【東スポ杯2歳ステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【東スポ杯2歳ステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは東スポ杯2歳ステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

東スポ杯2歳ステークスは来年のクラシックを見据えた素質馬が出てくるレース。


(写真は2017東スポ杯2歳ステークス ワグネリアン)

昨年東スポ杯2歳ステークスを勝ったワグネリアンは
見事に福永騎手と日本ダービーを制覇しました。

過去にはディープブリランテ、サトノクラウン、イスラボニータ
といったGI馬を輩出しているだけでなく

サダムパテック、ローズキングダム、コディーノといった
クラシックで上位を賑わした馬達が出走していました。

2歳の重賞の中では、もっとも将来性のあるレース
2018年の東スポ杯2歳ステークスからも目が離せません。

そんな東スポ杯2歳ステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ルヴォルグ 2.9倍
ケイデンスコール 3.8倍
カテドラル 4.4倍
ホウオウサーベル 7.4倍
アドマイヤスコール 14.7倍
クリノガウディー 28.0倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

新馬戦を圧勝した ルヴォルグ

デビュー戦では好位につけてから
素晴らしい末脚で抜け出したルヴォルグ

藤沢厩舎のディープインパクト産駒、しかもルメール騎手が騎乗
という事で期待が高まる存在ですが
一線級が集まってくる東スポ杯2歳ステークスで
改めてルヴォルグの能力が問われます。

ここを突破するようであれば、一気にクラシックが見えてきそうです。

新潟2歳ステークスを勝った ケイデンスコール

前走の新潟2歳ステークスでは見事に1番人気に応えたケイデンスコール

レースぶりを見る限りではまだまだ成長の余地を残す内容で
東スポ杯2歳ステークスはケイデンスコールにとって力試しの一戦になります。

出世レースである新潟2歳ステークス、東スポ杯2歳ステークスを
連勝したとあれば、クラシックの主役が待っていそうです。

新馬戦を圧勝した ホウオウサーベル

新馬戦となった新潟のレースでは
2位以下を子ども扱いして圧勝したホウオウサーベル

道中を3番手と楽々先行しながら
上がり3ハロンのタイムは他の馬よりも0.6秒以上速い33.8秒

テン良し、中良し、しまい良し

を実現したホウオウサーベルの東スポ杯2歳ステークスでの走りは期待が膨らみますね。

野路菊ステークス勝ちの カテドラル

前走の野路菊ステークスでは7頭立ての少頭数ながら
圧倒的な人気のヴェロックスに完勝したカテドラル

ハーツクライ産駒ながらスタートダッシュが利き
先行できる脚質的な強みがあります。

前走で馬体を10kg増やしているように成長しており
東スポ杯2歳ステークスでも互角以上に戦えそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ東スポ杯2歳ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック