【ブリーダーズゴールドカップ2018出走予定馬分析】クイーンマンボが格の違いを見せるか!?

Pocket

ここではブリーダーズゴールドカップ2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるクイーンマンボの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

ブラック企業って嫌ですよね~

私がいま勤めている会社はブラック度が低く
限りなくホワイトに近い会社なので
ブラック企業で働く人のような苦労は味わっていませんが
昔はブラック企業にいたので大変でした。

 

本当、嫌になりますよね~

京成杯→共同通信杯→弥生賞→スプリングステークス→皐月賞→青葉賞→日本ダービー

みたいなローテーションを平気で組みますからね、
ブラック企業の経営サイドの奴らは!!

 

もっとひどいところは

京成杯の前に シンザン記念
共同通信杯の前に きさらぎ賞
青葉賞の後に プリンシパルステークス

みたいなローテーションを組んできますよ。

マイ○○軍団もびっくりのローテーションです。

 

 

これを回避するには自分でローテーションを
組めるようになるしかないと思うんですよね~

だって、ブラック企業の奴らにいくら訴えたって通じないですもん!

 

悔しいけれど奴らを変えられないなら自分を変えるしかない!

“企業に頼らず、自分で稼ぐ力をつける”

これしかありません。

 

自分で稼げるようになってブラック経営者を見返してやりましょう!!

と言うことで、ブリーダーズゴールドカップの話にいきます。




 

8月16日(木)には

ブリーダーズゴールドカップが行われます。

 


(2017ブリーダーズゴールドカップ マイティティー)

ブリーダーズゴールドカップは門別競馬場で行われる
ダート2000mの地方交流重賞(G3)レースです。

 

門別競馬場と言う事はいわゆる私達が地方競馬といっている
南関東競馬(南関競馬)のレースでは無く

“北海道競馬”

のレースなんですよね。

 

南関東競馬でないという事は地方競馬の中でも
もう一枚レベルが下がってしまう

という事で、例年JRA所属馬の独壇場です。

 

つまり、JRA所属馬の序列さえうまくつけられれば馬券は当たる

という感じなので、ブリーダーズゴールドカップで良い予想をすべく、
出走を予定しているJRA所属馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

< 予想の前に私が発行しているメルマガのお知らせです >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

2017年の地方交流重賞の予想成績は回収率125%

勝つことだけに拘ってガムシャラに競馬予想をしている結果を載せているので
一度、登録して回収率アップの為の方法論を堪能してみて下さい。

 

 

ブリーダーズゴールドカップの有力馬の危険要因と買い要素

 

クイーンマンボ ルメール

クイーンマンボは昨年の2着馬で地方交流重賞の雄と言える馬です。

前走は久しぶりに中央の重賞である平安ステークスに出走しましたが
このレースでも2着と好走して健在振りをアピールしました。

距離が延びる点、中央から地方場所に変わる点など
全てにおいてプラス要素が揃っており
今回のブリーダーズゴールドカップではさすがに切る材料がない馬だと言えます。

 

ハービンマオ 松岡

前走の関東オークスでは人気薄の立場ながら大金星を挙げたハービンマオ

関東オークスに出走するまでは5戦して1勝
馬券圏内に絡んだのはわずか1回のみ

と、思ったような走りが出来ていませんでしたが
関東オークスで激勝したという事は
地方競馬場の重い馬場が鬼レベルで得意

という可能性があります。

今回のブリーダーズゴールドカップは常識的に考えれば苦しい
と判断せざるを得ませんが、成長度に賭けたいですね。

 

フォンターナリーリ モレイラ

中央場所の条件戦で着実に力をつけてきたフォンターナリーリ

オープンクラスでの実績が無い点は他馬にも劣りますが
目下、8連続で馬券に絡む安定感を見せています。

今回のフォンターナリーリにはモレイラ騎手が騎乗

父クロフネに母父エリシオといったパワータイプの血統で
地方場所の重いダートにも対応が出来そうなので
ブリーダーズゴールドカップでは不安よりも期待が大きい馬だと言えます。




 

プリンシアコメータ 未定

前走の平安ステークスでは11着と大敗してプリンシアコメータ

毎回堅実に走るタイプではないので、前走のような大敗をする馬ですが
エンプレス杯で1番人気2着と成績を残しているように
確かな地力を持った馬です。

東京ダート2100mを得意としていたように
距離が延長となる点はプラス要素なので
気持ちが前向きであれば十分に巻き返しが出来る馬です。

 

ラビットラン デムーロ

前走のスパーキングレディでは3着に入り
ダート戦でも走れる事を証明したラビットラン

昨年のローズステークスではリスグラシュー以下を完封したように
持っている能力はGIにも手が届くレベルの馬ですが
秋華賞以降はスランプが続いている状態です。

父タピットという血統からはダートの方が向いているとも言えますし
ブリーダーズゴールドカップでも戦える実力はありますが
本調子には戻っていないという印象は否めません。




 

まとめ

今年のブリーダーズゴールドカップは
クイーンマンボを中心としたレースとなります。

2番手以下は大混戦

安定感のある フォンターナリーリ か
成長力のある ハービンマオ か
爆発力のある プリンシアコメータ か
実績ナンバーワンの ラビットラン か

2番手選びのレースになりそうです。

しっかりと相手を絞って予想していきましょう。

 

 

今週のJRA重賞で私が注目している馬は
以下をクリックすると無料で見られますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

女性を口説くのは天性の才能が必要なのではなく
技術を身につければ、付き合う事が出来るようになる!!

意中の女性になかなか話しかけられない。

そんな事で困っている人は是非
この無料メールマガジンで女性を口説くノウハウを手に入れてください。

女性を口説く方法を知るならここをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR