみれば最後方に下げて大外に出して差す

という新潟記念を勝つためだけの課題の見えない競馬。

 

菊花賞を勝つためにはどうするべきか?

みたいな考えが大きく欠如しているんですよね。

 

2016年のセントウルステークスを勝った
ビッグアーサーも同じパターンで本番失敗した組です。

スプリンターズステークスで好走するべく
トライアルレースをこなさなくてはいけないのに

折り合いも考えず、馬群で我慢することも教えず
ただスピードに任せての逃げ切り勝ち

本番では1番人気に推されて12着惨敗

と、本番に向けた準備を怠ったことで大敗を招いてしまいました。

元騎手の藤田伸二さんがこの騎乗について以前テレビで語っていました。

「一流の馬はGIを最大の目標として頑張っている。
だからトライアルはGIに向けて準備をするレースにしなくてはならない」

まったくその通りなんですよね。

 

武豊騎手やデムーロ騎手、ルメール騎手はそのあたりを良く分かっています。

2016年の神戸新聞杯に2番人気で出走したエアスピネルと武豊騎手

このレースで武豊騎手はエアスピネルにとって明らかに距離の長い菊花賞を
どう戦うかという課題をクリアするべく
今まで一度もやっていなかった後方からの競馬でエアスピネルの脚を計りました。

結果は5着と神戸新聞杯では期待を裏切りましたが
距離不適の菊花賞で距離ロスを抑えたギリギリの騎乗を見せて3着に食い込みました。

結果からいうとただの3着ですが
武豊騎手の英知が集約された素晴らしいレースでした。
(神戸新聞杯からの関連性を含めて)

 

新潟記念のブラストワンピースは明らかに前者です。

菊花賞トライアルという認識がなく
今しか見えていないようなレースぶりは
菊花賞に向けて大きなマイナス要素を残した、と言えます。

 

大竹厩舎は過去にルージュバックという馬で
何度も今回と同じような失敗を繰り替えているのに
新潟記念でもブラストワンピースに同じ負荷を与えてしまっている事が残念でなりません。

 




 

レベルの低い相手と戦う事はGIにとってプラス?

もう1点、ブラストワンピースが菊花賞を勝つために
新潟記念を選択した事がプラスにならない理由があります。

それは弱い相手と戦っている点です。

 

競走馬はレースを使えば使うほど消耗していくもの

それは間違いありません。

だからといって、弱い相手とばかり戦っていると
自身のレベルが上がりません。

 

他のスポーツとかで考えてみると一目瞭然です。

例えば、高校野球で甲子園を狙う強豪校が
練習試合でコールド勝ち出来る相手と戦うでしょうか?

戦わないですよね?

例え負けたとしても、強い相手と戦って
自分達の更なるレベルアップを図り甲子園予選に向かうはずです。

漫画「ヒカルの碁」でも強い相手と戦わないとレベルが上がらない
という明記がある通り、プロスポーツに限らず
勝負事というのは強い相手と高いレベルの戦いをする事で
自分の実力を高めていくものです。

 

自分より弱い相手と戦うという事は

「自分のレベルを下げている」

事と同じです。

神戸新聞杯に出走していれば
エポカドーロやワグネリアン(こちらは出走未定)といった
世代トップの馬と戦う事が出来て
ブラストワンピースのレベルは上がります。
(消耗度合いが大きいというデメリットも当然ありますが…)

 

大きな目標を目指すのに当たって
楽な道ばかりを選択するのは

「近道のように見えて遠回り」

今回弱い相手と戦ったブラストワンピースにとって
新潟記念は得るもののないレースだった

といわざるを得ません。

 




 

まとめ

日本ダービーではワグネリアン、エポカドーロと僅差の競馬を繰り広げて
世代トップの力を見せているブラストワンピース

その能力はGIを取るのに十分なものがありますが

新潟記念を使ったこと、そして新潟記念で楽な競馬をした事は
ブラストワンピースにとってマイナスしかありません。

過去にはルージュバック、グレーターロンドンと
異端なローテーションでGI獲りのチャンスを潰してしまった大竹厩舎ですが

“今回のブラストワンピースでも同じ過ちを繰り返している”

と言えます。

素質に恵まれ、能力の高い馬ですが
菊花賞2018では割り引きせざるを得ませんね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
そのレースの肝となるポイントも話しているので、是非見てください。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。