【有馬記念2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【有馬記念2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは有馬記念2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

有馬記念はJRAの一年を締めくくるビッグレースです。


(写真は2017有馬記念 キタサンブラック)

日本で一番馬券が売れるレースが有馬記念
日本で一番有名なレースが有馬記念
日本で一番ドラマチックな結果になるのが有馬記念

と、有馬記念には数々のドラマがあります。

オルフェーヴル、キタサンブラック、ジェンティルドンナが有終の美を飾り、
ブエナビスタ、ゴールドシップ、ルーラーシップらが涙を飲みました。

今年も有馬記念を最後に現役を引退する馬
有馬記念で悲願のGI制覇を狙う馬

などが続々と出走してきます。

今年の有馬記念ではどんなドラマが展開されるのでしょうか?

そんな有馬記念にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

レイデオロ ルメール 2.2倍
キセキ 川田 5.3倍
オジュウチョウサン 武豊 7.1倍
パフォーマプロミス Cデムーロ 10.1倍
ブラストワンピース 10.7倍
マカヒキ 岩田 11.9倍
モズカッチャン Mデムーロ 12.0倍
サトノダイヤモンド アブドゥラ 13.2倍
シュヴァルグラン ボウマン 13.9倍
ミッキーロケット マーフィー 14.8倍
ミッキースワロー 18.5倍
クリンチャー 27.9倍(武豊から鞍上変更予定)
リッジマン 39.5倍
サクラアンプルール 51.6倍
サウンズオブアース 藤岡佑介 75.1倍
スマートレイアー 145倍
プラチナムバレット 173倍
ハッピーグリン 戸崎 217倍
ベイビーステップ 481倍
フィエールマン(出走回避)
エポカドーロ(出走回避)
スワーヴリチャード(出走回避)
ガンコ(出走回避)
グレイル(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

有馬記念参戦を決めた レイデオロ

天皇賞秋を快勝したレイデオロ

今年の秋はオールカマー、天皇賞秋と共に素晴らしい競馬で
復調をアピールしているレイデオロですが
ジャパンカップを回避して、有馬記念へ矛先を向ける事に決定しました。

この決断により鞍上にルメールを確保したレイデオロ陣営
秋競馬3連勝を目指して主役として登場してくるレイデオロに
死角は見当たりません。

有馬記念で引退となる シュヴァルグラン

有馬記念を最後に現役引退が決まっているシュヴァルグラン

小回りが利くタイプではなく、有馬記念の舞台である中山芝2500mへの
適性は薄いシュヴァルグランですが、昨年の有馬記念では3着と好走。

ジャパンカップで激走した後での好走と言う事で
シュヴァルグランの底力の高さと苦手ながらもコースへ順応した
対応力が目立ったレースとなりました。

今回の有馬記念で最終戦となるだけに有終の美を飾ろうと
出走してくる事は容易に想像できるので
シュヴァルグランのラストランに注目が集まりますね。

一昨年の勝ち馬 サトノダイヤモンド

2016年の有馬記念ではキタサンブラックを最後に交わし
見事にグランプリホースに輝いたサトノダイヤモンド

今年は輝きを失った走りが続いていますが
栄光を掴んだ場所でサトノダイヤモンドが
再び輝きを取り戻す可能性は十分にあります。

2018グランプリ制圧を狙う ミッキーロケット

今年の宝塚記念を勝利したミッキーロケット

過去にはドリームジャーニーが宝塚記念と有馬記念を同一年制覇したように
有馬記念と宝塚記念の舞台適性はリンクしているので
ミッキーロケットが宝塚記念に続いて有馬記念で見せ場を作る可能性は十分にあります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ有馬記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。