【2018キーンランドカップ予想】ムーンクエイクは1200mに対応出来るのかどうかを分析してみた

Pocket

2018キーンランドカップで勝利を狙うムーンクエイクについて
1200mという距離を克服できる可能性
を検証して話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

北海道競馬もあと2週で終わりですね。

私は今週札幌競馬場に行く予定なので楽しみにしていますが
コアな競馬ファンにとっては夏競馬も楽しいですよね。

 

私が夏競馬で楽しみにしている事、トップ3を挙げてみると

1位 今年の新種牡馬は活躍できるのかなぁ

2位 降級馬勝ちまくりで堅い馬券で勝負できるじゃん!

3位 2歳重賞をはじめマイナーな重賞が多いから若手騎手が重賞を勝つかも!

これですね。

新種牡馬は昨年と比べるとかなり地味ですが
ハーツクライの後継種牡馬であるジャスタウェイが
どこまで活躍できるのか、楽しみにしています。

そして、騎手ですよね~

先週の北九州記念では菱田騎手が重賞を勝ってくれましたし
函館2歳ステークスでは小崎騎手が重賞を勝ってくれました。

現実問題として、外人騎手と比較してレベルが低すぎる日本人騎手ですが
やっぱり頑張ってほしいですよね~

 

さて、先週の話はこれくらいにしてキーンランドカップの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

キーンランドカップは厩舎関係者の大ヤリ話が出ているあの馬で決まる!

チェックメイトではキーンランドカップにおいて

厩舎関係者が超強気な姿勢を見せている関西馬
の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
キーンランドカップで抜けている関西馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

キーンランドカップで注目を集めるムーンクエイク

さて、今週はキーンランドカップが行われます。


(2017キーンランドカップ エポワス)

昨年の勝ち馬であるエポワスは出走してきませんが
レッツゴードンキやナックビーナスなどの高松宮記念上位組が
出走してくるという事で、例年以上のレベルになりそうなレースです。

 

そんな一流のスプリンターが集まる中で

虎視眈々とキーンランドカップ制覇を狙うマイラーが出走します。

 

その馬の名前は

ムーンクエイク

です。

 

ムーンクエイクは前走の京王杯スプリングカップで
重賞初挑戦で重賞初勝利という記録を打ち立てた馬です。

現在までに12戦を消化していますが
掲示板を外したことが一度もない安定感のある馬なので
キーンランドカップでも人気になる事が予想されます。

ただ、ムーンクエイクには一つ不安材料があります。

それは1200mが今回初めてだという点

 

ここではムーンクエイクが1200mをこなせるかどうかを検証します。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

女性を口説くのは天性の才能が必要なのではなく
技術を身につければ、付き合う事が出来るようになる!!

意中の女性になかなか話しかけられない。

そんな事で困っている人は是非
この無料メールマガジンで女性を口説くノウハウを手に入れてください。

女性を口説く方法を知るならここをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ムーンクエイクは1200mをこなせるのか?

キーンランドカップはマイラーも活躍できる舞台

それではムーンクエイクがキーンランドカップで走れるかを
検証していきたいと思います。

 

まず過去10年でキーンランドカップに出走した馬の
前走出走レース別成績を見てみます。

1400m以上のレースを見てみると

NHKマイルカップ 複勝率33%

マイラーズカップ 複勝率50%

安田記念 複勝率33%

NHKマイルカップ 複勝率33%

ヴィクトリアマイル 複勝率50%

と、安定した成績を残しています。

これだけ見てもざっくりと

“キーンランドカップはマイラーでも通用するレース”

と言えますが、これだけだと心許ないので
もう一つデータを出して検証していきます。

 

キーンランドカップの脚質別成績を見てみます。

このレースは先行馬が圧倒的に優勢です。

ムーンクエイクの過去の脚質を見てみると
前走の京王杯スプリングカップこそ
4角10番手と後方からレースを進めていますが

近走は2~4番手でレースを進めています。

今回は初めての距離短縮となるので
2,3番手で競馬をするのは難しいと思いますが

元々持っているムーンクエイクの末脚はキーンランドカップ向きです。

 

マイラーが活躍している舞台という事は
ムーンクエイクにとってプラス要素ですね。

 



 

馬格のある馬はキーンランドカップに合う

ムーンクエイクは500kgを超える馬体ながら
スピード勝負が得意な馬です。

マイル戦で強い勝ち方をしたレースを見てみると
速い時計での決着である事が分かります。

過去に0.3秒以上離して勝ったレースを見てみると

甲東特別 1分32秒9

葉山特別 1分33秒5

東京500万条件 1分33秒6

と、いずれも速い時計で勝っています。

 

“速い時計の勝負で勝てる”

という事はキーンランドカップにおいてはプラス要素です。

 

ここでキーンランドカップの馬体重別成績を見てみます。

馬体重479kg以下になると一気に成績を落としているように

“パワー(馬格)が必要なレースです”

ムーンクエイクはスピード勝負をする馬ですが
500kgを超える馬格のある馬ですし
キーンランドカップに対応できる条件を満たしています。

 

また、キーンランドカップでのレース間隔別成績を見てみると

1ヶ月以上間隔を空けた馬が好走している事が分かります。

キーンランドカップは開催が進んだ札幌競馬場でのレースなので
馬場が荒れてきてタフさが求められるのと同時に

夏場の厳しい時期を使った馬が消耗している事を表しています。

ムーンクエイクは5月の京王杯スプリングカップを使って以来の競馬

という事で、しっかりと間隔を空けてリフレッシュした状態でレースが出来ます。

 

キーンランドカップに求められる条件を
ムーンクエイクは持っていると言えますし

キーンランドカップの舞台である1200mは十分に対応できる

と言えますね。




 

まとめ

キーンランドカップで初の1200m戦出走となるムーンクエイクは

「1200mの距離短縮を苦にするタイプではない」

と言えます。

また、キーンランドカップ自体もマイラーが活躍しているレースで
スピードだけが求められるレースにはなりづらい事を考えると

キーンランドカップで高いパフォーマンスを見せる可能性は高い

と言えますね。

 

2018キーンランドカップで注目している馬はムーンクエイク以上に
期待値が抜群に高いと言える、あの穴馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。