【キーンランドカップ2018】過去10年のデータ分析|牝馬が圧倒的に強いレース!

Pocket

2018キーンランドカップを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
キーンランドカップで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はキーンランドカップが行われますね。

私は短距離レースよりも中・長距離レースの方が得意なのですが
キーンランドカップは毎年相性の良いレースになっています。

 

昨年は馬券こそ当たりませんでしたが
エポワス、ソルヴェイグ、ナックビーナスは上位評価をしていた馬ですし

2015年のウキヨノカゼ
2014年のローブティサージュ、レッドオーヴァルなど

上位評価をした馬が上位に来ています。

函館スプリントステークスも同様なのですが
洋芝の短距離戦は相性が良いようです。

なぜ、相性がいいのかというと

“データがはっきりしているから”

だと思うんですよね。

 

分かりやすく適性を問うレースになっているからこそ

「適性で予想する私と相性が良い」

という事だと思います。

ここはより一層、気合いが入りますね。

 




 

という事でキーンランドカップのデータについて話していきたいと思います。


(2017キーンランドカップ エポワス)

夏の時期のローカルG3戦とあって
GIの主役級の馬は出走しないレースなので

今年も大きな実力差が見られないメンバー構成。
それだけに予想が難しく、難解なレースになります。

 

そんなキーンランドカップでいい予想をすべく
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年のキーンランドカップは

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

キーンランドカップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

キーンランドカップを勝てる前提で出走しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料でキーンランドカップ勝負馬の情報を教えます。

キーンランドカップの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

キーンランドカップ過去10年のデータ分析

逃げ・先行馬が圧倒的に強いレース!

まず、最初に注目したのはキーンランドカップの脚質です。
以下は過去10年のキーンランドカップにおける4コーナーでの順位別成績です。

逃げ馬(4コーナーで先頭だった馬)は6頭いて5頭が馬券に絡み
4コーナーで3番手以内にいた馬の複勝率も50%を超えるなど

“逃げ・先行馬が有利なレース”

という事を示しています。

 

キーンランドカップが行われる札幌競馬場は小回りの平坦コースなので
逃げ・先行馬が有利なのは当然といえば、当然なのですが

予想した以上に前が止まらない
という結果になっている点は見逃せないですね。

 

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

と、上がり3ハロンの脚が1位、2位の馬は回収率こそ良好ですが、
好走率としてはそれほど良い成績を残せていません。

 

直線の短いコースだと

「直線で伸びても届かない」

というパターンは往々にしてあるので

「末脚の破壊力よりもスタートしてからの先行力」

が重要だと言えますね。

 




 

夏は牝馬!牝馬を除いては考えられないレース

次にキーンランドカップの牝馬の成績を見てみます。

全体の平均複勝率が28%なのに対して

牝馬の複勝率が 36.4%

全体の平均複勝回収率が83%なのに対して

牝馬の複勝回収率が 117%

と平均値よりも高い好成績を収めています。

 

夏競馬の格言として

「夏は牝馬!」

という言葉がありますが

・牡馬が調子を落とす夏場のレース

・牝馬のスピードが活きるスプリント戦

という要素が、牝馬優勢の状況を作り出していると言えますね。

 

 

ただし、牝馬でも小柄なスピード馬では通用しません。

以下はキーンランドカップにおける馬体重別成績です。

馬体重が480kg未満の馬は480kg以上の馬に比べて
馬券に絡む確率が約半分と苦戦を強いられています。

牝馬のスピードが活きるスプリント戦とはいえ

キーンランドカップは開催も進んだ状態の洋芝で行われるレース

最低限のパワーがない馬は通用しません。

牝馬の馬体重にも注目したいですね。

 



 

短距離戦でも外枠が有利

次にキーンランドカップの枠順別成績を見てみましょう。

極端な傾向はないものの

”全体的に外枠が有利”

となっています。

小回りコースは距離ロスの少ない内枠が有利な事が多いですが
キーンランドカップでは開催が進み、馬場が悪化する事で
外を回った方が馬場の良いところを通れる

という状態になっていることから

内枠で脚を溜めるよりも、揉まれること無く、馬場の良いところを通れる
外枠の方が好成績を生んでいる事が分かります。

「小回りだから内枠有利」

と考える必要はなく、枠順の有利不利は
それほど気にする必要がないレースです。

 

最後に前走の着順別成績を見て見ましょう。

成績を見てみると

「5着以下の馬の回収率が良い」

点が目立ちます。

キーンランドカップは夏場の暑い時期に行われるレースなので

“疲労は少ない方が良い”

という点も頭に入れておきたい要素ですね。

 




 

以上が2018キーンランドカップを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

キーンランドカップは平坦の小倉競馬場で行われるレースなので

逃げ・先行馬が有利なレースです

夏場に行われるスプリント戦という事で
牝馬が強いレースではありますが、洋芝で行われるので

スピードだけで無く、最低限のパワーも必要です。
枠順の有利不利はそれほど大きくない

ので、適性と脚質を見ながら予想をしていきたいですね。

 

 

私がキーンランドカップで注目しているのは、
札幌の洋芝がフィットするであろうあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ