【キーンランドカップ2018予想】波乱の使者はタマモブリリアン!穴馬に支持する根拠は?

Pocket

2018キーンランドカップでそれほど人気ならないであろう
タマモブリリアンが穴馬として注目出来る理由・根拠
について

他の出走メンバーと比較しながら、分析して話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は札幌記念が行われましたが
直線に入った瞬間はここで穴推奨していたサクラアンプルールが
(実際の馬券でも本命にしていたんですが…)

「これは楽勝だ!」

という手応えで上がってきて興奮しました。

 

結局、最後は人気の差し馬に差されて6着と残念な結果になってしまいましたが
少しでも前が緩む展開だったら押しきっていたと思います。

まあ「たられば」を言ったらキリが無いのが競馬ですから
外れは外れでいいんですが、

“ちゃんと期待値の高い馬を買い続ける”

という事を今後も続けていかなきゃいけないなと思いました。

 

 

モズカッチャンは結果3着に来ましたが
展開の恩恵をたっぷり受けての競馬でしたし

“期待値の低い馬だったことは間違いありません”

外れにめげずに馬券を買っていきましょう!!

 

という事で、キーンランドカップの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

アイビスも小倉記念も1点勝負で的中!!

「トップシークレット」では“キーンランドカップ”において
大物馬主関係者が馬券を投じる激熱の馬を無料で公表

また【キーンランドカップ・馬連1点勝負】も予定しており
今回限り特別無料配信が決定!

キーンランドカップの馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

キーンランドカップで注目しているタマモブリリアンと私の見解

今週はキーンランドカップが行われます。


(2017キーンランドカップ エポワス)

 

前走で華麗に復活した ダノンスマッシュ

京王杯スプリングカップ勝ちの ムーンクエイク

抜群の安定感を誇る ナックビーナス

1200m実績はナンバーワンの レッツゴードンキ

など、バラエティーに富んだメンバーが揃いました。

 


(高松宮記念2着の レッツゴードンキ)

 

キーンランドカップは小回りの札幌コース
そして、開催の進んだ荒れた洋芝で行われるため

思いの外、順当に決まらない事が多いレースです。

こういったレースは思い切って穴馬を狙いたいですね。

 

波乱含みのキーンランドカップですが
私がキーンランドカップで注目している穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

タマモブリリアン

です。

 

タマモブリリアンは昨年の夏場に実績を積みオープン入りした牝馬です。

秋口から冬場にかけて成績が崩れて
スランプ状態となりましたが
前走のバーデンバーデンカップでは久しぶりに勝利を飾りました。

 

ただ、重賞での実績は函館スプリントステークスの5着が最高で

京都牝馬ステークス8着、シルクロードステークス8着
2017京阪杯9着と全く歯が立っていません。

その惨敗っぷりから、人気には支持されないであろう
タマモブリリアンが、なぜキーンランドカップで
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

キーンランドカップを勝てる前提で出走しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料でキーンランドカップ勝負馬の情報を教えます。

キーンランドカップの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

タマモブリリアンが買える材料

夏の北海道シリーズだけ別馬に変化?

タマモブリリアンの成績を見てみると北海道場所に良績が集まっている事が分かります。

タマモブリリアンの全成績は 【6.4.3.16】

勝率 20.9%  複勝率 44.8%

という成績となっていますが

そのうち、函館・札幌の北海道場所は 【2.2.1.4】

勝率 22.2%  複勝率 55.5%

 

それ以外の競馬場の成績は 【4.2.2.12】

勝率 20.0%  複勝率 40.0%

と、札幌、函館の北海道場所では成績が上がっています。

 

タマモブリリアンの個性を考えると

ビュンビュン飛ばすタイプのスピード馬では無く
パワーと持久力で勝負するタイプの馬なので

“重い洋芝は合う”

という事が北海道場所で好調な理由だと言えますね。




 

キーンランドカップ好走条件にピッタリ合致!

キーンランドカップの過去10年分のデータを見てみると
タマモブリリアンが好走する要素がたっぷりと含まれています。

 

まず最初にキーンランドカップは牝馬が好調であるという点

以下はキーンランドカップの牝馬の成績となります。

複勝率36.4%  複勝回収率117% と

「圧倒的に牝馬が強い」という傾向が出ています。

 

夏は牝馬の調子が良いというのは競馬界の定説となっていますが
キーンランドカップで好走する牝馬にはもう一つ特徴があります。

それはパワーがある馬

だという点です。

 

以下はキーンランドカップの馬体重の成績となります。

馬体重が479kg以下の馬

つまり、パワーが無い馬は好走率が一気に下がり
苦戦を強いられていることが分かります。

タマモブリリアンの前走の馬体重は484kg

血統からも走りからもパワーが優勢なタイプなのは明白で
キーンランドカップの適性に合っています。

 

もう一つ年齢面からもデータを見てみます。

以下はキーンランドカップの年齢別の成績となります。

回収率を見てみると3歳馬だけ抜けて数値が低く
タフさが求められている事が分かります。

タマモブリリアンは現在5歳

レースも使いすぎている訳では無く
まだ走れる体力はありますし、キャリアも豊富なので
タフなレースにも耐えられます。

 

データを見てみると、

全ての要素がタマモブリリアンに味方している事が分かります。

まさにキーンランドカップのマッチした適性を持っている馬ですね。

 

以上、2つの理由から

2018キーンランドカップにおける

タマモブリリアンは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



まとめ

有力馬と比較すると実績の足りないタマモブリリアンですが

「札幌競馬場への適性がある馬であることは間違いありません」

また、実績は足らないものの
過去10年においてキーンランドカップで走っている馬の
条件をことごとく満たしており
キーンランドカップで大駆けする可能性は十分にあり

期待値の高い馬であると言えます。

キーンランドカップはタマモブリリアンに注目ですね。

 

2018キーンランドカップで私が最も注目している馬は
タマモブリリアンよりも人気が無いであろう、超大穴馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ