【関屋記念2018】過去10年のデータ分析|逃げ・先行馬が有利な舞台!

Pocket

2018関屋記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
関屋記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は関屋記念が行われますね。

昨年の関屋記念は自信満々に馬券を買ったんですが
残念ながら、外してしまいました。

本命にしたのは ダノンリバティー

脚質も合っているし、コース適性もあるし、
2走前に好走して、前走で良い感じに5着と負けていてローテーションも完璧!

もう鉄板中の鉄板でしょ!

と、思って馬券を買いました。

 

対抗には ヤングマンパワー

こちらは昨年(2016年)の関屋記念の勝ち馬だし
前走安田記念の大敗で人気が落ちて、めっちゃ美味しい!!

という事で、この2頭を中心に馬券を購入!

 

結果の方は、

1着 マルターズアポジー

2着 ウインガニオン

3着 ダノンリバティ

4着 ヤングマンパワー

と何とも微妙な結果に…

マルターズアポジーは前走の七夕賞で露骨に潰された後だったので
穴馬として買っていましたが、痛恨のウインガニオン無印…

 

敢えなく、散ってしまった関屋記念なのでした。




 

という事で昨年のリベンジを果たすべく関屋記念の話しにいきましょう。


(2017関屋記念 マルターズアポジー)

関屋記念は新潟競馬場外回りで行われるマイル重賞で
長い直線を通ってのレースとなるので

“単純な能力勝負”

で予想をしてしまいがちです。

 

ただ、それだけの材料だと期待値の低い
普通の予想しか出来ないので
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年の関屋記念は

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

関屋記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

関屋記念を勝てる前提で出走しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料で関屋記念勝負馬の情報を教えます。

関屋記念の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

関屋記念過去10年のデータ分析

長い直線は関係なし!差しは届かず前残りの競馬に…

まず、最初に注目したのは関屋記念の脚質です。
以下は過去10年の関屋記念における4コーナーでの順位別成績です。

データをパッと見ただけで分かるとおり

“逃げ・先行馬が圧倒的に有利です”

 

「新潟競馬場は直線が長く差しが届く舞台」

という印象がありますが、関屋記念に限らずデータを見てみると
差し・追い込み馬が案外届いていません。

 

新潟競馬場の外回りコースは

・直線が長い為、ペースが落ち着く点

・直線が平坦であるため前が止まらない点

このあたりの要因から前が止まらないレースになっているんですよね。

 

新潟競馬場の長い直線を考えすぎず

“逃げ・先行馬有利”

という前提で予想を開始していきたいですね。

 




 

平坦で摩擦の少ないコースは非力な種牡馬で攻める!

次に関屋記念の種牡馬別成績を見てみます。

 

1位 アグネスタキオン

2位 タニノギムレット

3位 ディープインパクト

と、パワーに欠ける種牡馬がラインナップされています。

 

先ほども話した通り、新潟競馬場は

”ペースが落ち着きやすく、スピードを活かしやすい”

コースになっているので、
激しい競馬を苦手としている種牡馬が
ここぞとばかりに活躍をしています。

 

6位 ダンスインザダーク

あたりも平坦巧者の種牡馬ですよね。

血統面で見るだけで無く、

実際のレースで混戦に弱いタイプであるとか
パワーに欠けるタイプの馬を選んでいくと
思わぬ大駆けをみせてくれそうです。

 



 

自由に走れる外枠の馬が有利

次に関屋記念の枠順別成績を見てみましょう。

7枠、8枠と圧倒的に外枠が有利である点が目立ちます。

新潟競馬場は広いコースなので
内枠から距離ロス無くコーナーを回るメリットがほとんどありません。

そのため、内枠で馬群に揉まれて自由に動けない点や
コーナーを曲がったときに減速してしまう点などの

内枠のデメリットだけが顕在化してしまう形になっており
「外枠有利」という結果に繋がっています。

能力を100%出せる外枠に入った馬は
評価を一枚上乗せしたいですね。

 




 

タフな舞台は牝馬には向かず!「夏は牝馬」が通用しないレース

次に関屋記念の牝馬の成績を見てみましょう。

 

「夏は牝馬」

という格言がありますが、

その格言が全く通用していません。

 

夏競馬で牝馬が強いのは

「夏場に牝馬が調子を上げるから」
(牡馬が夏の暑さに弱いから、という説もあります)

ですが、牝馬が強いレースは総じて

“牝馬の持っているスピードを活かせる舞台”

であると言えます。

 

関屋記念の舞台は新潟芝1600m外回り

逃げ・先行馬が長い直線でトップスピードを保ち続ける

という事が必要になるレースです。

 

つまり、求められるのは“スタミナ”と“持久力”となり

牝馬のスピードを活かしづらい舞台なので

「関屋記念において牝馬が苦戦をしている」

という事が出来ます。

関屋記念ではスタミナと持久力に優れる牡馬をチョイスしたいですね。

 




 

以上が2018関屋記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

関屋記念は新潟競馬場の芝外回りコースで行われる重賞で
逃げ・先行馬が有利なレースとなっています。

また、広々としたコースでペースが落ち着きやすい事から

“精神的に脆い混戦に弱いタイプの馬が活躍する”

という傾向を見せるレースになっています。

一方で長い直線を乗り切るだけのスタミナ、持続力が必要なので
牝馬が苦戦している点も見逃せない要素ですね。

 

 

私が関屋記念で注目しているのは、
新潟外回りで本領を発揮するであろう、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ