【レパードステークス2018予想】ビッグスモーキーが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018レパードステークスに出走を予定している
ビッグスモーキーが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週はクイーンステークスが行われました。

期待値の低い人気馬コーナーでは
「ソウルスターリング」を取り上げたのですが
ここは3着に走られてしまいましたね。

 

 

枠順を挙げる前に危険馬として取り上げたのですが
クイーンステークスでの枠順はソウルスターリングとってベストな枠に入ったので

「もしかしたら、走られてしまうかなぁ?」

と思ったんですが、馬券圏内に入ってしまいましたね。

 

ただ、ソウルスターリングとしては最高の競馬を見せたにも関わらず
ディアドラだけでなく、フロンテアクイーンにも交わされての3着は

“馬券圏内に入ったとは言え物足りない内容”

という事も言えますよね~

 

 

オークスを勝った時は

「ジェンティルドンナを超えるかも!?」

と、思っただけにちょっと残念な結果だなぁと思っています。

阪神ジュベナイルフィリーズのような
“隙の無い競馬”を見たいですね~

 

という事で、レパードステークスの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

レパードステークスを勝つのはあの馬以外に考えられない!!
厩舎関係者の中ではレパードステークスは1強レース!

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースはレパードステークスと小倉記念

競馬学会ではレパードステークスの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はレパードステークスが行われます。


(写真は2017レパードステークス ローズプリンスダム)

ダートの3歳重賞はレパードステークスとユニコーンステークスしかないので

“基本的には実力通りに収まるレース”

ですが

 

昨年はローズプリンスダム、サルサディオーネの組み合わせて
馬単で2500倍という超絶万馬券が出たレースになりました。

今年のレパードステークスの登録数は22頭

ジャパンダートダービーを使ってきた
グレートタイムやドンフォルティスなどの人気馬は
切るに切れない感じの臨戦である事を考えると

有力馬を切って、少しでも買い目を減らしていくことが
重要なレースとなってきます。

そこで、私がレパードステークスで最も馬券を買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018レパードステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ビッグスモーキー

です。

 

 

ビッグスモーキーは2歳時に未勝利、もちの木賞と連勝した馬です。

そして、3歳時には地方交流重賞である
兵庫チャンピオンシップで2着に入り
オープンクラスでも通用する力を見せた実力馬です。

前走の安達太良ステークスでは敗れはしましたが
古馬に交じっての1600万条件での5着は
3歳オープンクラスとしては上々の成績だといえ
レパードステークスでもある程度、人気になることが予想されます。

 

そんな、ビッグスモーキーがなぜ2018レパードステークスで
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

レパードステークスのコース分析

レパードステークス 2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

レパードステークス2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

ビッグスモーキーの不安要素

3歳オープンクラスでの実績不足、地力に疑問??

ビッグスモーキーは兵庫チャンピオンシップで2着に入っていますが
この2着は相手に恵まれたようなメンバー構成でした。

 

3着のキャベンディッシュは
2走前の伏竜ステークスで7着(5番人気)

しかも、兵庫チャンピオンシップはミルコデムーロ騎手が乗って
プラスアルファの力が働いていた事を考えると強い馬だとは言えません。

4着のワークアンドラブは
2走前の鳳雛ステークスで8着(8番人気)

4走前の伏竜ステークスでは5着(7番人気)と
期待されていないだけでなく、結果も残せていません。

5着のメイショウヒサカタは3走前の昇竜ステークスを勝っていますが
10番人気で出走したレースで激走した形

相手も弱く、前走の関東オークスで8着(4番人気)に負けている事から
それほど能力の高くない馬である事が分かります。

 

そして、ビッグスモーキーに勝ったテーオーエナジーは
前走のジャパンダートダービーで5着(5番人気)に敗れています。

しかも、ビッグスモーキーはテーオーエナジーに5馬身の差をつけられて
負けている事を考えるとビッグスモーキーの地力は極めて疑わしいものとなります。

昨年暮れに行われた全日本2歳優駿でも5着(5番人気)に負けているように
世代の中でも、それほど高い能力を持っていない事が分かります。

 

今回はルヴァンスレーヴこそ出てきませんが

グレートタイムやドンフォルティスといった

トップクラスの能力を持った馬が出走してくるので
単純に力負けしてしまう可能性は高いと言えます。




 

レパードステークスの舞台である新潟ダートは合わない?

ビッグスモーキーは520kgを超える大型馬で

「パワー」をウリとした馬です。

 

一般的にダート馬は馬体が大きく
パワーに優れた馬が強いのですが

レパードステークスはパワーよりもスピードが優先されるレースです。

 

以下はレパードステークスにおける馬体重別成績となります。

通常であれば、好成績を収めている500kg以上の大型馬ですが

「レパードステークスでは成績を残せていません」

 

 

もう一つデータを掘り下げてみます。

以下はレパードステークスにおける上がり3ハロンの順位別成績です。

上がり3ハロンのタイムが6位以下の馬は馬券に絡んでいません。

 

ダートレースの場合は前に行って
そのまま粘り込むというパターンが必勝パターンとなっていますが

“レパードステークスでは末脚の速い馬が強い”

というデータが出ています。

 

ビッグスモーキーの上がり3ハロンの成績を見てみると

安達太良ステークス 6位タイ

兵庫チャンピオンシップ 2位

全日本2歳優駿 6位

 

と、有力馬が絞られる地方交流重賞でも
速い上がりを使えていません。

レパードステークスが行われる新潟のダートは合わないと言えます。

 

 

以上、2つの理由から

2018レパードステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ビッグスモーキー

だと結論づける事が出来ます。

 




 

まとめ

兵庫チャンピオンシップ2着と実績のあるビッグスモーキーですが

過去のパフォーマンスや対戦相手から
その地力は疑わしく、強いと断言できる材料はありません。

また、大型馬でパワー勝負を得意とするビッグスモーキーにとって
スピードが優先されるレパードステークスは舞台が合わず
持っている力をフルに発揮できる可能性は低いと言えます。

ビッグスモーキーを馬券収支に活かすなら

“買うのではなく切る”

これが得策だと言えますね。

2018レパードステークスでは
ビッグスモーキーを切って勝負したいですね。

 

 

2018レパードステークスで私が注目している馬は
ビッグスモーキーとは対照的にコース適性を活かせそうなあの馬です。

あの馬はチェックしておいた方がいいですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。