【2018クラスターカップ無料予想】本命ブライトライン、ここは穴狙いで勝負!

Pocket

2018年8月15日(水)に盛岡競馬場で行われる
クラスターカップの出走予定馬を見ながら
予想(人気馬の評価)と馬券の買い目について話していきたいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はお盆休みという事でお休みの人が多いと思いますが

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

お盆でも自宅で引きこもっているMOTOです。

 

毎年、お盆になると帰省ラッシュで
高速道路が何十kmも渋滞している

というニュースを聞きますが

“この時期だけは出かけたくない”

と、思ってしまいますね。

 

会社の休日などで、そこしか身動きが取れないという人は
たくさんいるんでしょうから仕方がない部分もあると思うんですけどね~

渋滞にはまってしまうとせっかくの休みも負担になってしまうので
出来るだけ負担のかからない時に行動したいところですよね。

仕方がないと思っていたも考え方ひとつで解決できる事って結構ありますから!

 

という事で、世間的に夏場は完全に忘れ去られている競馬界

オルフェーヴルやロードカナロア産駒が華々しくデビューを飾った
昨年と比較して地味な産駒が多い今年の2歳戦

2018競馬界10大ニュースの1位が
「福永祐一騎手の日本ダービー制覇」ってショボ!!

とか、思っていても

「やっぱり、競馬は楽しい!!」

 

中央競馬が盛り上がらないのであれば
地方交流重賞に手を出して無理やり盛り上がってしまおう!

という事で、今週は15日の水曜日は盛岡競馬場で

「クラスターカップ」が行われます。

 


(2017クラスターカップ ブルドッグボス)

 

過去の勝ち馬をみても、それほどレベルの高くないメンツですよね。

今年は登録があったマテラスカイが出走すれば

“マテラスカイで断然”

というようなレースになったと言えますが、残念ながら出走回避

予想のし甲斐がある、メンバーが揃いましたよね。

 

で、地方競馬の予想を載せる際に毎回言っているような気がしますが

メンバーをみてみると例年通り

「中央勢がかなり強力かなぁ」

という感じで地方馬は厳しそうなレースです。




 

ダートでまだ底を見せていない ディオスコリダー

芝で重賞勝ちの経験がある ネロ

この2頭が人気になりそうですが

JRA勢が中心となると馬券を絞って買わないと元が取れない
(もしくは利益が出せない)という事態になってしまうので
多少リスクをとりながら2018クラスターカップ
の予想をしていきたいと思います。

また危険な人気馬についても話していきます。

 

< 予想の前に私が発行しているメルマガのお知らせです >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

2017年の地方交流重賞の予想成績は回収率125%

勝つことだけに拘ってガムシャラに競馬予想をしている結果を載せているので
一度、登録して回収率アップの為の方法論を堪能してみて下さい。

 

 

クラスターカップ予想

 

さて、話を戻しまして、まずは枠順を見て頂きましょう。

 

今年は14頭立ての競馬

 

そして、中央勢と比較すると手薄な地方勢ということで
印は例年通りJRAの馬から打つ形になりそうですね。

ただ、人気が予想されるのはディオスコリダー、ネロあたりですが
有力馬何頭かの競馬になりそうですね。

印は以下の通りです。

◎ 12 ブライトライン

○ 10 ディオスコリダー

▲ 4 オウケンビリーヴ

△ 9 ネロ

切り馬 7 コパノマイケル

 

各馬の見解は以下の通りです。




 

本命 12 ブライトライン

現時点で9歳と高齢で常識的に考えると厳しい年齢ですが
休みながらレースを使っているので消耗は大きくありません。

2走前のプロキオンステークスでは3着
4走前の東京スプリントでは2着

と、間隔はあいているものの近走成績は悪くなく
前走1年ぶりの競馬を惨敗した事で舐められるようであれば
妙味のある存在だとみて本命とします。
(人気が集まるようだと対抗と本命を替えます)

 

対抗 10 ディオスコリダー

昨年はドバイ遠征を行い、2戦して共に惨敗しましたが
帰国後の成績は重賞カペラステークス勝ちを含む
【3.0.2.0】というパーフェクトな成績

複数の競馬場で勝ち鞍を挙げているように適性面もあり
真っ当に考えれば「この馬かな」というような馬です。

ただ、今回は8か月ぶりの競馬
人気次第ではありますが、取りこぼす可能性があると考えて
ディオスコリダーは対抗評価としました。
(もし、2番人気になるようなら単勝でもいいと思っています)

 

▲ 4 オウケンビリーヴ

昨年はレースを使われる度に状態を上げていき
オープン入りを果たした上がり馬です。

ただ、前走のスパーキングレディーは
リエノテソーロ、ラビットランといった気分屋に挟まれての2着
オウケンビリーヴの力がどの位置になるのか読みづらいですね。

今回人気を集める事を考えると
本命ではなく、相手として印を置いた方が期待値が高いと判断して
3番手評価に留めました。

 

△ 9 ネロ

芝馬のイメージが強いネロですが
2走前の東京スプリントでは3着に入っており適性がある面を見せました。

ただ、前走のさきたま杯では見せ場なく8着に敗れているように
好走と凡走の落差が激しい馬で
それほどアテには出来ないと感じています。

走った時の事を考えての抑えという感じですね。

 

切り馬 7 コパノマイケル

黒船賞、北海道スプリントカップと地方交流重賞で
惨敗が続いているコパノマイケル

地方競馬の深いダートに対応出来ておらず
スピードで押し切るタイプなだけに
今回も舞台としては厳しいかなとみて切りました。

今回のクラスターカップでは唯一馬券から外したJRAの馬です。

 

馬券の方ですが、JRA勢としては人気薄の馬を本命にしたのでシンプルに馬連・馬単で

馬単 12→4,9,10 各200円

馬連 12-4,9,10 各200円

と3点勝負とします。

馬単だと配当はそこそこつくと思うので、
そこで回収率(期待値)を上げます。

 

地方勢ですが、実績を見る限り
中央勢に対抗できうるインパクトを見せた馬がいなかったので
全体的に厳しいと判断します。

ブライトラインが連対圏に食い込むかどうか?

的中の行方を左右されそうなのはその1点ですね。

2018クラスターカップは
8月15日(水)に出走を予定しています。

 

 

私が毎週のJRA重賞で注目している馬はブログランキングで公表しています。
今週は札幌記念、面白いレースになりますよ!

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

女性を口説くのは天性の才能が必要なのではなく
技術を身につければ、付き合う事が出来るようになる!!

意中の女性になかなか話しかけられない。

そんな事で困っている人は是非
この無料メールマガジンで女性を口説くノウハウを手に入れてください。

女性を口説く方法を知るならここをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR