【紫苑ステークス2018】過去10年のデータ分析|上がり馬か?実績馬か?

Pocket

2018紫苑ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
紫苑ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週からいよいよ中山、阪神開催ということで
競馬界にとって熱い時期が戻ってきますね。

その一発目を飾るのは「紫苑ステークス」です。

 


(2017紫苑ステークス ディアドラ)

 

紫苑ステークスは2年前から重賞に昇格したレースですが
ここ2年での勝ち馬が

2017年 ディアドラ

2016年 ビッシュ

と、オークスで上位に入った実績のある馬が勝利をしています。

 

後で話しましたが、紫苑ステークスの過去10年のデータを見てみると

“実績馬よりも上がり馬”

という感じなんですよね~

重賞に昇格したことで出走馬のレベルが上がって
ディアドラやビッシュのような実績馬が走るようになったのか?

それともここ2年はたまたまなのか?

かなり興味深いところですよね。

 

今年はオークス、桜花賞で共に5着のマウレアが出走します。

 

果たしてここ2年の傾向通りに好走するのか?

見どころはたっぷりとありますよね。

 




 

という事で紫苑ステークスのデータの話しにいきましょう。

紫苑ステークスは開幕週の中山芝2000mで行われるレースですが

中山コースらしいタフな勝負になるレースです。

 

見ごたえのありそうなレースですが
そんな紫苑ステークスでいい予想をすべく
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年の紫苑ステークスは

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

紫苑ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

セントウルステークスを完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースはセントウルステークスと京成杯オータムハンデ

FUN競馬ではセントウルステークスの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

紫苑ステークス過去10年のデータ分析

開幕週にも関わらず、逃げ・先行馬が通用しないタフなレース!

まず、最初に注目したのは紫苑ステークスの脚質です。
以下は過去10年の紫苑ステークスにおける4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

“逃げ・先行馬の成績が低調”

だと言えます。

 

冒頭でも話したように紫苑ステークスは開幕週で行われるレース

通常で考えれば前で競馬をする馬が有利なはずですが
紫苑ステークスに関してはそのようになっていません。

紫苑ステークスの舞台である中山芝2000mのレースは
ゴール前の直線からスタートとなるレース

直線の急坂を2度超えなくてはいけないタフなコースなので
3歳牝馬にとってはかなり厳しい舞台です。

そのうえ、秋華賞にどうしても出走したいという馬が出てくるので
レースも激戦になりやすく前にいる馬には厳しい展開になる。

という事が言えますね。

 

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がりの速い馬が順当に好成績を残しています。

 

このデータからも差し馬が有利

という事が分かりますね。
(開幕週なので極端な追い込みは苦しいですね)

 




 

実績馬が有利?上がり馬が有利?重賞昇格での傾向替わりに注意

次に紫苑ステークスの前走クラス別成績を見てみます。

前走でオープンクラス以上のレースを走った馬が
複勝回収率50%以下と苦戦している反面

前走で条件戦を走っていた馬の複勝回収率は72%と高い数値を示しています。

 

ただ、このデータに関しては重賞昇格前のデータも多分に含まれており
今年も同様の傾向にあるのかは少し信ぴょう性にかけます。

2017年、2016年の1~3着馬を見てみると

< 2017年 >

1着 ディアドラ  前走 1000万条件 1着
2着 カリビアンゴールド  前走 1000万条件 2着
3着 ポールヴァンドル  前走 1000万条件 1着

< 2016年 >

1着 ビッシュ  前走 オークス 3着
2着 ヴィブロス  前走 500万条件 1着
3着 フロンテアクイーン  前走 オークス 6着

ディアドラやヴィブロスなどビッグネームが名を連ねるので
オープン特別からの臨戦のように感じますが

“6頭中4頭が条件戦からの出走”

と、過去10年のデータにたがわぬ成績が出ています。

 

オークス出走組には警戒が必要ですが

紫苑ステークスで好走する馬は

「前走で条件戦に出ていた馬」

が多く、狙うならこちらですね。

 



 

3歳牝馬の夏越えは色々と難しい

次に紫苑ステークスのレース間隔別成績を見てみましょう。

中9週以上(10週以上)間隔をとって出走してきた馬の
複勝率は20%に満たず、夏にレースを使った馬の数字と比べると約半分です。

なぜ、ここまで数字に差があるのか?

 

そこには3歳牝馬の夏越えの難しさがあると言えます。

今でこそあまり騒がれませんが、牝馬牡馬問わず
3歳馬の夏越えは情勢が一気に変わる可能性がある

と言われてきました。

完成度が高く、いわゆる早熟と呼ばれる馬が秋シーズンに力を落とし
完成度が低く、いわゆり晩成と呼ばれる馬が夏に力をつける

ここで力関係が逆転してしまい、春の実績馬が苦戦をする。

というパターンですね。

 

一昨年の2着馬ヴィブロスは春シーズンは重賞で歯が立たず
低迷していたのが、物凄い成長力を見せて一気に秋華賞制覇

2015年で1番人気に推されたテンダリーヴォイスは
フェアリーステークス3着、アネモネステークス1着と
春は実績を残したものの成長力に乏しく紫苑ステークスでは11着と惨敗。

その後、1000万条件にしますが
そこでも一度も馬券に絡めず引退

 

と、成長期を迎える3歳の夏シーズンは
成長力のある馬とない馬で大きく成績が分かれます。

春の実績馬がそのままの実力で秋を迎えている

と判断してしまうのは危険ですね。

 




 

以上が2018紫苑ステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

紫苑ステークスは開幕週に行われるレースですが

差し馬が有利なレースです。

ですので、体力としっかりとした末脚を持っている馬を狙いたいですね。

また、春に実績を残した馬よりも
夏場の成績で好走をした馬の方が成績が良く

馬の成長力を考慮しての予想が必要となります。

 

 

私が紫苑ステークスで注目しているのは、
高い素質を持ちながら、春は不遇のシーズンを過ごしてしまった穴馬です。

高配当が狙えそうな存在ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。