【京成杯オータムハンデ2018】過去10年のデータ分析|機動力のある馬を狙え!

Pocket

2018京成杯オータムハンデを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京成杯オータムハンデで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週からいよいよ中山、阪神開催ということで
競馬界にとって熱い時期が戻ってきますね。

その一発目を飾るのは「京成杯オータムハンデ」です。

(2017京成杯オータムハンデ グランシルク)

 

京成杯オータムハンデは中山競馬場芝1600m
というトリッキーなコースで行われるので、波乱含みのレースです。

私が最も印象に残っている京成杯オータムハンデは
ステキシンスケクンが勝った2006年です。

なぜ印象深いかというと
ステキシンスケクンの走りに感動したとかそういうことではなく

馬券が当たったからです(笑)

ぶっちゃけ、ステキシンスケクンにそれほど思い入れがありません。

 

NHKマイルカップを惨敗しただけで
10番人気と不当に人気を落としていた
ステキシンスケクンは先行力もあるし、絶好の狙い目でしょ!

と、思っていたので、結構分厚く買っていたんですよね~

 

2着に入ったカンファーベストは3番手に評価していたので

馬連123.3倍 を500円買っていました。

 

馬単だったら270倍ついていたなぁ

という競馬ファンは必ず経験したことのある
あるあるの後悔をしながらもうれしい的中でしたね~

今年の京成杯オータムハンデでも
大穴を狙っていきたいところです。

 




 

という事で京成杯オータムハンデの話しにいきましょう。

開幕週を飾るレースであると同時に
コースの偏りがある中山芝マイル戦ということで

逃げも残れば、差しも決まるレースです。

 

掴みどころのない部分はありますが
京成杯オータムハンデでいい予想をすべく
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年の京成杯オータムハンデは

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

京成杯オータムハンデを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京成杯オータムハンデで昨年の
ガリバルディを再現するのはあの関西馬!

チェックメイトでは京成杯オータムハンデにおいて

爆穴の可能性をたぶんに秘めた関西馬
の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
京成杯オータムハンデで穴となっている関西馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京成杯オータムハンデ過去10年のデータ分析

開幕週もなんのその!逃げ馬が潰れるレース

まず、最初に注目したのは京成杯オータムハンデの脚質です。
以下は過去10年の京成杯オータムハンデにおける4コーナーでの順位別成績です。

開幕週の中山競馬場でありながら

“逃げ・番手の馬が嘘のように不振”

です。

 

中山競馬場の芝1600mはかなり特殊なコース形態をしています。

この三角形のようなコース形態の影響で
逃げる馬はコーナーで減速を強いられます。

逃げ馬はスタートからの加速でそのまま突き抜けるからこそ
有利なのであって、一度減速してしまうと
後ろから勢いをつけてくる馬の方が有利。

いくら開幕週で馬場が良くてもコース形態上の不利は変えようもなく

“逃げ・番手の馬は成績が悪い”

という形になっています。

 

ただ、中山競馬場は直線が短いので
あまりにも後方からの競馬になると
成績が悪くなってしまいます。

過去10年の京成杯オータムハンデにおける4コーナーでの順位別成績について
もう少し掘り下げて見てみましょう。

と、2~8番手くらいでレースをした馬が
好走率も回収率も優秀な成績を残しています。

 

逃げ、番手の馬は難しくとも
極端な後方からのレースも難しい

という事を抑えておきたいですね。

 




 

使い詰めよりもフレッシュな休み明けの馬

次に京成杯オータムハンデのレース間隔別成績を見てみます。

夏競馬を使った中8週以内の馬が成績を残せていないのに対して

2ヶ月以上間隔を空けて出走してきた馬の成績が優秀です。

 

消耗の大きい夏場にレースを使って賞金を稼ぎたい
という馬は、どうしてもレベルが一枚下がります。

夏場は休養に充ててしっかりと
秋シーズンを睨んでくる馬の方が力は一枚上である

と単純に言う事も出来ますし

 

後方からの競馬でも十分に届くレースである

という点が使い詰めの利点を消してしまっている点も見逃せません。

 

京成杯オータムハンデにおける前走クラス別の成績を見てみると

前走で重賞を走っていた馬の成績が圧倒的に上です。

 

逆にオープン特別から出走してきた馬は
軒並み凡走しており

適性面よりも能力面が重視されるレース

であると言うことが言えますね。

 



 

能力重視とはいえスピードが必要不可欠!

次に京成杯オータムハンデの馬体重別成績を見てみましょう。

480kg以上の大型馬が苦しんでいるのに対して
459kg以下の軽量馬が好成績を収めています。

トリッキーで逃げ・先行馬が残りづらいコースですが

“開幕週なのでスピードは必要不可欠”

です。

 

特に軽量馬は小回りが利く馬、機動力がある馬が多いので
三角形のような中山芝マイルコースを上手く立ち回れます。

逆に大型馬になればなるほど、小回りが利かなくなってしまうので
上記のような成績分布が出ていると言えます。

 

最後に京成杯オータムハンデにおける年齢別成績を見てみると

と、年齢が若い方が成績が良い事が分かります。

京成杯オータムハンデに限らず
競馬というゲームの特徴として

スピード勝負になるレースは若い馬が強く

タフさを求められるレースはベテランが強い

という傾向がありますが、

京成杯オータムハンデでもその傾向に合致しています。

まだ消耗しきっていない若い馬には注目が必要ですね。

 




 

以上が2018京成杯オータムハンデを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

京成杯オータムハンデは特殊なコース形態である
中山芝1600mという舞台でのレース

逃げ馬にとっては苦しい舞台になります。

また、この特殊コースに対応出来る馬体重の軽い馬や
スピード能力の高い若い馬も活躍している点は見逃せず

機動力のある馬に注目して馬券を買いたいですね。

 

 

私が京成杯オータムハンデで注目しているのは、
トリッキーなコースを見事にこなしてくれるであろう、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ