クイーンステークス2018枠順確定、有利な枠に入った馬と展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018クイーンステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたクイーンステークスでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

この前、フジテレビ系列で放送していた歌番組をみました。

目的はDAPUMPの「U.S.A」だったんですが
たまにああいった歌番組を見ると面白いですね~

 

私が一番感動したのが森高千里です。

ピンクレディーの歌とか歌ってたんですが
(今の若い人は知らないんだろうなぁ)

絶妙な丈のミニスカートを履いていたんですよね~

若い頃の森高千里はパンツが見えるんじゃ無いかというくらいの
ミニスカートを履いて自慢の脚を出していたわけですが

この前見た森高千里はそれよりも少し丈を下げて
ミニスカート感を出しながら、大人の感じも出していて
その調和が素晴らしいなぁと思っちゃったんですよね。

 

あんまり短すぎるとイタイ感じになってきちゃうし
あんまり長くしちゃうと森高千里の味がなくなっちゃうし

と、なかなか難しい選択だったと思うんですが
完璧なバランスで出てきたので感動してしまいました。

バランス感覚って大事ですね~

 

 

という事で、クイーンステークス枠順確定後の話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

大物馬主関係者が大金を投じるのはあの馬!

「トップシークレット」では“クイーンステークス”において
大物馬主関係者が馬券を投じる激熱の馬を無料で公表

また【クイーンステークス・馬連1点勝負】も予定しており
今回限り特別無料配信が決定!

クイーンステークスの馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まずクイーンステークス(札幌芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・開幕週だけど差し馬も互角に走る

・スタミナ・パワー系の種牡馬が強い

という特徴があります。

また、天気の方ですが、日曜日こそ曇りのち雨ですが
金曜日・土曜日は晴れ予報なので
良馬場でのレースになりそうですね。

 

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

 

2枠2番 ソウルスターリング

悩めるGI2勝馬のソウルスターリングは
2枠2番という絶好枠を引き当てました。

もともとソウルスターリングは立ち回りの上手さと
持ち前の機動力・スピード能力で活躍してきた馬ですが
今回の2番枠は枠順にメリットをフルに活かせそうな好枠だと言えます。

 

3枠3番 トーセンビクトリー

昨年のクイーンステークスで2着に入ったトーセンビクトリーは
3枠3番と内枠に入りましたが、これも良いですね。

ソウルスターリングと同様に内枠で距離ロス無く立ち回り
直線で抜け出してくる競馬が合うタイプの馬なので
今回の3番枠は競馬をしやすい枠順にはいったと言えます。

あとは前走の大敗を引きずっていないかどうか?
というところですね。

 

4枠4番 ツヅミモン

3歳馬ツヅミモンは4枠4番に入りました。

開幕週のクイーンステークスとしては好枠だと言えますが
馬体が大きくパワーで勝負するタイプのツヅミモンにとっては
もう少し外の枠でパワー勝負を仕掛けたかったところですね。

 

5枠5番 フロンテアクイーン

重賞で連続2着に入っているフロンテアクイーンは
5枠5番と真ん中の枠にはいりました。

スタミナ・スピード・パワーとバランスの良いタイプの馬で
イン差しも外を回ってのスタミナ勝負も出来る
フロンテアクイーンにとっては枠順はそれほど関係ないと言えます。

ずっと好走が続いているので、
そろそろ疲労が出てきそうな点だけは不安材料ですね。

 

6枠6番 リバティハイツ

フィリーズレビュー勝ちのあるリバティハイツは
6枠6番と真ん中の枠にはいりました。

フィリーズレビューを勝った時は
道中も直線でも真ん中を通ってきた馬なので
今回の枠順は競馬がしやすそうです。

桜花賞6着の実績、今年の3歳馬のレベルを測るのに
リバティハイツはちょうどいい存在ですね。

 

7枠8番 アンドリエッテ

前走、マーメイドステークスで重賞初勝利を挙げた
アンドリエッテは7枠8番という外目の枠を引きました。

前走はイン差しで勝利をしましたが
今回の枠順だと外を回す競馬になりそうです。

前走が展開に恵まれたことを考えると
今回のクイーンステークスでは同じだけのパフォーマンスは
見せづらい条件になったと言えますね。

 

7枠9番 ディアドラ

秋華賞勝ち馬のディアドラは7枠9番と外目の枠にはいりました。

昨年の紫苑ステークスでは外を豪快に追い込んできたように
能力の高さでなんとかする可能性はありますが
本質的には秋華賞で見せたようなイン差しで持ち味が発揮される馬です。

ただ今回のクイーンステークスに関しては
ディアドラは自分との戦いになりそうですね。

自分の力さえ発揮できれば楽勝できるくらいの力は持っています。

 

8枠11番 エテルナミノル

前走の函館記念では3着と復調気配を見せた
エテルナミノルは大外枠にはいりました。

エテルナミノルのキャラクターとしては
スタミナとパワーを活かして先行するタイプの馬なので
外枠はプラスだと言えます。

あとは開幕週の札幌競馬場にどこまで適性があるか
という点が焦点となりそうですね。

 



展開予想のポイント

展開のポイントは

”少頭数で行われるレースだ”

という事です。

少頭数の特徴は落ち着いたペースになりやすい反面
差し馬も前の馬に標準を定めやすいので

“差しも届きやすいレースになる”

という事ですね。

今回、差し馬が外枠に入ったので
予想のファクターに「展開」を入れて
バイアスをかけていった方が期待値の高い馬券が買えそうです。

 

まとめ

2018中京記念で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 ソウルスターリング

3枠3番 トーセンビクトリー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

例年、差し・追い込み馬が活躍するクイーンステークスですが
今年は展開が読みづらいメンバーですね。

 

私が2018クイーンステークスで注目している馬は
前走の勢いを持続してくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ