【新潟記念2018人気馬危険度分析】グリュイエールが初重賞を獲る事が出来るのか!?

Pocket

ここでは新潟記念2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるグリュイエールの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

7月から始まっていた夏競馬もいよいよ今週で終わりですね。

これからが一番楽しい季節だと分かっていながらも
夏競馬の終わりはちょっっぴり寂しいですね。

 

先週は人生で初の札幌競馬場に行ってきました。

東京競馬場(府中競馬場)を主戦場としている私にとしては
どうしても東京競馬場と比較してしまうのですが

東京競馬場と比べてかなりこじんまりとした競馬場でしたね。

ただ、こじんまりとしている分

コースと観客席のスペースが狭く
パドックも間近で見られたので、迫力がありましたし

馬場内ではたくさんの子供が遊んでいて
すごくいい雰囲気でしたよ。

ちょっと移動すると場外市場がありますし
午前中場外市場で札幌の海鮮を堪能して、午後は競馬で楽しむ。

そんなコースもありですね。

 

 

という事で、2018新潟記念の話に行きましょう。




 

今週は新潟記念が行われます。

 


(2017新潟記念 タツゴウゲキ)

新潟競馬場で行われる外回りの中距離戦という事で
サマー2000シリーズを狙う馬が出走するレースですよね。

 

今年のメンバーを見渡してみると

例年の傾向とは全く違う別路線組が集まっています。

地力のある別路線組が力を見せるのか?

それとも例年通りサマー2000を走った馬が力を見せるのか?

かなり難しいレースになりそうですね。

そんな新潟記念で良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

新潟記念を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースは新潟記念と小倉2歳ステークス

FUN競馬では新潟記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

新潟記念の有力馬の危険要因と買い要素

 

ブラストワンピース

前走の日本ダービーでは5着と敗れましたが
明らかに鞍上の乗りミスといえる内容で
まともに乗っていれば3着はありました。

もともとスピードで勝負する馬ではないので
スタミナ勝負となる外回りの競馬が条件としてはプラスです。

古馬との力関係は問題ないでしょうが
菊花賞の前哨戦として、新潟記念は異例の選択で
新潟記念に向けてどこまで仕上げているのかが焦点となります。

菊花賞を考えると間隔も空きますし、良いトライアルではないですね。

 

セダブリランテス

中山金杯で勝利を収めたセダブリランテスですが

この馬もブラストワンピースと同様にスピードで勝負する馬ではなく
スタミナ・持久力で勝負するタイプなので
新潟記念が行われる新潟の長い直線は合っています。

今回は久々の競馬で斤量57.5kg
常識的に考えれば良いところはありませんが
ブラストワンピースと共にシルクレーシングから2頭出しで
GIを軽視して、目先の賞金を稼ぎに来た可能性もありますね。

 

グリュイエール

前走のエプソムカップでは重馬場ながら
しっかりと3着に入ったグリュイエール

スピードのある馬で、先行してからの持久力が持ち味なので
新潟記念の舞台はグリュイエールにとってプラスです。

エプソムカップは重馬場で頑張りましたが
良馬場の方が良い馬なので、
前走よりもパフォーマンスを上げてくる可能性は高いです。

 



 

メートルダール

大阪杯で惨敗して以来の競馬となるメートルダール

ゼンノロブロイ産駒らしく、長く良い脚を使うタイプの馬で
今年の新潟大賞典を勝利しているように
新潟記念の舞台は得意な舞台だと言えます。

相手が強いと萎縮してしまうタイプの馬なので
ブラストワンピースやセダブリランテスといった
格上の馬を相手にどのように戦うかが焦点となりますが
GIからG3へ格下げとなるのはプラス材料ですね。

 

マイネルハニー

逃げるとしぶとさを見せるマイネルハニー

巴賞、函館記念と夏の札幌場所で惨敗してきた馬ですが
自分のツボにハマれば一気にパフォーマンスを上げる馬なので
展開次第ではチャンスのある馬です。

ただ、マイネルハニーのリズムで走れなかったときは
新潟記念では見せ場なく、敗れてしまうでしょう。

 

ストーンウェア

前走の小倉記念では力負けしてしまったストーンウェア

オープンクラスでも勝ちきれない競馬が続いていただけに
重賞でも相手なりに走れそうな気配はあるものの
これといったインパクトがない馬なので
強いメンバーが揃った今回の新潟記念でも一歩足りない可能性はあります。




 

まとめ

今年の新潟記念は
サマー2000経由以外の馬が人気になりそうです。

日本ダービー以来となるブラストワンピース
中山金杯以来の競馬となるセダブリランテス

など、ローテーションとしては褒められたものではありませんが

地力は圧倒的に上なので、この2頭が

ローテーションを跳ね返して
好走出来るのかどうかが焦点となります。

実績に拘らず攻めていきたいレースですね。

 

 

2018新潟記念で私が注目している馬は
コース適性が抜群で人気馬を食えそうな、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。