【エルムステークス2018予想】ミツバが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018エルムステークスに出走を予定している
ミツバが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週はレパードステークスが行われました。

期待値の低い人気馬コーナーでは
「ビッグスモーキー」を取り上げたのですが
3着と走られてしまいましたね。

 

 

レースの内容を見てみるとビッグスモーキーが頑張ったというよりも
「他の有力馬が自滅した」という感じでした。

スタート直後に挟まれて、その後前が詰まってしまった
アドマイヤビクターは仕方がないにしても
2枠に入ったアルクトスやイダペガサスが力を発揮できなかったので
自然とビッグスモーキーが繰り上がった形になりましたね。

 

今回のレパードステークスで力を証明したとは言えない
レースぶりだったので、ビッグスモーキーについてはもっと様子をみたいと思います。

この3着で次走人気になるようであれば
もう一度外して勝負をかけたいですね。

競馬は未来永劫続きますから、次でリベンジです。

 

という事で、エルムステークスの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エルムステークス、関係者内で1強と言われているのはあの馬!!

今年のエルムステークスは混戦が噂されているレースですが
関係者の話を聞くと1強状態だと専らの評判

「勝ちKEIBA」では1強と評判になっている馬

の情報を公開しています。

勝利を確信する馬はどの馬なのかは
今週「勝ちKEIBA」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

勝ちKEIBAへの無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はエルムステークスが行われます。


(写真は2017エルムステークス ロンドンタウン)

小回りの札幌競馬場で行われるレースという事で

“圧倒的に逃げ・先行馬が有利なレース”

です。

 

昨年も果敢に逃げるドリームキラリを巡って
テイエムジンソクと内からロスなく運んだロンドンタウンが
襲い掛かる展開になり

逃げ・先行馬で上位を独占しています。

今年のエルムステークスでは昨年の3着馬ドリームキラリや
まだまだ底が見えていないハイランドピーク

などが出走を予定しており、大荒れは期待できないレースになりそうです。

荒れる事が期待できないだけに相手を絞って馬券を買いたいところですね。

という事で、私が関屋記念で最も馬券を買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018エルムステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ミツバ

です。

 

 

ミツバはカネヒキリ産駒で重賞の常連と言えるほど
安定した成績を誇っている実力馬です。

前走のマーキュリーカップでは横綱相撲と言える内容で
ヨシオを下して勝利を飾っていますし

2走前の平安ステークスでは4着、3走前のアンタレスステークス2着と
G3レベルならいつでも勝ち負けできるレベルにある馬です。

 

そんな、ミツバがなぜ2018エルムステークスで
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

エルムステークスのコース分析

エルムステークス 2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

エルムステークス2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

ミツバの不安要素

典型的なステイヤー、エルムステークスの距離は明らかに合わない?

ミツバはずっと長い距離のレースを使ってきましたが
今回のエルムステークスは1700mで行われるレースです。

 

ミツバが1700m以下のレースを最後に使ったのは
約3年前となる2015年9月の釧路湿原特別(3着)まで
さかのぼらないといけません。

それ以降はずっと1800m以上のレースを使っているように
スタミナに優れるミツバはもっと長い距離の方が持ち味を活かせます。

印象論だけだと分かりづらいので、データで見てみると

全成績 【10.6.5.17】

1700m以下 【2.3.4.5】

1800m以上 【8.3.1.12】

ぱっと見はそれほど変わりません。

 

むしろ1700m以下の方が安定感があるように感じられますが

ミツバが1700m以下のレースを使ったのは
1000万条件以下しかなく

1800m以上のレースを使ったのが
重賞を含む準オープンクラス以上のレースである事を考えれば

明らかに1800m以上で強さを見せていると言えます。

 

今回のエルムステークスは久しぶりの1700m戦

約3年もの長い間、短い距離でのレースを使っていなかったミツバにとって
難しいレースになる事は間違いありません。

ミツバの能力を100%出すのは難しそうです。



 

エルムステークスの展開とミツバの脚質は合わない?

エルムステークス好走している馬の脚質を見ると

「逃げ」「先行馬」が圧倒的に強いです。

 

以下は過去10年におけるエルムステークスの4コーナーでの順位別成績となります。

競馬とは思えないくらいに「逃げ」「先行」が強い

という極端なデータが出てきます。

4コーナーで5番手以下にいた時点でもう終わりという事ですね。

 

ミツバの過去の成績を見てみると

差し・追い込みからの「捲り」で勝負をしている事が分かります。

 

ミツバの近走の4コーナーでの順位を見てみると

前走 マーキュリーカップ 2番手(6番手からの捲り)

2走前 平安ステークス 2番手(11番手からの捲り)

3走前 アンタレスステークス 1番手(8番手からの捲り)

4走前 名古屋大賞典 2番手(5番手からの捲り)

5走前 東京大賞典 4番手(捲れず)

6走前 チャンピオンズカップ 11番手(捲れず)

と、3コーナー手前から捲っていき
「直線では先行に並ぶ」という戦法を確立しています。

 

4コーナーで先頭集団にいないと勝負にならない
エルムステークスにおいてミツバが同じ戦法を取れるのか?

という点が問題になってきますが

・久しぶりの1700m戦

・札幌競馬場という小回りコースだという点

を考えると4コーナーで先頭につけられる可能性は低いと言えます。

 

ミツバが捲れなかったときの成績を見てみると

チャンピオンズカップ 6着

シリウスステークス 8着

2017アンタレスステークス 11着

と、脆い部分を見せています。

 

札幌ダート1700mという設定で行われるエルムステークスは

“脚質的にミツバには合わない舞台”

だと言えます。

「崩れる条件が揃っている舞台」だと言えますね。

 

 

以上、2つの理由から

2018エルムステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ミツバ

だと結論づける事が出来ます。

 




 

まとめ

近走は捲り戦法が安定しており、G3レベルでは常に勝ち負けするほど
充実した成績を残しているミツバですが

今回は久々の1700m戦

という事で、速いペースの中で競馬をする形になります。

また、逃げ・先行馬が絶対的に有利なエルムステークスにおいて

ミツバが捲れるかどうかは極めて懐疑的

で、ミツバの持ち味を活かせないレースになる可能性が高いと言えます。

ミツバを馬券収支に活かすなら

“買うのではなく切る”

これが得策だと言えますね。

2018エルムステークスではミツバを切って勝負したいですね。

 

 

2018エルムステークスで私が注目している馬は
ミツバとは対照的に脚質、コース適性共に向くであろうあの馬です。

あの馬はチェックしておいた方がいいですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ