小倉記念2018枠順確定、有利な枠に入った馬と展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018小倉記念の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた小倉記念での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

この前、久しぶりに「グラップラー刃牙」を見返してみましたが
全体を通して見てみるとストーリーが統一されてなくて
かなりめちゃくちゃですよね~

まるで菊花賞の後に

「もう一回日本ダービーやりましょうよ!」

「そこで2度目のサラブレッドの頂点を決めましょうよ!」

と、言っちゃうくらいその場の盛り上がりを
重視した感じの組み立てになっていました。

まあ、そのめちゃくちゃぶりが面白さでもあるので
いい意味での「めちゃくちゃさ」なんですけど

 

最初から最後までびっちりとストーリーを作っていく
漫画だけが面白いんじゃないんだなぁ

 

と、実感した今日この頃です。

 

 

という事で、小倉記念枠順確定後の話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

小倉記念、ここに来て遂に才能を開花させたのはあの馬!

競馬セブンでは馬体をスケールアップさせて
小倉記念に出走する有力馬情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして小倉記念3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

小倉記念3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まず小倉記念(小倉芝2000m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・サンデーサイレンス系のスピード馬が強い

・逃げ、先行馬が強い

という特徴があります。

また、天気の方ですが、小倉競馬場付近の
週末の天気は晴れ続きの予報となっていますので
良馬場でのレースになりそうですね。

 

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

 

1枠1番 キョウヘイ

前走の垂水ステークスでは重賞勝ち馬の貫禄を見せて
見事に勝利を飾ったキョウヘイ

今回は最内枠に入りましたが、
勝負根性のあるタイプでイン差しも馬群も大丈夫なので
枠順としては問題がありません。

ただ、キョウヘイが好走するのは重馬場・不良馬場の時ばかり
良馬場が想定される小倉記念では馬場適性が課題となりそうです。

 

2枠2番 レイホーロマンス

愛知杯、中山牝馬ステークスで実績があるレイホーロマンス

ここ3走は停滞気味ですが
その能力は牡馬に交じっても見劣りません。

大外をグルリと回す戦法がレイホーロマンスの形なので
本来であればもう少し外の枠でも良かったと言えますが
馬体が小さく、体力に不安があるので
内でじっくりと脚を貯められる2番枠はそれほど悪くありません。

 

3枠3番 ストーンウェア

福島民報杯3着、メイステークス2着とオープンクラスでも
堅実な成績を残しているストーンウェア

近走は後方からの追い込みという形で
成績を残しているので、小倉記念においても同様の戦法で攻めてきそうです。

枠順はもう少し自由に競馬をするのであれば
外目の枠に入った方が良さそうですが
蛯名騎手がじっと脚を貯められればチャンスはあります。




 

4枠4番 ストロングタイタン

鳴尾記念勝ち馬のストロングタイタンは4番枠に入りました。

鳴尾記念では少頭数の競馬でイン差しというパターンで勝ったので
同じような競馬を再現できる小倉記念の4番枠は
ストロングタイタンにとってプラス要素ですね。

 

5枠6番 マイネルサージュ

七夕賞2着のマイネルサージュは真ん中の6番枠

追い込み脚質の馬なので、距離ロスを抑えて
自由に外に出せる6番枠はプラスです。

マイネルサージュについては福島競馬場で良績が集まっているので
小倉競馬場で行われる小倉記念でどこまでのパフォーマンスを見せるか?

という点がポイントになりそうですね。

 

6枠7番 マウントゴールド

前走準オープンを勝ったマウントゴールド

JRAへ転厩してから常に安定した走りを見せていますが
血統面や前走のレースを見る限りでは
内で脚を溜めて直線抜け出す競馬があっているので
内枠を引きたかったですね。




 

7枠10番 サトノクロニクル

阪神大賞典2着のサトノクロニクルは外目の10番枠

エンジンのかかりが遅い馬ですが
馬群を縫って差してくる形があっているタイプなので
内目の枠で先行策をとる形が理想でした。

ただ、3000m走るスタミナはありますので
そこまで悲観する必要はないでしょう。

一気の距離短縮が唯一の心配材料ですね。

 

8枠11番 トリオンフ

前走の鳴尾記念では2着となったトリオンフ

大阪杯で見せたように体力を活かして
3コーナー過ぎから押し上げて、直線は押しきる
という形がトリオンフの得意パターンなので
8枠11番という枠順は走りやすい条件だと言えますね。

 

8枠12番 サンマルティン

前走の都大路ステークスでは久しぶりの競馬にも関わらず
鮮やかな追い込みを決めたサンマルティンは大外枠に入りました。

昨年の小倉記念でも2着に入っている実力馬で
トリオンフと同様に捲っての粘り込みを得意とする馬なので
大外枠は歓迎するべき要素だと言えますね。

 



展開予想のポイント

展開のポイントは

”サンデー系の産駒が少ない”

という点です。

小倉記念は例年スピード比べのようなレースになりますが
今年は体力で勝負するタイプの馬が揃いました。

なので、インでじっと脚を溜めるような馬が
穴をあける可能性がありそうですね。

 

まとめ

2018小倉記念で良い条件の枠をゲットしたのは

8枠11番 トリオンフ

8枠12番 サンマルティン

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

例年、逃げ・先行馬が強い小倉記念ですが
今年は捲りそうな馬が多いので、面白いレースになりそうですね

 

私が2018小倉記念で注目している馬は
今回絶好枠を引き当ててくれて勝負気配が上がっているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ