【新潟2歳ステークス2018】過去10年のデータ分析|究極の差し脚勝負!!

Pocket

2018新潟2歳ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
新潟2歳ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は新潟2歳ステークスが行われますね。

「新潟2歳ステークス」といって真っ先に思いつくのが

ハープスター です。

 

新潟競馬場の外回りコースって差しが決まるような
イメージを持っている人が多いと思うんですけれども

“意外に先行馬が有利なレースなんです”

そんな新潟外回りのコースを
“音速”といえるくらいに強烈な末脚で完勝したんですよね~

2着には皐月賞馬のイスラボニータが入ったんですが
イスラボニータが止まっているように見えたくらい
ハープスターの勝ちっぷりは強烈でした。

歴代の日本競馬を振り返ってみても

新潟2歳ステークスでのハープスターの勝ちっぷり
そして、末脚の素晴らしさはナンバーワンかもしれません。

 

ちなみに新潟2歳ステークスのハープスター以外で
「めちゃくちゃ凄い末脚!」と思ったのは

2000年根岸ステークスのブロードアピールです。

これも結構有名なので、検索すれば見られるかもしれませんね。

 

ハープスター以外でもロードクエストとかショウナンタキオンとか
新潟2歳ステークスはもの凄い末脚を見せて勝つ馬が多いレースですが

今年の新潟2歳ステークスはどうなるでしょうかね~

 




 

という事で新潟2歳ステークスの話しにいきましょう。


(2017新潟2歳ステークス フロンティア)

仕上がりの早い馬が台頭しやすい2歳重賞において
直線が長く、ゆったりとレースが出来る新潟2歳ステークスは

素質のある馬が出走するレースです。

 

そんな新潟2歳ステークスでいい予想をすべく
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年の新潟2歳ステークスは

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

新潟2歳ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

素質が抜けているという評価を受けているのはあの馬!
新潟2歳ステークスの軸は鉄板級!!

競馬セブンでは新潟2歳ステークスで「鉄板級」という
評価を得ている有力馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして新潟2歳ステークス3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

新潟2歳ステークス3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

新潟2歳ステークス過去10年のデータ分析

長い直線を利して差し・追い込み馬が台頭するレース!

まず、最初に注目したのは新潟2歳ステークスの脚質です。
以下は過去10年の新潟2歳ステークスにおける4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると一目瞭然で

“差し・追い込み馬が有利”

だと言えます。

 

新潟2歳ステークスは新潟競馬場の外回りコースで行われるレース

同じ条件で行われる関屋記念や新潟記念は
前でレースをする馬が有利、というデータが出ていますが
新潟2歳ステークスについては真逆の傾向が出ています。

逆転現象が起こっている理由としては

新潟開催が続いて馬場が荒れてきており
先行馬へのアドバンテージが減っている

という事も挙げられますが、一番の要因としては

2歳馬には耐えづらい持久力戦である

事が言えます。

 

新潟競馬場の直線は日本で一番長いコースで
ずっとトップスピードを維持するスタミナが必要となります。

新馬戦は短距離戦が多く、スピードで押し切れるレースが多いので
一気にスタミナ色の強い新潟外回り戦に替わる事を
負担に感じる馬が多くなるため

逃げ・先行馬の成績が苦しくなってきます。

 

昨年は2番手で競馬をしたフロンティアが勝ち
逃げたコーディエライトが2着に粘るという前残りのレースでしたが

基本的には差し・追い込み馬が有利なレース

という事を抑えておくと良いですね。

 




 

マイル経験は大きなアドバンテージ!要スタミナのレース

次に新潟2歳ステークスの前走距離別成績を見てみます。

前走で新潟2歳ステークスと同じ距離であるマイル戦を使った馬が
複勝率30%超え、複勝回収率100%超えと
優秀な成績を残しています。

先ほども話した通り、新潟2歳ステークスはスタミナが必要な舞台なので

「マイル戦を経験した馬はアドバンテージがあります」

 

また、スタミナを要するレースであるという点から

牝馬が苦戦しているレースである

というデータも出ています。

 

以下は新潟2歳ステークスにおける牝馬の成績です。

4勝を挙げており、馬券には絡んでいますが

“複勝率、複勝回収率共に牡馬に大きく劣っています”

 

牝馬が牡馬よりも勝っているものは

「スピード」と「瞬発力」

なので、この2つが通用しづらい舞台である
新潟2歳ステークスでは牝馬が苦戦していることも特徴的ですね。

 



 

「溜め」が必要な末脚勝負はサンデー系種牡馬の出番

次に新潟2歳ステークスの種牡馬別成績を見てみましょう。

1位ダイワメジャー、2位ディープインパクト、3位フジキセキ

と、スピードのあるサンデーサイレンス系種牡馬が活躍しています。

4位にはキングカメハメハ、5位にはグラスワンダーが入っていますが
複勝回収率を見てみると、それぞれ28%、37%と低迷しています。

長い直線を乗り切る為には、道中で力を抜いて走る事
すなわち「溜め」が必要になります。

その為を持っている馬がサンデーサイレンス系の馬達です。

 

いくらスタミナがあっても、
最初から飛ばして、そのまま押しきるのは至難の業なので

「溜め」の利くサンデー系種牡馬の方が強いレースとなります。

 

最後になりますが、参考までに
新潟2歳ステークスにおける枠順別成績を見てみます。

枠順毎の有利不利はないので、
ここについては気にする必要はなさそうですね。

 




 

以上が2018新潟2歳ステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

新潟2歳ステークスは直線の長い新潟競馬場の外回りで行われるレース

長い直線を乗り切るだけのスタミナが必要になります。

それゆえ、新馬戦をスピードで押しきってきたような
逃げ・先行馬は苦戦しており、差し馬が台頭するレースになっています。

マイル経験があった方がプラスですが
牝馬には苦戦しているというデータも出ているので

新潟の長い直線で勝負出来る馬を買いたいですね。

 

 

私が新潟2歳ステークスで注目しているのは、
新潟の長い直線を見事にこなしてくれるであろう、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ