【中京記念2018予想】グレーターロンドンが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018中京記念に出走を予定している
グレーターロンドンが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は函館記念が行われました。

期待値の低い人気馬コーナーでは
「ナイトオブナイツ」を取り上げたのですが
これは久しぶりに確信の切りでしたね。

函館記念は巴賞好走馬が成績を残せていない

というのは鉄則中の鉄則なんですよね~

 

何と言っても中2週というローテがダメです。

そこをマイナス体重で勝って、
しかも函館記念では不利な外枠

と信じられないくらいマイナス要素が揃っていましたからね~

競馬予想でも自信の本命と自信のない本命があるように
切り馬にも自信の切り馬と自信のない切り馬があって

今回のナイトオブナイツは自信の切り馬だったので
渾身のレースとなりました。

 

 

で、今週は中京記念でも切り馬を公表するのですが
こちらは「うーん、どうだろう?」という感じです。

もちろん実際の馬券としても1円も買う予定はないので
今週も楽しんで貰えたらと思います。

 

という事で、中京記念の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

中京記念を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースは中京記念

FUN競馬では中京記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は中京記念が行われます。


(写真は2017中京記念 ウインガニオン)

タフなコースで知られる中京競馬場で行われる
マイルの重賞レースとあって

“能力よりも適性面がものを言うレース”

で、馬券的にはなかなか難しいレースとなっています。

 

なかなか一癖あるメンバーでのレースとなりそうで
普通に予想をすると切れない馬ばかりになってしまいそうで
有力馬を切って馬券を絞ることが重要なレースとなってきます。

そこで、私が中京記念で最も馬券を買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018中京記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

グレーターロンドン

です。

 

 

グレーターロンドンは近走こそ成績を出せていませんが
デビュー3戦目から破竹の5連勝を達成して
初めての重賞挑戦となる安田記念でも4着に入った実力馬です。

前走の京王杯スプリングでも後方から差してきて
上がり32.5秒と最速の末脚で4着に入っている事から
中京記念でも1番人気を争う存在になることが予想されますが

なぜグレーターロンドンが2018中京記念で
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

中京記念のコース分析

中京記念2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

中京記念2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。




 

グレーターロンドンの不安要素

安田記念の面影は既になし!ピークを超えた可能性大

グレーターロンドンは前走の京王杯スプリングカップで
最速の上がりを繰り出して4着に入っていますが
パフォーマンスとしては抜けたものはありませんでした。

 

グレーターロンドンが連勝していた頃の走りは
唸るような末脚を見せていました。

条件戦とはいえ、上がり3ハロンの末脚は
2位の馬に1秒近く差をつけており
他の馬が止まっているよな末脚を見せていましたが

現在のグレーターロンドンは

「相手なりに伸びてくる」

ような競馬しか見せていません。

京王杯スプリングは18頭立ての競馬で18番手という
極端なポジションを取ったからこそ出たタイムという感じで

2走前のダービー卿チャレンジトロフィーでは
後方からレースを進めた割には上がり3ハロンの末脚は5位タイ

とインパクトを残せていません。

グレーターロンドンの父親はディープインパクトですが

ディープインパクトは古馬になるとパフォーマンスを落とす馬が多い

という特徴があります。

 

最近のGI馬を見てみても

マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティ

あたりは古馬になって顕著に成績を落としていますし
昨年の皐月賞馬アルアインも皐月賞と並ぶパフォーマンスは見せていません。

そして、グレーターロンドンの母親であるロンドンブリッジは
2歳時にファンタジーステークスで強い勝ち方を見せて
桜花賞でも2着に入りましたが、オークスを惨敗してそのまま引退

いかにも早熟と言ったような走りっぷりで

産駒であるダイワエルシエーロは引退戦こそ勝利したものの
オークス以降の成績はGI馬としては物足りなく、早熟馬だと言えます。

 

 

グレーターロンドンはキャリアが浅く、消耗度合いが少ない
3歳時は素晴らしいパフォーマンスを見せましたが

その後の走りを見る限りでは“早熟”である可能性が高いと言えます。

連勝時のパフォーマンスを望むのは酷ですね。

 

負けても人気になる人気先行型は馬券にならない

グレーターロンドンはデビューからの
パフォーマンスが素晴らしかった事もあり

常に人気に支持されるタイプの馬です。

 

1番人気で1着という成績を除いて
グレーターロンドンの成績を見てみると

山吹賞 1番人気 → 2着

安田記念 6番人気 → 4着

毎日王冠 4番人気 → 3着

天皇賞秋 6番人気 → 9着

ディセンバーステークス 1番人気 → 3着

東京新聞杯 1番人気 → 9着

ダービー卿チャレンジトロフィー 1番人気 → 5着

京王杯スプリングカップ 3番人気 → 4着

と、連勝の勢いがあった安田記念までの成績を除くと

ことごとく期待を裏切っています。

 

 

ここまで走れないと普通はもっと人気が落ちるものですが
なんといっても連勝中の印象を引きずっている人が多いので

「凡走しても人気が落ちません」

前走G2で4着に入ったことからも
中京記念では1,2番人気を争う存在になりそうですが

これだけ期待を裏切り続けている馬を買う

という事は馬券収支的には良い事ではありません。

好走する確率が一定の割合であったとしても
馬券からは外した方が期待値は上がります。

 

 

以上、2つの理由から

2018中京記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

グレーターロンドン

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

デビューから破竹の連勝を見せてきたグレーターロンドンですが
近走の走りを見ていると、

既にピークは超えてしまっている

と、判断できます。

好走時のインパクトが強いので凡走しても人気が落ちない
グレーターロンドンを馬券収支に活かすなら

“買うのではなく切る”

これが得策だと言えますね。

2018中京記念では
グレーターロンドンを切って勝負したいですね。

 

 

2018中京記念で私が注目している馬は
グレーターロンドンとは対照的に今が充実期のあの馬です。

あの馬はチェックしておいた方がいいですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ