【キーンランドカップ2018予想】キャンベルジュニアが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018キーンランドカップに出走を予定している
キャンベルジュニアが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている期待値の低い人気馬コーナーですが

なんだか デムーロ騎手との戦いになっています。

 

先週の札幌記念で挙げたモズカッチャンは
自信を持って切った馬だったんですが、3着に入ってきました。

モズカッチャンは最後方からの競馬だったので
多分、デムーロ騎手も展開がハマったときだけ勝負出来るような騎乗をして

実際に展開がハマった

という形だったんだと思います。

 

諸々の状況を考えれば買える馬では無かったので

「さすが勝負師のデムーロ!」

といったところですが、この夏はデムーロとの戦いです。

関屋記念で切ったワントゥワンも来られたし
デムーロ騎手が乗っただけで人気になるというのは分かりますね。

実際に好走率が上がる訳ですから。

だけれども、私が自分の理論で来ないと思った馬は
なんどデムーロに持ってこられようが買いません。

ハズレ上等です!

 

 

私はデムーロ騎手よりも私の予想を信じていますので
これからもデムーロ騎手とは戦っていきたいと思います。

奇しくも今週のキーンランドカップもデムーロ騎手と対決する形になりました。

 

という事で、キーンランドカップの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

キーンランドカップは厩舎関係者の大ヤリ話が出ているあの馬で決まる!

チェックメイトではキーンランドカップにおいて

厩舎関係者が超強気な姿勢を見せている関西馬
の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
キーンランドカップで抜けている関西馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はキーンランドカップが行われます。


(写真は2017キーンランドカップ エポワス)

夏場に走っているスプリンターを中心としながら
1200m初挑戦となる馬や
GIの常連レッツゴードンキなど

“例年よりレベルの高い1戦”

となっています。

 

昨年は9歳でセン馬のエポワスが今までの鬱憤を晴らすように完勝

夏場のレースの難しさを知ったレースでした。

今年は昨年以上に有力馬が多いので
こういうレースは相手を絞って馬券を買いたいところですね。

という事で、私がキーンランドカップで最も馬券を買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018キーンランドカップで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

キャンベルジュニア

です。

 

 

キャンベルジュニアは前走の安田記念こそ11着と惨敗しましたが
2走前の京王杯スプリングカップ、3走前のダービー卿チャレンジトロフィーと
連続で2着に好走しているように今年充実期を迎えている馬です。

絶好調のデムーロ騎手が騎乗するとあって
今回は人気になりそうな存在です。

 

そんな、キャンベルジュニアがなぜ2018札幌記念で
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

札幌記念のコース分析

キーンランドカップ2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

キーンランドカップ2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

キャンベルジュニアの不安要素

今回初めてのスプリント戦は明らかなマイナス要素

キャンベルジュニアはデビューから17戦を走っていますが

“1200m戦を走るのは今回がはじめてです”

 

キャンベルジュニアは1400m~2000mの
レースを走っていますが、その内訳を見てみると

1400m 【0.1.0.3】

1600m 【2.2.1.2】

1800m 【1.2.0.1】

2000m 【2.0.0.0】

と、1400mを苦手にしている事が分かります。

1400m戦は重賞レース(特にG2レース)がほとんどだったとはいえ
負けた3戦は全て2桁着順と大きく崩れています。

 

キャンベルジュニアはその前向きな気性から
先行して押しきる形を得意としていますが

540kgを大きな馬体から繰り出すパワーが武器なので

1400mでは前のポジションが取れず苦戦している

という事が言えます。

 

今回は初めてとなる1200mの競馬ですが、今までの傾向からすると

前のポジションを取るスピードがないので
後方からの競馬となる可能性が高くなります。

 

1400m戦で惨敗してきたパターンと同じで

キーンランドカップへの適性は薄いと言えます。



 

後方待機策を余儀なくされそうなローテーション

キーンランドカップは前に行く馬が有利なレースです。

キーンランドカップの過去10年のデータを見ると

と、圧倒的に先行馬が有利である事が分かります。

 

4角10番手以下の馬のデータを見ると

複勝率11.1% 複勝回収率52%

と惨憺たる成績となっています。

 

キャンベルジュニアは1400mのレースを4回走っていますが

4コーナー5番手以内のポジションを取れたのが2回
4コーナー8番手以下のポジションを取れたのが2回

あります。

先行したレースはキャンベルジュニアとしては
ハイペースで飛ばした分、最後にバテて惨敗

差しに回ったレースではキャンベルジュニアのペースでレースが出来たので
京王杯スプリングカップでは2着と好走

と、1400m以下では差しに適性がある事を示しています。

一度でも先行しての好走経験があれば
今回のキーンランドカップでも前に行って勝負をする

というパターンはあったかもしれませんが

“1400mは差しで好走した経験のみ”

を保持しているので、キーンランドカップでは差して勝負に出てきそうです。

今回のキャンベルジュニアは
キーンランドカップの展開と合わない走りになりそうですね。

 

 

以上、2つの理由から

2018キーンランドカップで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

キャンベルジュニア

だと結論づける事が出来ます。

 




 

まとめ

マイルでは重賞でも勝ち負け出来る力を持っているキャンベルジュニアですが

“1400m以下のスプリント戦は苦手”

としており、キーンランドカップでは一枚割り引く必要があります。

デムーロ騎手が騎乗する事で過剰人気となりそうですが
1200mが本質的に合わない馬なので、キャンベルジュニアにとって

キーンランドカップは力を発揮しづらい舞台

だと言えます。

キャンベルジュニアを馬券収支に活かすなら

“買うのではなく切る”

これが得策だと言えますね。

2018キーンランドカップでは
キャンベルジュニアを切って勝負したいですね。

 

 

2018札幌記念で私が注目している馬は
キャンベルジュニアとは違い札幌1200mの適性がある、あの大穴馬です。

あの馬はチェックしておいた方がいいですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。