【北九州記念2018】過去10年のデータ分析|格よりも勢いが優先されるレース!

Pocket

2018北九州記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
北九州記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は北九州記念が行われますね。

同じ週に札幌記念が行われるとあって
非常に目立たない存在の重賞ですが

個人的にもとても苦手なレースです。

 

昨年はダイアナへイローが勝ちましたが

2着には13番人気のナリタスターワン
3着には15番人気のラインスピリット

と、大波乱の結果になりました。

こういった結果になってしまうと
なかなか的中が難しいところではありますが

スプリント戦は得意ではないので
まずは馬連や3連複でしっかりと当てたいなと思っています。

 

ちなみに過去の北九州記念で最も印象に残っているのは

2014年のリトルゲルダが勝った北九州記念ですね。

このレースは人気馬が総崩れして
内目の枠の馬で決まったレースだったんですが

1着のリトルゲルダや2着のメイショウイザヨイはもちろん
3着に入った単勝200倍のカイシュウコロンボも買っていたのに
馬券を外してしまったんですよね~

軸馬から流すかボックスを組むかで悩んでいたんですが
見事に裏目った形でした。

 

3連単で390万円オーバー、3連複でも70万オーバーと
スーパー大万馬券になっただけではなく

ワイドでも3万円を超える馬券になっていたので
それはまあ悔しい結果でした。

 




 

という事で2014年のリベンジを果たすべく北九州記念の話しにいきましょう。


(2017北九州記念 ダイアナヘイロー)

毎年、Giを狙うには微妙なメンツが揃う北九州記念

今年も大きな実力差が見られないメンバー構成。
それだけに予想が難しく、難解なレースになります。

 

そんな北九州記念でいい予想をすべく
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年の北九州記念は

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

北九州記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

北九州記念は人気の関西馬と人気薄の関西馬で決まる!

チェックメイトでは北九州記念において

「ここは通過点」と超強気な姿勢を見せている関西馬と
穴を開けるという評判馬の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
北九州記念で抜けている関西馬2頭の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

北九州記念過去10年のデータ分析

逃げ馬は不振でも先行馬が有利なレース!

まず、最初に注目したのは北九州記念の脚質です。
以下は過去10年の北九州記念における4コーナーでの順位別成績です。

逃げ馬こそ1頭も馬券に絡んでいませんが
複勝率、複勝回収率の観点から数字を見てみると

“先行馬が有利”

だと言えます。

 

北九州記念が行われる小倉競馬場は小回りの平坦コースなので
先行馬が有利なのは当然といえば、当然なのですが

小回りのレースという事で
ある程度前に圧力が掛かっている点は見逃せないですね。

 

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

と、上がりの脚が速い馬はそれほど台頭していない事が分かります。

“もともと競馬は前に行った馬の方が有利”

 

という法則はありますが、直線の短いコースだと

「直線で伸びても届かない」

というパターンは往々にしてあるので

「末脚の破壊力よりもスタートしてからの先行力」

が重要だと言えますね。

 




 

格よりも勢い!夏競馬の鉄則を地でいくレース

次に北九州記念の前走クラス別成績を見てみます。

前走オープンクラスのレースを走っていた馬よりも
前走で条件戦を走っていた馬の方が

「倍近い数値の差をつけて、圧倒的に有利である」

と言えます。

 

夏競馬の格言として

「格よりも勢い」

という言葉がありますが
この言葉を地でいくような成績分布になっているのが特徴的です。

 

また、北九州記念におけるレース間隔別の成績を見てみると

3週(中2週)の間隔で出走してきた馬が
“圧倒的に強い”という傾向が出ています。

その馬が持っている絶対的な能力の高さが問題になるのではなく

今現状でどこまで調子が良いのか?

どれだけ動ける体勢にあるのか?

という事が焦点になるレースです。

あまり実績には拘らず予想をしていきたいですね。

 



 

レースの中心は4歳馬!若さと勢いが大切なレース

次に北九州記念の年齢別成績を見てみましょう。

複勝率、複勝回収率ともに4歳馬が圧倒しています。

回収率の面を踏まえると3歳馬も上々の成績を残しており

「若い馬が強いレース」

だと言えます。

若い馬が強いという事はタフさが求められていない
スピード勝負、能力勝負になっている事を示していますが

平坦の小倉で行われている北九州記念は

1200mを一気に押し切る勢いが必要なレースだと言えますね。




 

以上が2018北九州記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

北九州記念は平坦の小倉競馬場で行われるレースなので

原則としては先行した馬が有利です

ただ、最も重要なのは平坦コースのスプリント戦を
一気に駆け抜けるスピードです。

それゆえに根本的な能力が高い馬よりも
現時点で調子の良い馬、勢いのある馬が好走するレースである。

という事を覚えておきたいですね。

 

 

私が北九州記念で注目しているのは、
実績は足りないものの勢いを感じる、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ