【小倉2歳ステークス2018】過去10年のデータ分析|素質よりも完成度が問われる1戦

Pocket

2018小倉2歳ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
小倉2歳ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は小倉2歳ステークスが行われますが
このブログで何度も話題に出している通り

2歳戦ってあまり興味がないし、良く分かりません。

特に小倉2歳ステークスの場合は
夏の時期に行われる小倉1200mのレースとあって
なおさら分からないんですよね~

たまたま仕上がりが早くて、完成度の差で
小倉2歳ステークスを勝つ馬がほとんどなのかなぁ

と思いきや、桜花賞馬のレーヌミノルが出てきたり…

昨年の勝ち馬であるアサクサゲンキあたりも
まだ底が割れていなくて、これから重賞を1つか2つくらい勝ちそうです。

小倉というローカル舞台で走った馬に将来性を求めるのは
なかなか難しい事ではありますが
仕上がりの早さだけで判断はしないようにしようと思っています。

 

という事で改めて、今週は小倉2歳ステークスが行われます。

 


(2017小倉2歳ステークス アサクサゲンキ)

福島競馬場とならび、現在の日本の中ではマイナーな舞台となっている
小倉競馬場で行われるレースという事で注目度はイマイチ

私が馬主だとしたら、本当に期待している馬は

新潟2歳ステークスか札幌2歳ステークス

に出すよなぁ、と思ってしまうレースではありますが
開催時期が早く、ローカル場所で行われるレースだからこそ
レースの傾向がはっきりしているところもあります。

ここでは小倉2歳ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

小倉2歳ステークスで波乱を起こすのはあの関西馬だ!

チェックメイトでは小倉2歳ステークスにおいて

爆穴の可能性をたぶんに秘めた関西馬
の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
小倉2歳ステークスで穴となっている関西馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

小倉2歳ステークス過去10年のデータ分析

小回りのフラットコースは定石通り先行馬が有利

まず、最初に注目したのは小倉2歳ステークスの脚質です。
以下は小倉2歳ステークスにおける過去10年での4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると一目瞭然ですが

“逃げ・先行馬が圧倒的に有利です”

 

4コーナーで4番手以内にいた馬の複勝率は40%を超え
複勝回収率も94%と高い数値を示している一方で

4コーナーで7番手以下にいた馬の複勝率は14%
複勝回収率も39%と低調な数字に終わっています。

小倉2歳ステークスが行われる小倉芝1200mが

小回りの平坦コースという事で単純に前が止まりづらい

という事で、スピード能力の高い馬がそのまま押し切っている事が分かります。

 

枠順別の成績の方も見てみましょう。

こちらも成績に偏りはなく、枠順による有利不利は少ない事が分かります。

一般的に先行馬が有利なレースは内枠が有利
差し馬が有利なレースは外枠が有利

ですが、小倉2歳ステークスは開催が進んだ時期に
行われているレースなので
馬場の良い外を通る馬にもメリットがある事が分かります。

“枠順の有利不利はない”

という事を覚えておきたいですね。

 

素質よりも現時点での完成度が重要なレース

次に小倉2歳ステークスへ出走している馬の
前走クラス別の成績を見てみましょう。

前走で新馬戦、未勝利戦を出走している馬よりも
前走でオープンクラス以上に出走している馬の方が
圧倒的に好走率と回収率が高い事が分かります。

冒頭でも話をした通り、小倉2歳ステークスは
夏場にローカル競馬場で行われるレース

という事で、クラシックへ繋がらないレースになっています。

それゆえ、素質馬が将来を見据えて出走する

という事は行われず、現時点で完成度の高い馬が
重賞の賞金を稼ぐために出走してくるレースとなるので

オープンクラスで走っているような現時点での完成度が高い馬が
そのまま活躍しているという事が分かります。

 

もう一つ早熟系の馬が活躍しているというデータを紹介しておきます。

以下は小倉2歳ステークスにおける馬体重別の成績です。

短距離戦は馬力がある馬が強いレースなので
馬体の大きい馬が活躍する傾向にありますが
(実際にオープンクラスの馬柱を見てみると馬体の大きい馬が多いです)

小倉2歳ステークスでは馬体の軽い馬の健闘が目立ちます。

 

一般的に新馬戦は馬体が軽く、仕上がりの早い馬が強いのですが

小倉2歳ステークスでもその傾向がそのまま活きている

と言えます。

 

近年はレーヌミノル、シュウジなど活躍馬を生んでいる
小倉2歳ステークスですが

“潜在能力よりも現時点での完成度”

という事は頭に入れておきたいですね。




 

牝馬は活躍するけれども期待値は低い!穴なら牡馬!

最後に小倉2歳ステークスの牝馬成績を見てみます。

過去10年(データ上では9頭)で5勝
と立派な成績を残している牝馬ですが

複勝率は21.3%、複勝回収率は42%

と、平均値と比較するとかなり低い数値になっています。

夏は牝馬というイメージがありますが
小倉2歳ステークスではレースの勝利経験がある馬が集まり
一気にレベルが上がってくるので

デビュー戦と比較するとレースの消耗度合いが高く
牝馬にとっては苦しくなっている事が分かります。

 

参考までに小倉2歳ステークスの人気別成績を見てみると

1~3番人気の馬で全9勝を挙げており
能力が計りづらい2歳戦においては堅い決着となっています。

レースにおけるオッズは出走各馬の前走のパフォーマンスで大体決まります。

牡馬だ牝馬だという事は関係なしに
現時点で強い競馬が出来る馬を選んでいく

という事が、必要なレースだと言えますね。

 

以上が2018小倉2歳ステークスを攻略するための主たるデータです。

 



 

まとめ

小倉2歳ステークスは重賞レースではありますが
その馬が持っている潜在能力、絶対能力はそれほど求められません。

“現時点で力量が問題となるレースです。”

現時点で強い馬が小回り平坦コースに集結するので
おのずとスピードのある馬が、先行してそのまま押し切るレースになりやすく

前残りで決着しやすいレースだと言えます。

現時点での完成度、前に行くスピード

この2点が焦点となるレースですね。

 

私が小倉2歳ステークスで注目しているのは
仕上がりが早く、このローカル舞台で花咲きそうな、あの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。