【関屋記念2018予想】ワントゥワンが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018関屋記念に出走を予定している
ワントゥワンが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は小倉記念が行われました。

期待値の低い人気馬コーナーでは
「マイネルサージュ」を取り上げたのですが
10着と凡走しまいましたね。

 

 

まあ、予想通りに全く走らなかった訳ですが
7番人気という低評価だとちょっと威張れないですね。

小倉記念ははっきりと切れる馬がいなかったんですよね~

 

私自身、本命トリオンフ、対抗サトノクロニクルという
人気馬を上位に取っていましたし

結果的に最下位に沈んだストロングタイタンあたりも
走ってもおかしくない状況にはあったので
理論的に切りと判断できたのはマイネルサージュだったんですよね。

まあ、1番人気でもこれはバッサリいったる!

というレースもいれば、

「うわぁ~、こりゃ全部切れないわぁ~」

というレースもあるので

このあたりは「切れる」と思った馬を切っていきたいと思います。
(出来れば人気馬を切りたいですけどね)

 

という事で、関屋記念の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

関屋記念は人気の関西馬と人気薄の関西馬で決まる!

チェックメイトでは関屋記念において

「ここは通過点」と超強気な姿勢を見せている関西馬と
穴を開けるという評判馬の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
関屋記念で抜けている関西馬2頭の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は関屋記念が行われます。


(写真は2017関屋記念 マルターズアポジー)

直線が長い新潟競馬場の外回りレースという事で
差し馬をピックアップしたくなりますが

“基本的には逃げ・先行馬が有利なレース”

ですが

 

昨年は逃げたマルターズアポジーがそのまま勝利して
2着には番手で競馬をしたウインガニオン
3着にも好位で競馬をしたダノンリバティと

逃げ・先行馬で上位を独占しています。

今年の関屋記念では昨年の2着馬ウインガニオンや
長期休み明けからの叩き2走目となるチェッキーノ

あたりが有力馬として数えられそうなレースですが

私が関屋記念で最も馬券を買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018関屋記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ワントゥワン

です。

 

 

ワントゥワンはディープインパクト産駒らしく
切れ味鋭い末脚が武器の馬で
前走の中京記念では5着と重賞でも通用する力を見せています。

前走の中京記念はデムーロ騎手が騎乗したとはいえ
3番人気に推されたワントゥワンは
関屋記念ある程度、人気になることが予想されます。

 

そんな、ワントゥワンがなぜ2018関屋記念で
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

関屋記念のコース分析

関屋記念 2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

関屋記念2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

ワントゥワンの不安要素

ベストの距離は1400m、明らかに合わない距離適性

ワントゥワンはマイル戦である前走の中京記念でも5着にはいり
それなりの競馬を見せていますが

1400mに最も適性のある馬です。

 

これは走りの内容を見ても明らかなのですが
分かりやすくデータでも示してみます。

1400m 【3.2.0.2】

1600m 【2.3.2.7】

近3走の1600m戦は重賞れーである事を差し引いても

明らかに適性は1400mにあります。

 

1400mに適性のあるワントゥワンが
なぜ、1600mのレースに出てくるのかというと

“重賞レースのプログラムに1400mがないから”です。

ワントゥワンの陣営もおそらくマイルへの適性は薄いと
分かっているのかもしれませんが、

ワントゥワンはそれを承知でマイル戦に出走しています。

 

重賞レベルに入っても頭一つ能力が抜けている馬なら話は別ですが
ワントゥワンの場合はそこまでの能力を見せられていないので

好走する確率はかなり低くなっている

といえます。




 

展開、そして能力適性が関屋記念とは合わない?

関屋記念で好走している馬の脚質を見ると

「逃げ」「先行馬」が圧倒的に強いです。

 

以下は過去10年における関屋記念の4コーナーでの順位別成績となります。

こちらの側面からも「逃げ」「先行」が強い事が分かります。

 

ワントゥワンの過去の成績を見てみると

ほとんどが追い込みで勝負をしている事が分かります。

前残り傾向のあるレースにたいして
追い込み一手のワントゥワンはいかにも不利である事が分かります。

 

また、関屋記念は新潟競馬場の長い直線を
ずっとトップスピードで走り切る

“持久力”

が必要なレースです。

この特性からスタミナの馬は直線でどんどん脱落していく訳ですが

ワントゥワンという馬の能力バランスを見てみると

「直線での瞬発力勝負に賭けるスピードタイプの馬」

である事が分かります。

 

ワントゥワンに限らず、牝馬はスピードと瞬発力に優れた馬が多い訳ですが
関屋記念における過去10年の牝馬の成績を見てみると

と、平均を大きく下回る成績に終わっています。

 

これは関屋記念が

牝馬が苦手としている「スタミナ勝負」になっているという事の証明で

瞬発力に優れるワントゥワンにとって
厳しい舞台でのレースになっている

という事が分かります。

 

関屋記念はワントゥワンにとって

脚質及び能力適性が向いていない舞台

だという事が言えますね。

 

 

以上、2つの理由から

2018関屋記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ワントゥワン

だと結論づける事が出来ます。

 




 

まとめ

ワントゥワンは前走の中京記念で5着と好走しているように
重賞でも走れる能力を秘めた馬ではありますが

1600mは本質的に向いていない点

脚質が関屋記念に向いていない点

能力(武器)が関屋記念に向いていない点

など、関屋記念で走れる材料は極めて乏しく

関屋記念で苦戦する可能性が高い馬だと言えます。

ワントゥワンを馬券収支に活かすなら

“買うのではなく切る”

これが得策だと言えますね。

2018関屋記念ではワントゥワンを切って勝負したいですね。

 

 

2018関屋記念で私が注目している馬は
ワントゥワンとは対照的にコース適性を活かせそうなあの馬です。

あの馬はチェックしておいた方がいいですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ