【朝日杯フューチュリティステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【朝日杯フューチュリティステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは朝日杯フューチュリティステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

朝日杯フューチュリティステークスは2歳王者を決めるGIレースです。


(写真は2017朝日杯フューチュリティステークス ダノンプレミアム)

朝日杯フューチュリティステークスは2歳チャンピオンを決めるレースです。

以前は中山芝1600mというトリッキーなコースで行われていたので
実力馬が出走せずに寂しいメンツになる事が多かったのですが
阪神芝1600m戦となってからレベルがグンと上がりました。

昨年の朝日杯フューチュリティステークスでは
1番人気のダノンプレミアムが圧勝

ステルヴィオ、タワーオブロンドンと強い馬達が出走してきたので
2018年も好メンバーが揃う事が予想されます。

そんな朝日杯フューチュリティステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

グランアレグリア 1.7倍(阪神JFと両にらみ)
アドマイヤマーズ 5.3倍
ファンタジスト 武豊 7.1倍
ケイデンスコール 9.2倍
アスターペガサス 福永 12.4倍
アンブロークン 14.6倍(ホープフルステークスと両にらみ)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

怪物クラスの呼び声高い グランアレグリア

前走のサウジアラビアロイヤルカップでは馬体重を18kg増やして
スタートで出遅れましたが、道中で先行集団に取り入り
直線では他の馬を全く相手にせず圧勝したグランアレグリア

出遅れも含めて悪条件が揃ってしまったグランアレグリアですが
終わってみれば、強さだけが目立つ内容となりました。

阪神ジュベナイルフィリーズと両にらみで
どちらに出走するかは分かりませんが
出走してくれば1番人気になる事は間違いありません。

無敗でGIへ突き進む アドマイヤマーズ

デビューから安定した走りで連勝を重ねてきたアドマイヤマーズ

先行してから押し切る安定した脚質
ミルコデムーロ騎手の騎乗

と、大崩れしない魅力を持っている馬です。

ダイワメジャー産駒なので、GIで通用するスケールがあるかどうかは未知数ですが
ここで勝利を収めれば、クラシックの主役として来年を迎えられます。

3戦3勝の ファンタジスト

前走の京王杯2歳ステークスではハナ差で勝利を飾り
3戦全勝とパーフェクトな成績を見せているファンタジスト

決して派手さはありませんが、立ち回りが上手く
レースセンスに長けているファンタジストにとって
朝日杯フューチュリティステークスでも無様な競馬を見せる事がなさそうです。

函館2歳ステークス勝ち馬の アスターペガサス

函館2歳ステークスでは後方から物凄い脚で追い込んできたアスターペガサス

勝ち経験が函館1200mしかない点は不安要素ですが
函館2歳ステークスで見せた末脚は出走メンバーの中では抜けていました。

外国産馬という事で広いコースでの競馬は微妙ですが
まだ底を見せておらず、未知の魅力を持っている馬です。

新潟2歳ステークス勝ち馬の ケイデンスコール

新潟2歳ステークスを1番人気で勝ちきったケイデンスコール

新馬戦こそ素質馬アドマイヤマーズに敗れましたが
その後はしっかりとした末脚で連勝

父はロードカナロアですが、母父はハーツクライという事で
成長力と距離への対応が期待できる馬です。

今回の朝日杯フューチュリティステークスでは
未知の強豪との戦いとなりますが
ここをクリアすれば、来年のトライアルが見えてきます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ朝日杯フューチュリティステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック