【レパードステークス2018】過去10年のデータ分析|究極のスピード勝負!!

Pocket

2018レパードステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
レパードステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はレパードステークスが行われますが
私はレパードステークスを結構苦手にしています。

ただ、昨年は惜しかったんですよね~

 

昨年のレパードステークスを見てみると

1着 ローズプリンスダム(11番人気)

2着 サルサディオーネ(12番人気)

3着 エピカリス(1番人気)

という波乱の決着になったんですが

ローズプリンスダムを穴馬としてあげていたんですよ。

だけれども、11番人気で単勝66倍というオッズにビビって
本命に指名することが出来ず…

何よりも悔しいのは2着のサルサディオーネも
「展開がハマれば」と相手に入れていたことです。

 

馬連で953倍、馬単で2518倍

 

というスーパービッグな万馬券を逃してしまい
凹みに凹んだレパードステークスでした。

 

ちなみに本命にしていたのは

3番人気のテンザワールド(7着)でした。

 



 

という事で昨年のリベンジを果たすべくレパードステークスの話しにいきましょう。


(2017レパードステークス ローズプリンスダム)

レパードステークスは新潟競馬場で行われる数少ないダート重賞なので
どんな馬が好成績を収めているのか検討がつかず

“単純な能力勝負”

で予想をしてしまいがちです。

 

ただ、それだけの材料だと期待値の低い
普通の予想しか出来ないので
しっかりとデータを取って、活躍する馬の傾向を見てみたいと思います。

今年のレパードステークスは

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

レパードステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

レパードステークスは最近出来た重賞なので
10年のスパンでデータを取りましたが
実際に活かされているデータは過去6年分となります。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

レパードステークスを完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースはレパードステークスと小倉記念

FUN競馬ではレパードステークスの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

レパードステークス過去10年(過去6年)のデータ分析

先行馬の有利は動かず!新潟競馬場でも差しは届かず

まず、最初に注目したのはレパードステークスの脚質です。
以下は過去10年のレパードステークスにおける4コーナーでの順位別成績です。

データをパッと見ただけで分かるとおり

“逃げ・先行馬が圧倒的に有利です”

 

「新潟競馬場は直線が長く差しが届く舞台」

という印象がありますが、それは芝の外回りコースに限った話です。

 

上記を見ても分かるとおり
ダートコースは芝の内回りコースに併走する形で作られており

直線は353.9m

と決して長いとは言えません。

 

新潟競馬場は芝コースでも内回りの場合は
先行馬有利となっているので

“当然、ダートコースも先行馬が有利”

となります。

 

“レパードステークスは前に行く馬が有利”

という鉄則を覚えておきましょう!

 




 

究極のスピード勝負となるダート戦!!

次にレパードステークスの上がり3ハロン順位成績を見てみます。

先ほどの脚質面では「明らかに先行馬が有利」
というデータが出ていましたが

上がり3ハロン6位以下の馬が一度も馬券に絡んでいません。

 

このデータが意味するところは

先行した馬が速い上がりを使って
そのまま押しきっている

という事を差します。

 

 

ちなみに馬体重別の成績を見てみると

と、500kg以上の重量級の馬が苦戦をしています。

“ダートは馬体の重い馬の成績が良い”

というのは競馬界の常識として知られており

フェブラリーステークスやチャンピオンズカップなどを見ても
ほとんどの馬が500kgを超える大型馬です。

 

しかし、レパードステークスに限っては逆転現象が起こっています。

馬体の軽い馬が強いという事は

“スピードのある馬が強い”

という事が出来ます。

スピードのある馬がスタートダッシュを決めて
直線でも止まらずにそのままのスピードで駆け抜ける

という形がレパードステークスのベースになります。

 



 

実力馬には逆えず!JDD組は馬券から切れない!

最後にレパードステークスの前走レース名別成績を見てみましょう。

前走でジャパンダートダービーを走った馬が
複勝率50%を超えるハイアベレージを残しています。

過去6年で11頭出走して6頭が馬券に絡んでいる訳ですから

毎年1頭は馬券に絡んでいる

と言えます。

 

ジャパンダートダービーに出走する馬は
世代でもナンバーワンを争う馬達なので

これらの馬には逆らってはいけない

という事が分かりますね。

 

最後に、過去10年のレパードステークスにおける枠順別成績を見てみましょう。

3~5枠が好成績を残しており
真ん中やや内目くらいの馬が強い

という傾向が出ています。

 

通常ダートレースでは「外枠有利」が定石となっていますが

スピードが極端に優位なレパードステークスにおいては
距離ロスのある外枠だと不利を被っている事が分かります。

通常のダートレースとは切り離して考えた方が良いですね。

 




 

以上が2018レパードステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

レパードステークスは新潟競馬場のダートコースで行われる重賞で
先行馬が有利なレースとなっています。

先行馬がただ有利では無く

“先行した馬が速い上がりの脚を使って逃げ切る”

というダートレースとしては特異な傾向を見せているので
「大型馬が有利」「外枠が有利」という通常のダートレースで見られる
傾向からは切り離して予想をした方がいいですね。

 

 

私がレパードステークスで注目しているのは、
新潟のダートコースが合っているであろう、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。