【2018新潟記念予想】ブラストワンピースは異端ローテーションをこなせるのかを分析してみた

Pocket

2018新潟記念で勝利を狙うブラストワンピースについて
3歳牡馬としては考えられないローテーションを克服できる可能性
を検証して話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私の好きな馬の1頭に「ルージュバック」という馬がいます。

最近、活躍した馬なので、当然知っている人も多いと思うんですが

「GIを勝てる能力がありながらもGIを勝てなかった馬」

というイメージがありますよね。

 

 

ただ、私のイメージは違っていて

厩舎に潰された悲運の馬

というイメージがあります。

 

まず、桜花賞の前に使ったきさらぎ賞が大問題です。

このレース使ってなんか意味あったの?

って感じなんですよね~

少頭数の競馬でしたし、京都芝1800mなんて
3歳牝馬にとって何のプラスもないコースなのに
わざわざ牡馬混合戦というリスクを背負ってまでなんで出走したんだろう?

という疑問が未だに取れないです。

実際、多頭数替わりになった桜花賞では凡走

完全に陣営に潰された結果だと言えます。

 

ルージュバックの特徴として

「休み明けに強い反面、疲労に弱く、好走後は苦戦する」

という分かりやすい特徴があるのですが
陣営はこの特徴をまったく無視して
毎日王冠やオールカマーで仕上げること仕上げること…

勝った瞬間に本番では用無しなのが分かったので
馬券を買う方としては美味しい存在だったのですが

「GIを勝たせる気がないんだなぁ」

というの厩舎に預けられてしまった事が
ルージュバックにとって不運でしたよね。

 

今週もルージュバックと同じ厩舎に所属している
ブラストワンピースが異端のローテーションで出走してきます。

と言うことで新潟記念の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

新潟記念を勝つのはあの馬以外に考えられない!!
厩舎関係者の中では新潟記念は1強レース!

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースは新潟記念と小倉2歳ステークス

競馬学会では新潟記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

新潟記念で注目を集めるブラストワンピース

さて、今週は新潟記念が行われます。


(2017新潟記念 タツゴウゲキ)

毎年サマー2000シリーズを使ってきた馬が
活躍するレースですが、
今年はグリュイエールやセダブリランテスなど
別路線を走ってきた馬が人気になりそうなレースです。

 

おのずと例年よりもレベルが高くなるレースですが

その中でもひときわ目立つ別路線組の馬がいます。

 

その馬の名前は

ブラストワンピース

です。

ブラストワンピースは毎日杯の勝ち馬で
日本ダービーでも2番人気に支持された実力馬です。

日本ダービーでは不完全燃焼の競馬で5着に敗れましたが
力はしっかりとみせており、新潟記念でも人気になる事が予想されます。

ただ、ブラストワンピースには一つ懸念材料があります。

それはトライアルレースを新潟記念にしたという点

 

ここではブラストワンピース異端と言えるローテーションをこなせるのか

を検証します。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ウッドで抜群の動きを見せたのはあの馬!
新潟記念の軸はこの馬以外に考えられない!!

競馬セブンでは新潟記念で抜群の動きを見せて
鉄板と評判の有力馬情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして新潟記念3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

新潟記念3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ブラストワンピースは新潟記念で好走出来るのか?

日本ダービー5着は地力の証明!古馬との力関係は心配の必要なし

それではブラストワンピースが新潟記念で走れるかを
検証していきたいと思います。

 

まず過去10年で新潟記念に出走した馬の
前走出走レース別成績を見てみます。

言わずもがな、日本ダービーから出走した馬はいません。

となると気になるのは古馬との力関係です。

短距離路線では3歳馬が古馬に交じって重賞で戦っていますが
中距離馬の場合はなかなか戦う機会がありません。

 

今年の夏の中距離重賞を見てみると

札幌記念に出走した

ゴーフォザサミットは 7着
アイトーンは 16着(最下位)

函館記念、小倉記念、七夕賞は3歳馬の出走なし

という感じです。

 

アイトーンはもともと力不足
ゴーフォザサミットは明らかに札幌が合わない適性の持ち主

という事を考えると通じるとも通じないとも言えません。

 

では、ブラストワンピースがどれくらいの力を持っているのか
日本ダービーでの走りから検証してみます。

もともとスピード能力が武器ではないブラストワンピースにとって
日本ダービーの位置取りは後ろすぎました。

スタミナの優れた馬なので、4コーナーで先頭を伺うくらいの
位置にいて真価を発揮するタイプの馬でしたが

4コーナーでは5番手

 

池添騎手の騎乗ミスとも言える消極的な騎乗で
勝ち負けに加わることなく敗れてしまいましたが

それでも0.2秒差の5着

この内容から勝ち馬ワグネリアンや2着馬のエポカドーロと
変わらない地力を持っていると言えます。

 

現3歳馬のレベルはまだ分かりませんが
日本ダービーを勝ち負け出来るレベルの馬が

ローカルのG3が通用しない

という事は、過去の歴史を見ても一度もないので

新潟記念に関しては古馬との力関係で不安に感じる要素は無し

と言えます。

 



 

スタミナ比べはもってこい!絶好の舞台でのレース

ブラストワンピースの持ち味は「スタミナ」です。

ブラストワンピースが最も高いパフォーマンスを見せたのは

デビューから2戦目のゆりかもめ賞です。

このレースは2400mという長距離戦で
余裕タップリに抜け出して2着馬の4馬身差をつけて大勝したレースでした。

 

毎日杯のレース振りを見ても
直線に入ってからの瞬発力で勝負する馬ではなく

長く良い脚を使い続ける持続力

で勝負をする馬である事は明白です。

今回の新潟記念は新潟芝外回りコースで行われる条件で

“トップスピードを維持出来る持続力”

が、必要となる舞台です。

 

上記のことを考えると新潟記念の舞台は

“ブラストワンピースにマッチした舞台”

と言えます。

 

異端なローテーションとなる新潟記念は
ブラストワンピースにとって不安になる事はなく

むしろ適性の高い舞台だと言えるので

“新潟記念での好走が期待できます”

強いて言えば、レベルの低い馬達を相手に
自分の適性の高い舞台を走る訳ですから

菊花賞はかなり不利な状態での出走となる

事は明らかですね。

 




 

まとめ

新潟記念で初の古馬対戦となるブラストワンピースは

「古馬との力関係を気にするレベルにない」

と言えるほど、能力が抜けた存在だと言えます。

また、スタミナと持久力を要する新潟外回りコースは
ブラストワンピースの最も得意とする舞台なので

新潟記念で高いパフォーマンスを見せる可能性は高い

と言えますね。

 

2018新潟記念で注目している馬はブラストワンピース以上に
期待値が高い存在だと言える、あの馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。