【中京記念2018有力馬危険度分析】ウインガニオン連覇達成なるか!?

Pocket

ここでは中京記念2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるウインガニオンの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

先週の函館記念では久々にクリーンヒットを飛ばすことが出来ました。

 

本命にしていたエアアンセムがスタートから
スッと好位のインにつけると後は流れに乗って追い出すだけ

という完璧なレースを披露してくれました。

 

向こう正面くらいでは、もうエアアンセム来るなぁ

と思うくらい完璧な位置取りで競馬をしていた姿を見ると、改めて

 

「今年の藤岡佑騎手は乗れているなぁ」

と感じます。

 

こんな事を言ってしまうと身も蓋もないのですが
去年までの藤岡佑騎手の騎乗は本当に酷い騎乗が多くて

インに突っ込める枠順に入ったのに
距離ロスを犯して外を回ってみるなど

これじゃあ、ダメだわ~

と、思うような騎乗の連続だったんですが
今年は道中の位置取りも良くなって仕掛けどころもよくなりました。

 

何があったんですかね~

藤岡佑介騎手に直接聞いてみたいくらいですが

「人間の成長は突如やってくるものなんだなぁ」

という事を改めて痛感しました。

 

一次方程式のように都合良く成長していかないんですよね~

ずっと努力をしているけど、結果が現れない。

という状態を長く続けた上で
「一気に出来るようになる」

こんな感じなんですよね。

 

私が応援している三浦皇成騎手もそんな感じなのかもしれません。

今は酷い騎乗が多くて、その才能を活かし切れていませんが
いつかどこかでブレイクスルーが起こると期待して応援しましょう。

 

 

という事で、2018中京記念の話に行きましょう。

 



 

今週は中京記念が行われます。

 


(2017中京記念 ウインガニオン)

中京競馬場と言えば

“差し馬が活躍するレース”

として知られています。

 

昨年こそは先行馬であるウインガニオンが
2番手からの押し切り勝ちを決めましたが

2着グランシルク、3着ブラックムーンは差し馬ですし
過去にはガリバルディなどの人気薄差し馬が勝っていることからも

差し有利のレースである事は間違いありません。

全体的に能力が高い馬、というよりも
中京適性のある馬を狙っていくようなレースになりそうです。

 

そんな中京記念で良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

中京記念、関係者内で1強と言われているのはあの馬!!

今年の中京記念は混戦が噂されているレースですが
関係者の話を聞くと1強状態だと専らの評判

「勝ちKEIBA」では1強と評判になっている馬

の情報を公開しています。

勝利を確信する馬はどの馬なのかは
今週「勝ちKEIBA」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

勝ちKEIBAへの無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

中京記念の有力馬の危険要因と買い要素

 

グレーターロンドン

一時期は破竹の勢いで5連勝を決めていたグレーターロンドンですが
昨年の毎日王冠以降は自慢の末脚がなりを潜めています。

東京新聞杯では先行策を試みたものの
直線でまったく反応できずに9着と敗れているように
現状では後方からの末脚勝負が合っていると言えます。

中京記念は差し馬が有利なので、ここで結果を出しておきたいところですが
連勝中の勢いはなくなっていることから
人気先行型になっている点は否めず、期待値は低そうです。

 

ウインガニオン

昨年の中京記念チャンピオンホースですが
夏競馬終了後は一気にパフォーマンスを落として
スランプ状態に陥ってしまいました。

しかし、京王杯スプリングカップは0.3秒差の7着
安田記念は0.7秒差の7着と徐々に復調してきています。

この夏は中京記念、関屋記念、京成杯オータムハンデと
サマーマイルチャンピオンを取るためのローテーションを組んでいるので
中京記念におけるウインガニオンの勝負度合いは高そうです。

 

フロンティア

NHKマイルカップでは12着と惨敗してしまったフロンティア

スケール感の大きな馬ではないので
GIだとどうしても頭打ちになってしまう馬ですが
新潟2歳ステークス1着、デイリー杯2歳ステークス4着
ファルコンステークス3着とG2以下では上位の力を見せています。

激戦に弱いタイプなので、初めての古馬との対戦が鍵となりそうですが
持っている能力だけで考えれば、中京記念のメンバーには見劣りません。

 

ブラックムーン

昨年の中京記念では1番人気に推されたブラックムーン

今年の京都金杯では自慢の末脚で他馬を置き去りにして
悲願の初重賞制覇を成し遂げました。

その後はマイラーズカップ9着、安田記念16着と冴えませんが
もともと展開に依存するタイプの馬なので
大敗は気にする必要はありません。

昨年の中京記念でも3着に入っているように
差し有利の中京コースであればブラックムーンの末脚は十分に通用しそうです。

 

ロジクライ

前走のマイラーズカップでは良いところを見せられず
7着と凡走してしまったロジクライ

2走前の六甲ステークス、3走前の節分ステークスの内容を見れば
マイラーズカップの走りがロジクライの力ではない事は明らかですが
今回は惨敗後の久しぶりの競馬、先行馬に不利な中京芝コースと
ロジクライが乗り越えなくてはいけない壁はいくつもありそうです。

 

ダイメイフジ

前走のCBC賞では1番人気に推されるも
11着と大敗を喫してしまったダイメイフジ

安土城ステークスではモズアスコットを破っているように
持っている能力は重賞でも見劣らない馬です。

今回は久しぶりのマイル戦。
スプリント戦と比べれば追走も楽になり
ダイメイフジの持ち味が発揮される可能性はありますが
CBC賞の敗戦理由が分からないだけに
中京記念でどこまで走れるかは未知数です。

 

まとめ

今年の中京記念は
末脚自慢のメンバーが揃いました。

昨年の1番人気馬ブラックムーンをはじめ

ダイメイフジ、グレーターロンドン、スマートオーディン、ワントゥワン

など、中京芝コースに合った脚質を持つ馬が出走してきます。

例年通りの差し競馬になり、上記に挙げた馬が活躍するのか?

それとも差し馬が多い中で先行馬が展開の利を活かすのか?

展開の読みがポイントになりそうですね。

私は前に行く馬を中心に取って予想を組み立てる予定です。

 

 

2018中京記念で私が注目している馬は
臨戦過程が一番良いと判断している、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ