【ジャパンカップ2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【ジャパンカップ2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではジャパンカップ2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

ジャパンカップは日本の競馬を代表するGIレースです。


(写真は2017ジャパンカップ シュヴァルグラン)

ジャパンカップは日本で最高賞金となっている格式の高いレースです。

ジャパンカップが開催された当初は毎年強い外国馬に遊ばれてしまい
敗北が続いていましたが、サンデーサイレンスの血が入り始めた頃から
日本馬のレベルが急激に上がっていき、外国馬と互角以上に戦えるようになりました。

いまや外国馬は「勝ち目なし」と判断して
日本馬だけで行うレースになってしまいました。

今年も日本を代表する強豪馬が出走を予定しています。

そんなジャパンカップにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

アーモンドアイ ルメール 1.6倍
サトノダイヤモンド モレイラ 5.0倍
キセキ 8.6倍
スワーヴリチャード Mデムーロ 10.2倍
ミッキーロケット 戸崎 14.3倍
マカヒキ 武豊 15.0倍
シュヴァルグラン Cデムーロ 15.1倍
サトノクラウン 未定 16.9倍(Cデムーロ乗り替わり)
ミッキースワロー 横山典弘 24.4倍
サンダリングブルー 33.0倍
サウンズオブアース 36.8倍
ノーブルマーズ 48.4倍
ウインテンダネス 内田 51.7倍
カプリ 64.3倍
ガンコ 蛯名 79.6倍

ハッピーグリン 服部茂 124倍
レイデオロ(出走回避:有馬記念へ出走)
サルウィン(英国)(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >


 

< 主な出走馬 >

ここを勝って最強を証明したい スワーヴリチャード

今年の大阪杯では悲願のGI制覇を成し遂げたスワーヴリチャード

春シーズンは金鯱賞1着、安田記念3着とほぼパーフェクトな成績を残しており
いま最も現役最強馬に近い存在だと言えます。

同じ舞台では日本ダービー2着の実績もあるように東京コースは大得意としており、
今回のジャパンカップでスワーヴリチャードの力は十二分に発揮されるはずです。

ジャパンカップを勝って現役最強を証明したい1戦です。

ディフェンディングチャンピオン シュヴァルグラン

昨年のジャパンカップではキタサンブラック、レイデオロといった
現役最強クラスの馬を打ち負かしてGI馬となったシュヴァルグラン

東京芝2400mという舞台はシュヴァルグランにとって
ベストな舞台ですし、今年の天皇賞春のレース振りを見ても力は衰えておらず
今年のジャパンカップでも昨年同様のパフォーマンスが期待できそうです。

復活を目指す サトノダイヤモンド

今年の春シーズンは大阪杯、宝塚記念と2回GIレースに出走しましたが
共に結果を残せなかったサトノダイヤモンド

昨年春の天皇賞春で激戦を演じて
その後、疲労が残る状態でフランス遠征した代償がまだ残っている形ですが
そろそろ疲労が回復してもおかしくない時期です。

一昨年の菊花賞、有馬記念と同様のパフォーマンスが見せられれば
能力はナンバーワンと言える存在なので、復活が待たれます。

宝塚記念を勝った ミッキーロケット

今年の宝塚記念でGI制覇を果たしたミッキーロケット

3歳時から能力の片鱗を見せていた馬ですが
昨年はずっとスランプ状態で惨敗を繰り返していただけに
宝塚記念での激走はミッキーロケットの復活を印象づけました。

ジャパンカップの舞台である東京芝2400mでの適性は
あまり感じない馬ですが、ミッキーロケットが絶頂期に入っていれば
ここでも好走する可能性は十分にあります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだジャパンカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。